ブレス オブ ファイア2 使命の子|カプコン|スーパーファミコン

ブレス オブ ファイア2 使命の子

スーパーファミコン > ロールプレイング
管理番号
:B000068HNB
発売日
:1994年12月02日
メーカー
カプコン
定価(税抜)
9,980
カプコンより1994年12月2日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。前作『ブレス オブ ファイア 竜の戦士』の続編にあたり、前作から約500年後の世界が舞台。プレイヤーキャラクターは一新され、登場キャラクターも種族も変わっている。前作同様、主人公として「リュウ」という名の少年、ヒロインとして「ニーナ」という少女も登場するが、それぞれ前作とは同名の別人である。
ブレス オブ ファイア2 使命の子|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
ブレス オブ ファイア2 使命の子|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
ブレス オブ ファイア2 使命の子|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
ブレス オブ ファイア2 使命の子|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるカプコン様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    生まれて初めてやったRPG

    ストーリーは暗くて重いですが、壮大でとても面白いです。
    魅力的なキャラクター達、重厚なBGM、分かりやすい戦闘システム。
    ダンジョン、イベント等は多種多様で常に新鮮さがあり、飽きること無く最後までプレー出来ました。
    緊張感のあるブレスオブファイア独特の雰囲気が最高で、このゲームをきっかけにRPGが好きになりました。
    エンカウント率は高くてやや難しさのあるRPGですが、システムや戦闘は簡単なのでオススメのRPGです。

  • ★★★★★

    名作!

    はっきりいって、このゲームはかなり難しかった!
    敵は強すぎるし、特にダンジョンに入るとエンカウントしすぎ。
    もう泣きたくなるぐらいエンカウントします。
    一部のボスは凶悪に強いし、セーブポイントも少ないのできつい。
    そしてエンディング、自力で一度やったぐらいでは、なかなかグッドエンディングにはならないと思います。
    しかし、シャーマンとの合体によるメンバーの強化、狩り、釣りやアイテムの合成、共同体の発展の仕方、レアアイテム収集や1にも出てきた隠しキャラ等、非常にやりがいのあるゲームです。
    キャラはみな魅力的だし、鍛えればはっきり言ってみんな使えます。
    特に合体は組み合わせによってはグラフィックや強さまで変わるので、かなり使えるキャラになるものもいます。
    難易度は高いですが、むずかしめのゲームが好きな方なら絶対はまります!
    やりこみ甲斐が非常にあります、ストーリーや音楽も文句なし、名作!

  • ★★★★★

    名作でしょう!

    このゲームはキャラクターも凄くいいと思います。誰を使うか悩んだ人も多いと思います。ゲーム内容に関してもいいものに仕上がっていると思います。でもかなり泣きそうになりました。前作と違ってリュウの変身が一撃の必殺みたいにになっています。難易度もかなり高め、根気がないと辛いかもしれません・・・それと敵の経験値が低いです。{それなりに強いのに}レベル上げえおせずにドンドン進むとボスで苦戦×100倍になります。エンカウントも多いです・・・・がこれらを全部ひっくるめてこの商品はオススメします!!ぜひやってみて下さい!

  • ★★★★

    良作RPG!

    スーパーファミコンとは思えないボリュームと多彩な仲間など良い点はかなり上げることが出来る良作です。
    悪い点としてエンカウントが激しいと言う点があります。
    ですが、フィールドなどは一部の仲間の特技を使う事によりエンカウントを抑えることが出来るのであまりストレスを感じないでクリアが出来たと思います。
    音楽的にはフィールドや村など落ち着いた雰囲気の曲に魅力を感じました。
    天地創造などのゲーム音楽が好きな方にはお勧めできそうな一品です。

  • ★★★★★

    感動再び

    竜の末裔が主人公の傑作RPG第二作。前作の世界観や雰囲気を継承しつつ、共同体やシャーマン合体、フォーメーションバトル等の新要素を追加し、更にパワーアップ。そして難易度も大幅にアップ…。三歩歩けば敵が出るくらいのエンカウント率の上、敵が強くて味方が弱い。微妙な特技に雀の涙のAP回復。序盤の徒歩でのおつかいイベントも悩ましい。しかし、ドラマチックな物語は前作以上の興奮と感動を味わえるだろう。本作も仲間は全員人間以外の種族なのだが、犬・猿・蛙・草(?)と、他のゲームなら完全にイロモノのメンツ。主人公も含め、生い立ちや性格故に周囲から浮いてしまっている人々である。そんなアウトローな仲間たちが集い、人の心の弱さ・愚かさにつけ込んで密やかに侵食していく圧倒的な邪悪に立ち向かうというカタルシス。コレはアツい。苛酷な運命を切り開き、今こそ立ち上がれ竜の戦士よ…!FFやドラクエほどメジャーではないが、独特の存在感を放つ異色のRPG。お手軽なソーシャルゲーム全盛の現在だからこそ再評価したい一作である。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。