• 駿河屋
  • 楽天市場
楽天市場
ドラゴンボールZ 超武闘伝2|バンダイ|スーパーファミコン

ドラゴンボールZ 超武闘伝2

スーパーファミコン > アクション
発売日
:1993年12月17日
メーカー
バンダイ
定価
9,800
バンダイより1993年12月17日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された対戦型格闘アクションゲーム。『ドラゴンボールZ 超武闘伝』の続編となる。セル編と映画のストーリーが展開し、使用キャラに、セルや映画版の敵であるブロリー、ザンギャ、ボージャックが新たに参戦した。技を放つ時の動きやグラフィックもパワーアップ。8人まで参加できる「天下一武道会モード」など3つのモードを搭載している。
ドラゴンボールZ 超武闘伝2|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
ドラゴンボールZ 超武闘伝2|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
ドラゴンボールZ 超武闘伝2|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
ドラゴンボールZ 超武闘伝2|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの攻略サイトを検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるバンダイ様に帰属します。

関連動画

ドラゴンボールZ 超武闘伝2の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    名作

    キャラゲーは内容の無いゲームが多いですがこれは間違いなく名作です。
    特に対戦が楽しいです。
    エネルギー波がぶつかりあったり駆け引きがあったり結構熱いです。
    当時はメチャクチャ熱中してやっていた記憶があります。

  • ★★★★

    武闘伝シリーズNo1

    スーパーサイヤ人2ご飯、ピッコロ、スーパーサイヤ人トランクス、スーパーサイヤ人ベジータ、セル(完全体)、セルJr、ザンギャ、ボージャックに+α裏技でスーパーサイヤ人語空、スーパーサイヤ人ブロリー計10人とキャラ数は少ないのですが、何度でも楽しめるストーリーとBGMが良く、また技が良いです。

    技の入力がストリートファイターの様に簡単入力なので、格闘ゲームが苦手な方も楽しめる、武闘伝シリーズNo1と私は思います。

    ただ…最近のDBZ格闘ゲームが合っていると思う方にはお勧めしません。

    +グラフィックや効果音のみで全てを否定される方はやらない方が良いです。

  • ★★★★★

    あのオヤジ、元気にしてるかなあ?

    いきなり、「ヒ・ミ・ツ」と言われても、気持ち悪いだけでした、バグかもしれないとも思いました。
    主人公が選択出来ません。ひどい扱いでした。悟飯が主人公だったのでしょうか、リアルタイムでしたら、そういう流れだったと思いますが、悟飯は不遇でした。
    買った時に店のオヤジがパスワード書いた紙くれました。何のパスワードなのか説明すら無しでした。とても汚い字で、入力よりも解読に苦労しました。
    いきなりブロリーが出てきてみんな大爆笑でした。
    ストーリーモードでは、みんないちいち、効果音を立てて登場します。カッコつけてます。
    爆裂パンチが弱くなってます、どうやら、セル戦以降の悟飯のようです。
    ザンギャとセルジュニアはあまりにも戦力差があり、扱いずらかったですが、前作の「今だー!」の彼よりは遥かにマシでした。
    ベジータ主人公で、ストーリーモードすると、勝敗や選択次第で、トランクスへの愛情 や、ブルマにおちょくられ尻に敷かれぎみのベジータが見えますよ。なかなかストーリーモードは頑張ってると思う。主人公も4人の中から選べるし。(悟空の選択肢はここにも無い。ピッコロまでいるのに。)

  • ★★★★★

    SFC版の超武道伝シリーズで一番お勧め!!

    大体時期で言うと、セル編から映画版のボージャックが出てくるあたりになりますね。

    サウンドも前回の超武道伝1よりも良く出来ており、グラフィックもシステム前作よりパワーアップしております!!

    また、当時このゲームをした時、気功波の打ち合いシーンでボタン連打してコントローラー壊した記憶が今でも残っております・・。何気ない名作でございます!!恐らく、これを機に連射機買った人も多いのではないかと思います。

    また、キャラをミニサイズにしたり、悟空&ブロリーを使用可能にする等の裏技もあり、文句なしの5つです!!

  • ★★★★★

    自分にとって、ドラゴンボールを冠するゲームの中ではこれが一番楽しめました!

    子供の頃、数え切れないほど遊んできたソフトでしたねー^^
    超武闘伝シリーズは全部で3作品ありますが、この2では、ストーリーが設けられています。ストーリーは、セルゲームから始まりますが、続く話はなんと劇場版のストーリーにつながっています^^それも、原作のイメージを壊すことなく自然な流れで物語が構成されているので、変に違和感というものはありませんでしたね〜^^

    【ストーリーモード】
    キャラクターは悟飯(少年期),べジータ,ピッコロ(神と同化後),トランクス(未来)の4人から選択し、ストーリーに沿って敵を倒していく形式です。一つ残念なのは、最初にキャラクターを選択すると、途中で選びなおすことができないということですね^^;
    その点は、難易度選択があるので、自分の力量に合ったものを選ぶと、スムーズに進めると思います^^
    通常プレイなら、ボージャック戦が最後になるんですが…。難易度:厳しい以上で悟飯を選択し、ボージャック戦までの敗北回数を2回までに抑えられると、ボージャック討伐後に、隠しストーリーが出現するという^^;
    ※ネタばれになるのでストーリーについては遊ぶ方に託すことといたしますw

    【バトルモード】
    1P VS 2P
    1p VS CPU
    CPU VS CPU(観戦モード)

    これら3つがあり、ストーリーモードに登場するキャラクター(ただし、サタンを除くw)を選択し、好きな音楽,好きな舞台で戦うことができます^^

    この頃には珍しい、技コマンド画面があり、バトル中にスタート→セレクトで現れる画面で、対象となるキャラクター名を選択し、Aキーで一通りの技を確認することができます。さらに嬉しいのは、使いたい技をAキーで決定し、コマンド入力することで、正しく入力できているならば、技モーションを繰り出してくれます^^
    ※隠し技:悟飯のスーパーストレート:←ため(3秒ほどw)・→+Y(同時)や他一部キャラの隠し技,メテオ系技がかかれていなかったのは少し残念でしたがw

    力量の差のあるプレイヤー間で戦う場合も、容易に攻撃力,ライフの調整ができるので、プレイヤーにとても親切なつくりであることがうかがえますね^^
    ※遊び始めた頃は、武空術(L or R)のあまりの速さに戸惑った物でしたが、次第に慣れていきました

    【コマンド】
    もはや有名ではありますが、あえてw
    起動して武空術画面に入ったときに、↑X↓BLYRAと入力すると、ブロリーの声でカカロットォォォ〜!という声が聴けますwそれだけでなく、このコマンドを入力した後、バトルモードを選ぶと、悟空,ブロリーを選べるようになります!どちらも優遇された性能(特にブロリーは、投げ回避不可ですからね^^;)なので、使うかどうかは相談の上でw
    他にも高速化やキャラクター縮小化(当たり判定は通常の物と同じですw)などがありましたが、長い間触れていなかったので忘れまして^^;

    【総評】
    一部キャラクターの性能差はあるものの、難易度やステータスを変えられるのでそちらで調整すれば対等に戦えますねw慣れだしてから、ハンディーを減らしていくと、気づかない間に腕を上げているということも^^;
    一人用のストーリーモード、人数で遊ぶときのバトルモード,天下一武闘会と言った感じで、遊びの幅も広がってきますね^^
    発売されてから大分年月が経つゲームではありますが、自分の中では、このゲームは今でも十分に楽しめる内容であると思います^^
    長々と失礼いたしました^^;少しでも参考になれば幸いですw

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

スーパーファミコン売上ランキング