• 駿河屋
  • 楽天市場
楽天市場
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島|任天堂|スーパーファミコン

スーパードンキーコング3 謎のクレミス島

スーパーファミコン > アクション
発売日
:1996年11月23日
メーカー
任天堂
定価
6,800
任天堂より1996年11月23日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。人気アクション『スーパードンキーコング』シリーズ第3弾。アクションゲームに謎解きの要素をミックス。謎の島「クレミス島」で行方不明になったドンキーとディディーを捜すため、ディクシーと新登場の赤ちゃんコング・ディンキーコングが大活躍する。クレミス島ではどんな冒険がディクシーたちを待っているのだろうか。
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島|任天堂|スーパーファミコンのゲーム画面
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島|任天堂|スーパーファミコンのゲーム画面
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島|任天堂|スーパーファミコンのゲーム画面
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島|任天堂|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの攻略サイトを検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーである任天堂様に帰属します。

関連動画

スーパードンキーコング3 謎のクレミス島の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    スーパーファミコン最高画質

    タイトルは当時のCMからです。でも本当に画質は綺麗です。
    最初の方のステージはまぁ簡単なんですがやっぱり後半は難しくなります。
    今作での相棒はディンキーになっています。

  • ★★★★★

    3こそが至高

    1から3までしましたが 3こそが至高だと言い切れます。
    何故かと言われれば やりこみ度が半端ない!!
    一度クリアしてもボーナスポイントを全て集めないと 真のラスボスに出会う事ができません。
    またマップ上をある程度自由に動き回れるようになり、隠しマップを見つける事も出来ます。

    前回のディーディとドンキーは誘拐?されましたが、ディクシーとディンキーコングが使えるようになりました。
    ディクシーは身軽で空中を滑空 ディンキーはドンキー以上の力持ちな赤ちゃん!!水切りなどのアクションもこなします。
    そろそろ次世代機でドンキーの続編が出ないモノかと期待します。

  • ★★★★★

    スーパードンキーコング3 謎のクレミス島  レビュー

    当時、ドンキーコング1と2はクリアしましたが、3だけは未だプレイしてなかったので、ショップで買ってクリアしました。
    今作は前々作がドンキー&ディーディー、前作がディーディ&ディクシーに対し、今回は赤ちゃんドンキーのディンキーと前作から出てたディクシーを使って攻略をしていく形になります。前作と比べ、ステージや謎の要素に更に磨きがかかった作品となっており、相当にハマリ要素が強かったです。チームプレイも更にグレードアップしており、結構アクション面も楽しめました。プレイ時期は遅かったですけれど、改めてプレイ出来て良かったと思える作品です。リリース=1996年。

  • ★★★★★

    頭を使うゲーム。

    「スーパードンキーコング2」の続編です。
    前作で操作したディクシーと、新キャラ赤ちゃんコング・ディンキーを使って冒険します。
    アクションも難しいですが、頭脳をフルに使わないと完全クリアは不可能?
    過去2作を上回る多くの謎が、たくさんあります。
    初心者の方でも楽しく遊べると思います(腕を上達させるのに最適)。
    興味を持っている方、全員にお勧めできるゲームです!

  • ★★★★★

    好みが分かれるのも納得はできるけど

    スーパードンキーコングシリーズの第3弾です。基本的な路線は前作と変わらない横スクロールアクション+完全クリアには探索要素 といった感じです。やはり今作もグラフィックだけでなく、ゲームの中身としても高い出来を誇っています。

    良い点や特徴
    ・スーパーファミコンとは思えない綺麗なグラフィックは、背景等の細部までこだわっており素晴らしいの一言
    ・やり応えのある高い難易度。個人的には前2作に比べて一つ頭抜けてる難しさでした。
    ・ステージ事のギミックが豊富。入力方向と逆に動いてしまうステージやジャンプがゆっくりになるステージ・強制スクロールや雷が定期的に落ちてくるステージ等、驚かせる要素が盛りだくさんです。高い難易度の要因です。
    ・マップ画面でもある程度動けるようになり、マップでも簡単な探索ができるようになった
    ・相変わらずのやり込み要素の高さ。真のEDを見るには前作よりもかなりの努力が必要で、探索だけではなく頭も必要になる場面も多い。
    ・新たな仲間であるディンキーは、1作目でいうドンキーコングのような性能でタルを素早く運べたりできる

    難易度や真EDの解放条件・ステージのギミックの多さからボリュームや楽しさはシリーズでも一番です。探索要素のあるアクションゲームが好きなら必ず楽しめると思います。ただ、否定的なレビューがあったのも納得でき、硬派なアクションゲーム好きだとガッカリする要素もあります。

    ・ギミックのあるステージが前作に比べてかなり多い点は、純粋な横スクロールアクションが好きな人には苦痛かもしれない
    ・前作よりも探索要素が厳しくなっているので、探索が苦手な人は真EDが見れない。もちろんアイテムを見つけるまで同じステージを何度もやり直す必要がある。
    ・クレミス島の住人達と協力するのが必要不可欠だが、お使い要素が高い
    ・前作同様ボーナスバレルをクリアしてボーナスコインを獲得していく必要があるが、ボーナスバレルで失敗するともう一度ステージをやり直さなければいけないパターンが中々ある(前作ではほとんどの場合、やり直しがきいた)

    好きな人とガッカリする人が分かれると思いますので、上記点に注意してください。とはいえ出来は非常にいいうえ値段も安いのでお勧めできるゲームです。最近のアクションゲームで物足りない人はぜひご購入ください

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

スーパーファミコン売上ランキング