• 駿河屋
  • 楽天市場
楽天市場
スーパーボンバーマン4|ハドソン|スーパーファミコン

スーパーボンバーマン4

スーパーファミコン > アクション
発売日
:1996年04月26日
メーカー
ハドソン
定価
7,777
ハドソンより1996年4月26日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。爆弾を仕掛けて相手を倒す人気アクション『ボンバーマン』のSFC版第4弾。基本システムはそのままに、「ボンバースロー」「ボンバープッシュ」といった新アクションを導入したことで、更にバトルが白熱する。また、倒した敵キャラをそのまま乗り物として利用する「乗り物システム」も採用し、より戦略的なプレイが楽しめる。
スーパーボンバーマン4|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
スーパーボンバーマン4|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
スーパーボンバーマン4|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
スーパーボンバーマン4|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの攻略サイトを検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるハドソン様に帰属します。

関連動画

スーパーボンバーマン4の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    シリーズ中、対戦が最も充実している最強のボンバーマン!

    人気のあるスパボン5よりもこのスパボン4の方が、戦術が多くあり、とても楽しめます。

    今作、特に性能の高い「投げ」や「溜めボム」に対して強い「ボム返し」、それに対して強い「ボム落とし」「ボムパンチ」、その他便利な「キック封じ」や、まさかの近接攻撃「プッシュ」、近接攻撃をガードできる「ふんばり」などなど・・・
    子供の頃にワイワイ遊んだカセットは、大人同士が対戦しても戦略的で楽しめます。

    対戦での四天王ボンバーに関しては、ハンディキャップマッチ等で使えるのでそこもGOOD。
    強いて言うならば、5のみそぼんからの復帰「ドッヂボールシステム」があれば最高だったのにな。とは思います。

    やりこんでこそ面白い、ボンバーマンシリーズで最も対戦に特化しているボンバーマンだと思います。

  • ★★★★

    前作から進化しすぎてオンリーワンなボンバーマン

    前作であるスーパーボンバーマン3からものすごく進化しています。進化というか、もはや独自路線に突っ走っていった一作(笑)そのためその後のボンバーマンシリーズに出てこない要素がたくさんあります。
    それらの要素がつまらないかというとそうではないです(笑)倒した敵キャラがタマゴになり、そのタマゴを連れ歩けたり、もはや今作でしか楽しめない謎要素ですが、そのような不思議な部分も含め今作は面白いゲームです!ボンバーマン慣れしている人であればその違いを楽しめ、初心者の方であれば純粋にいろいろな要素を探っていくことを楽しめる内容かと思います。
    ただ、前作の良かったのに消えた要素もあったので迷走的な部分で星4つにしました。

  • ★★★★

    称号集めに走りそう……

     面クリア型なのは同じですが、バトルモードに新しいモードが追加されています。その名も、チャンピオンモード。コンピュータ操る敵ボンバーマンと戦いながら、何勝できるかを競うものです。最高だと、15勝です。これを、ノーマルボンバーマンでやると、「ぼんばーちゃんぷ」なる称号がもらえました。この「称号」が好きなのですよ。何勝何敗かで幾つか種類がありますし、ノーマルでないボンバーマンで全勝しても、「ぼんば〜ちゃんぷ」より格の低い称号だったりするし。

    まだ全種類の称号を見たことはないですが。

  • ★★★★

    時空を超えて、ペットを連れて

    おなじみの誰でも楽しめる単純ゲームです。
    今回の盆バーマンは、ストーリーは時空を駆け巡り、アクションは爆弾やキャラクターを突き飛ばしたり、担いで投げたりと新要素がふんだんに盛り込まれています。
    ルーイは登場しませんが、新しく「ペット」が登場します。チョウチンアンコウやトリケラトプスなどの生物系はもちろん、機械系ペットも登場し、戦車やカメロボットなどにまたがれます。卵(機械系の卵も登場)は2個までストックとして後ろにつけることもでき、ヨッシーアイランドをほうふつとさせる愉快なものです。
    音楽についてですが、3と同系統ですが、よりミニマルテクノ全開!でピコピコキモチイイ。一面の曲が名曲です!!

    個人的難点。私はボンバーマンと言えば宿敵「凶悪5人衆」だったのですが、(かわいいプリティーボンバーや、猫背のゴーレムなど、2から登場したやつらです)今回は彼らは登場せず、何やらゴチャゴチャした機械を装備した敵が登場します。どうやら新開発のロボットのようですが・・・どうもこれらはビジュアル的個性がなく、凶悪5人衆に合ったような「おちゃめさ」もなくなってしまっているのです。彼らのもつ「技」も、チートめいたものが多く、ネタ切れ感さえ感じてしまいました。2の「揺れ動くハート型爆弾」のような、面白みはどこへやら。
    あと、ステージはいつものごとく5+α(ボスラッシュ)と短く、私は毎度パスワードの必要性を感じないのですが(2時間程でクリア可能)、簡単すぎると思うのであれば「ペット禁止」や「リモコン禁止」など縛りプレイでいくらでも調整できると思います。
    ちなみに今までのシリーズに比べ、リモコン発生率が異常に高いです。

    最後のボスは、キッモイです。ヘタすると、2のときよりもw

  • ★★★★

    いいんじゃないでしょうか?

    前作スーパーボンバーマン3よりすごくなっています
    新たなルーイー、キャラの特殊能力、キャラをつかんでおとす・・・
    などなどたのしめる要素がいっぱいでいいんじゃないかとおもいます

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

スーパーファミコン売上ランキング