• 駿河屋
  • ゲオ
  • VALVE INDEX
  • 楽天市場
VALVE INDEX楽天市場ゲオ

ゲーム概要

スクウェアより1992年1月28日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。ゲームボーイ用ソフト『魔界塔士Sa・Ga』から始まった同社の『サガシリーズ』第4作目。架空の世界「マルディアス」を舞台に、8人の主人公を操作して邪神サルーインの復活を阻止する事が目的。フリーシナリオシステムが初めて導入され、ボスより強い雑魚敵が出るなど、シリーズを特徴付ける要素が登場した。

プレイ画面

ロマンシング サ・ガ|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面
ロマンシング サ・ガ|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面
ロマンシング サ・ガ|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面
ロマンシング サ・ガ|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるスクウェア様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    個人的最高傑作

    ロマサガシリーズはどれも面白いですが、個人的にはこのロマサガ1が1番好きです。容量が足りなくてイベントがカットされてたり(シェラハのとか)とかして全イベントができなくなってますが、それでも面白いですね。
    進め方によってはとんでもない結末になったりするのもフリーシナリオならではの醍醐味です。
    ただあまり魔法の需要がないというのが残念です。逆に2では魔法がないとかなりキツイ!ですよね。
    あと確かに音楽も素晴らしいですね。オープニングの音楽なんか旅の始まりを告げるようで最高ですね。
    今から10年以上も前の作品ですが、今でもたまに思い出してはやってます。

  • ★★★★★

    強くなりたい…さらに強くなりたい!

    プレイ中常に思ってしまうゲームだった。

    主人公たちは強いものから一般人並みに貧弱なものまで様々。

    しかし、主人公たちがどんなに強くなっても、世界中を徘徊するモンスターたちはさらに強くなってしまう。
    皮肉なことに戦えば戦うほどだ。だからこちらが逃げてばかりいると、なんの成長もしないまま、モンスターたちは
    もっともっと強くなってしまう。

    このゲームでは後のシリーズの成長の要にもなる「閃き」がない。装備した武器をガンガン使い込まないと技を覚えないのだ。しかも装備をはずすと、せっかく手に入れた技もリセットされてしまう。

    しかし、このゲームはそれでもやりこんでしまう。理由は色々あるが何より音楽が素晴らしいこと、全体的に図太く骨のあるゲームだということがそうかもしれない。

    河津はとんでもないゲームを作った。もはやこのシリーズに勝るRPGは二度と無いだろう…。

  • ★★★★★

    良い意味でリアルでいじわるなゲームv

    FFに次いでスクウェアから生まれたRPG。大好きなゲームですv
    フリーシナリオシステムで決まったルートがなくイベントやキャラに振回される事もなく好きなキャラで好きな場所から好きな場所へ進めていけますvその分キャラはあまり喋りませんが…。
    このゲームは敵が見えます!
    「じゃあ避けて通れば戦闘に合わなくてすむじゃん!」と思われるかもしれませんがとても避けきれる数じゃありません!
    ダンジョンに入ったときはあまりの数に笑う事間違いなし!
    固定モンスターは異常なまでに強いです!!
    そして言葉の選択によってもらえる大切なアイテムも本来なら選択を間違えてももう一度話せば挑戦する事が出来るはずなのにこのゲームはそれが通用しないのです!!強い武器も「特に理由はない」と答えればもう2度ともらえない。
    プレイヤーの行動によってイベントが変化し場合によっては後悔したり取り返しの着かない事になることも…。
    本当に良い意味でリアルで意地悪なRPGです!でも、でもだからこそやめられなかった!
    すごくはまった!戦闘シーンだって武器によって色々な技を覚えていって楽しくて大量の敵も全然苦じゃなかった!
    モンスターが強すぎるのもよけい燃えた!
    バグもあるみたいですがバグというより一種の楽しみだと思いますv
    とにかく一度やってみてくださいvはまったらお徳ですよvv
    キャラも音楽もシステムも最高です!!

  • ★★★★★

    不朽の名作

    次から次へと新しいソフトが作られて行く中、なかなか「これは名作だ!!」と感じるものはありません。クリア後も二度・三度とプレイしたくなるものも皆さんの中にもいくつかあるでしょうが、その多くはその後飽きられ中古ソフトとして売られるか、棚の奥に眠ることでしょう。しかし本作は何回プレイしても、何年経ってもまたやりたくなる。これまでに私個人がこのソフトに何時間費やしてきたことかもはや分かりませんが、何度やっても飽きない。ちょっと飽きたかなと思って一時的に棚の奥に入れたとしても、しばらくすると引っ張り出してまたプレイしたくなる。プレイする度に新しい発見があり、更にのめり込んでしまう。保存用にスーパーファミコン用のソフトを新品で(Amazonでは何だかものすごい価格に設定されていますが・・・)購入しておきたいと思わせるような、本作はそんな一品です(発売されて何年も経った今ですらレビューが追加されているのが、未だに多くの方に支持されている証ですね)。
    リメイク版がWS・PS2・携帯版で登場していますが、その度にバグが修正され、グラフィックが美しくなり、個人的には「面白み」が欠けてしまったような印象があります。プレイヤーの心をくすぐるバグがあり、素朴なグラフィックとそれに見合わない広大で重厚な世界観あり、本当に自由な(購入当初本当に何をしていいかわからず、しばらくプレイするのを放棄したことさえある)シナリオが何とも言えず魅力的なのです。容量の問題があり作者の細かな設定が十分に描出されていないこの不完全さすら、一方ではプレイヤーの「自由さ」を広げる要因になっています。 本当にすばらしい作品です。リメイク版より、全ての「ロマンシングサガ」シリーズの原点となったこの作品を、プレイされたことの無い方はぜひ!!!

  • ★★★★★

    RPGゲームの常識を覆した名作。

    「フリーシナリオ」という、どこで何をしても基本的にOKという独特のシステムを持つ。
    (殺人もできるが後で後悔する事になる。ちなみに、救済措置あり。)

    プレイヤーは男女8人からなる冒険者たちのうち、一人を主人公として選ぶ。
    年齢が若いほど能力値上昇が高く、年を取るほど初期の能力値が高く設定されていたり、両親の職業や利き腕の選択によって主人公の性能が大きく変わる。

    さらに、セリフやシナリオの展開が主人公ごとに少しずつ異なり、それぞれのシナリオで、このゲームの世界の謎が少しずつ見えてくる作りになっている。
    神話の世界が題材なだけに、三途の川から天界まで、多種多様なダンジョンが存在し、広い世界観をゲーム中で感じる事ができる。
    ここまで設定を活かしたゲームは当時にはあまりなかったのではないだろうか?

    後にWSC、PS2でリメイクされた。
    シナリオ面ではSFC版よりWSC版の方が充実しているが、PS2版はあらゆる意味でSFC版の良さ(世界観の広さ、シナリオ重視の雰囲気)を失ったと感じる。

    私はいわゆるキャラクター重視のゲームが大嫌いなので、イラストでも、各キャラクターの民族らしさをSFC、WSC版のイラストがとても良く表現できていただけに、PS2でみんな同じようなキャラクターになってしまったことが全く残念に思いました。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ゲーム関連動画

ロマンシング サ・ガの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!ロマンシング サ・ガの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

スーパーファミコン売上ランキング