• 駿河屋
  • 楽天市場
楽天市場
ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!|アスキー|スーパーファミコン

ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!

スーパーファミコン > シミュレーション
発売日
:1996年12月20日
メーカー
アスキー
定価
8,800
アスキーより1996年12月20日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された。月刊コロコロコミックに連載されていた漫画作品「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」を題材にしたミニ四駆シミュレーションゲーム。友達と競争できる「フリーバトル」、町から町へと移動して、烈や豪たちと戦いながらチャンピオンを目指す「ストーリーモード」など、たくさんのゲームモードが楽しめる。ゲームの主人公はオリジナルキャラクターとなる。
ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!|アスキー|スーパーファミコンのゲーム画面
ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!|アスキー|スーパーファミコンのゲーム画面
ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!|アスキー|スーパーファミコンのゲーム画面
ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!|アスキー|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの攻略サイトを検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるアスキー様に帰属します。

関連動画

ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

Amazonレビュー

  • ★★★

    はまるけど結構難しい、役に立つパーツ立たないパーツを攻略サイト次第ですな。

    ミニ四駆のゲーム、セッティングして操作性なしのオートの試合をする。
    シャイニングスコーピオンという、熟練度やセッティングに応じて加速する。
    青→紫→桃→赤と変化する、ゲームをクリアするよりも赤変身が出来ることが目的かな。

    前プレイしたときはスプリングで詰まりましたな。
    難しいんですよねこれ。

    基本的にレースにかつやり方
    ・役に立つパーツ、役に立たないパーツを見極める
    ・モーターはピーク、だいたい9割ちょうど
    ・メンテナンス、肉抜き、整備は徹底に
    ・熟練度システム
    ここらへん攻略サイト、このゲームは特殊で攻略サイトを観ないとか、これそういうゲームじゃないので、詰まると徹底的に詰まります。
    スプリングで桃色だしたのに、勝てない。
    トルクとレブ、どっちが強いか未だにわからないんですよね。

  • ★★★★★

    祝☆DVD化に向けて

    つい何年かぶりに買いました。昔はかなりやり込んだゲームでした。
    ミニ四駆はいろんなゲームも出ていますが、一番ミニ四駆らしいゲームはどちらかと言うとこの作品ですね。自分でセッティングして名前までつけていざ、レースへ!!レース中はただ見ているだけなのでややだらけてしまいますが、追い抜いたり追い抜かれたりと接戦している時はかなり熱いです。
    画面がいちいち切り変わるのでなくもう少しスムーズに走るとよいのですがスーファミの出来なので、まぁそこはあえて許しときます。
    ですから、待ちに待った初のDVD化に向けてこの手のゲームをアニメーション付きで、しかももっと細かく設定(セッティング)などできる等、こういったものをPS2もしくはPS3(まぁ、まず無理でしょうね…‥)で出してほしいですね。

  • ★★★★★

    今更このゲーム買う人いるのだろうか

    子供の頃買ってもらってSGJP(最終レース)で詰んでから長いこと放置してましたが、いまならわかる。操作するのではなく自分でカスタマイズしたマシーンをただ眺めるのみのおもしろさ。ファイターの支離滅裂な実況。レース中終始鳴り響く脳の奥までとろけそうな一定したモーター音。烈豪兄弟の理不尽なまでの爆走。なにげに良曲揃い。スピンコブラ、ブロッケンG、レイス(ryかっこよすぎ。それになによりもシャイニングスコーピオンかっこよすぎ。レース後半にかけての光蠍の加速には感動すら覚えます。パーツの消費がはやいのすらおもしろく思えます。
    ちなみに、全て思い出補正がかかっています。
    是非、DSかなにかでこういうシステムでの最新作だして欲しいですね。

  • ★★★★★

    未だに、たまに思い出しては遊びたくなるゲームです

    レースに勝つともらえるポイントを貯めて、パーツを買うことができます。
    たくさんパーツがあって、自由にセッティングするのが楽しいです。
    とはいえ、大会で勝たないとストーリーが先に進まないので、結構的確なセッティングが求められます

    ポイント貯め作業をしているとパーツは消耗していきます。
    タイヤ、ギヤーはメンテナンスで復活します。他は買い換えましょう。

    このゲームには熟練度といって隠れステータスが存在します。
    この辺は長くなるので調べましょう。

    リアルな設定のゲームなので難しいですが、自分の遅いマシンが速くなっていくところは面白いですし、熱いですよ!

  • ★★★★

    約20年ぶりに全クリ

    1994年にハマり、2000年頃まで続けた後は放置していたコチラ。初回版にはシャイニングスコーピオンそのものが付いてきた事も思い出深いです。2009年に少し復帰した時にはこのソフトの存在もわすれていましたが。今回、久々にやってみました。SGJPも25秒60でクリアしました。その感想ですが。
    まずミニ四駆のゲームとしては最も名作と呼べる出来です。部品の消耗が驚く程早いですしワンパターンになりがちなので飽き易いかもしれません。
    しかしゲーム内のパスワードをネットを介してでも情報交換しあえば他のゲーマーのマシンとも競い合う事が出来ます。
    良くできた作品です。当時を知る人なら星5で。最近のしか知らない人は3〜4くらいになるかと。

    ミニ四駆は面白い事に70年代、90年代、10年代と約20年ごとにブームが来ます。最近も流行ってきてるので手に取ってみては如何でしょうか。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

スーパーファミコン売上ランキング