• 駿河屋
  • ゲオ
  • VALVE INDEX
  • 楽天市場
VALVE INDEX楽天市場ゲオ

ゲーム概要

スクウェアより1995年11月11日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。「ロマンシング サ・ガ」シリーズでは第3作。戦闘中に複数キャラクターによる同時攻撃などの要素が加えられ、ミニゲーム「マスコンバット」、「トレード」が盛り込まれている。8人の男女からプレイヤーが任意のキャラクターを主人公に選択する方式で、選択肢や行動で展開が変わるフリーシナリオシステムを採用。

プレイ画面

ロマンシング サ・ガ3|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面
ロマンシング サ・ガ3|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面
ロマンシング サ・ガ3|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面
ロマンシング サ・ガ3|スクウェア|スーパーファミコンのゲーム画面

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるスクウェア様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    SFCで最もプレイしたゲーム

    この作品は本当に長い時間をかけて遊び尽くしたと言えるゲームで、 最後の最後まで楽しく遊ぶことができました!

    沢山の名作と呼ばれたゲームをリリースしてきたスクウェア社の中でも傑作中の傑作だと思います。

    異論を唱える人が必ずいるのはわかっていますが、私個人的にはゲームのキャラクターに音声は要らないと考えるひとりです。

    それは読書の世界と同じく、プレイヤーが自由に想像できる要素が存在する事がゲームにおいてとても重要なことだと思っているからです。

    この作品の登場人物たちは皆、声がなくても十分に魅力的です。ソフトの容量に限界があり、無駄使いが出来ない、声が入れれないからこそキャラデザインを考えて考えて作り上げられた…自分はそんな気もするのですけどね・・

    ロマンシングサガ3がこの時代に開発されて本当に良かったと思います。 ドット絵に暖かみのある素敵な曲たち…シリーズ三作目の洗練されたゲームシステム

    強大なボスキャラクター… 私には忘れることの出来ない国産RPGです。

  • ★★★★★

    伊藤賢治の音楽とスリルあふれる戦いの世界!

    ロマンシングサ・ガシリーズは1(正式には1ではないですが),2,3の3つがありますが、自分はこの3が一番好きです。
    また、初めてロマサガに手を出す人も、ミンサガ(ミンストレルソング)かこの3から入ることをお勧めします。

    このロマサガシリーズの特徴としては、「自由なプレイ」があげられますが、この3でも引き継がれています。
    ドラクエなどでは基本的には、順番の決まったイベントをこなしていく感じですが、このロマサガ3は各地にあるどのイベントからやろうとまったく自由です。
    そして、伊藤賢治さんの秀逸な音楽がゲームを盛りたててくれます。
    これは実際にプレイして聴いてほしいです!!
    トレードやマスコンバットのミニゲームも熱中するほど面白いです。

    特定地域で戦える四魔貴族や、ドラゴンルーラーは強く、ハラハラした戦闘を楽しめると思います。

    最近レベル上げだけすればエンディングにたどりつけるRPGばかりでつまらない。
    そう考えている人はぜひこのゲームでスリルのある戦闘と最高の音楽を楽しんでください!

  • ★★★★★

    またやっている。

    僕は昔からやるゲームがなくなったらロマサガをやることにしている。ロマサガってゲームは何回やっても飽きないんだよね。特に3はぼーっとやるのに適している。1とか2はザコでも平気で全滅するけど3はしかるべき陣形でコマンダーモードすればまず負けないからね。
    今回もいつものようにアスラで技稼いで、強くなったらひたすらレアアイテムねらい。いつもとまったく同じなのに何故か飽きない。それはたぶん自分の意志でやっているから。自分のやりたいようにやれるゲームだから。
    RPGってロールプレイングゲームって意味なんだから、映画みたいに感動するのもいいけどその中に自分が入り込む要素がほしい。ロマサガは自分の意志でやりたいことを決められる。やりたくないイベントはやんなくてもいい。ただただ稼いでるだけでもいい。
    「フリーシナリオ」と謳っているが、僕に言わせれば「THE 主体的RPG」。そういう意味じゃロマサガこそ本当のRPGっていってもいいかもな。

  • ★★★★★

    スクエアの最高傑作

    とくに注目すべきは音楽。海底宮、ポドールイ、親王の塔などの音楽は最高のクラシック。また四天王、ラスボスの音楽は危機迫る演奏。迫力も倍増です。
    何より閃きというシステムがすごく楽しかった!ピコーンと豆電球が光った時はドキッとすること間違いなし。
    キャラの能力の上がり方もレベルなどなく、各戦闘が終わった後に、「?がアップ!」と各々宣言していくという。これも他には無い。
    仲間になるキャラも、正義のヒーローから、ヴァンパイア、雪だるま、象、妖精、エビまで多彩。また、「はい」「いいえ」以外にも主人公がしゃべるというのも味があって良い(「金を出せ」とか)。
    倒すべき敵がいること以外これといったシナリオも無く、どの街へ行き、どのイベントをやるかも自分次第。
    ちょっと困ったのはラスボスが段違いに強い。まあ、それも影響して長く遊べました。
    今の時代のFFなんかよりずっと良いと思いますよ?

  • ★★★★★

    ゆったり「遊べる」ロマサガ

    ロマサガ1の複数主人公によるストーリー性や世界を自由に旅するアドヴェンチャー性、ロマサガ2の戦闘の戦略性(閃き、陣形、LPなど)、この2作品の良いところをとってさらに各種ミニゲームや新しい戦術など新システムを取り入れたSFC最終作。

    戦闘はザコ的がかなり弱くなり、前作までのように戦闘で逃げても敵が強くなることがないので全体的に難易度は低く、一番軽いノリでプレーできるロマサガといえる。サガシリーズ唯一のコマンダーモードができるのも本作品の特徴。コマンダーモードでは全キャラのHPが毎ターンごとに回復していくので、初プレイ時はラスボスも含めてほとんどこれを使ってクリアしました。陣形技が使えるのもこの作品のみでしたね。次作サガロンティア以降は、このシステム消えてしまうのですが、個人的には好きだったので残念でした。

    難易度が低いと言われていますが最終ボスの強さは、前作、前々作と比べてもひけをとらないと思います。どちらかと言うとプレイヤー自身があえて「縛り」を加えることで自由に難易度調節をして楽しむべきゲームなのかなと思います。下手に選択肢を選んでセーブしてしまうと、詰んでしまう意地悪なイベントも健在です。

    ミニゲームはマスコンバットとトレードがありますが、トレードのほうには本編ぶっちのけでハマリましたね。マスコンバットの方はちょっと難しくて、私はこれを極めようとは思えなかった…。

    音楽は戦闘の音楽が相変わらず出色の出来。キャラクターごとのテーマソングも今回はかなりリラックスできる曲が多く「旅」を感じさせてくれます。

    グラフィックに関してはFF6を超えてSFC最高峰(ゲーム史上最高峰と言ってもいいかもしれない)のドット絵を堪能できます。

    没イベントやプログラミングの問題で一部の強力なモンスターが登場しないのは残念。ストーリーも世界観の構築は結構いい感じなので、もうちょっとディテールにこだわりが欲しかったかな。まあ、NPCの話し方がぶっきらぼうだったりするのはこのシリーズの特有の「味」ではあるんですが…。後は、攻撃系の術が全くと言っていいほど使い物にならないのもどうかと思いました。豪華盛りだくさんな内容だけど、やや詰めが甘い部分がありますね。

    徹底的に隙がなく作り込まれ、難易度的にも常に緊張感を強いられるロマサガ2。技数やグラフィックが強化され、(ちょっと粗はあるけど)いろいろな新要素を取り込んで、ゆったりと楽しめるロマサガ3。どちらを好むかは人それぞれだと思います。個人的にはロマサガ3が初めてクリアしたサガシリーズであり、私自身が大雑把な性格なので3のほうが好みですね。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ゲーム関連動画

ロマンシング サ・ガ3の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!ロマンシング サ・ガ3の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

スーパーファミコン売上ランキング