ファイナルファイト|カプコン|スーパーファミコン

ファイナルファイト

スーパーファミコン > アクション
管理番号
:B000068HLS
発売日
:1990年12月21日
メーカー
カプコン
定価(税抜)
8,500
カプコンより1990年12月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたベルトスクロールアクションゲーム。人気アーケード作品からの移植作品となる。多彩なアクション、シンプルな操作方法が特徴で、敵を倒したときの爽快感も抜群。超犯罪都市メトロシティを舞台に、悪の組織マッドギアにさらわれたジェシカを助けるため、恋人のコーディー、父親であり市長のハガーのどちらかを選んで敵に立ち向かっていく。
ファイナルファイト|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
ファイナルファイト|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
ファイナルファイト|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
ファイナルファイト|カプコン|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるカプコン様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    難しいけどハマるアクション。

    今でも、時々やってしまう最高のゲームです。
    なんといっても爽快感がたまらないのと、高難易度のドキドキが良いです。
    何度もプレイしていると少しずつ上手くなっていきます。アイテムも駆使すれば楽に戦えるし敵との間合いを覚えればクリアは出来るゲームです。
    昔ゲームセンターで小遣いを全て奪っていった作品なので面白いこと間違いないです。

  • ★★★★★

    血のしたたるステーキ

    全5ステージ。ボーナスステージが2つ。
    名曲揃い。テンション上がる曲、スラムな曲、バイオレンスな曲。どれも素敵。
    5ステージとも特色があり、個性的。
    敵もボクサーやらオカマやらデブやら警察官等々。
    そんな敵キャラ達を殴る音が重低音でリアルなので、自分が本当に暴れてる気になれます。道端に落ちてる肉やハンバーガを食べたりとか。現実では味わえないこの世界を楽しみましょう。

  • ★★★★★

    色褪せない名作

    私はこのゲームを手にして16年以上経ちますが、今だに遊ぶ時があります。正直このゲームは短期的にハマるのみですぐに飽きてしまいます。しかし月日が経ち、ふとこのゲームを見つけると無性にやりたくなるのです。内容的には、横スクロールの単純なアクションゲームで、操作性も良く、爽快感もあるので気軽にプレイできますが、難易度が非常に高く、忍耐力が必要です。しかし単純ながらすごく奥が深いゲームでもあるので、やり込む事も可能です。またゲームの舞台や主人公、敵キャラ、BGMが非常に個性的なので、初めて遊ぶ方は楽しめると思います。私個人としては、主人公のマイクハガーが好きです。彼は町の市長であるにも関わらず、上半身裸で、時に電車内でパイプを振り回し、時に大勢の人だかりの中で警察官の吐いたガムを食べ体力を回復します。主人公マイクハガーに近寄ってくる敵キャラが、皆すごく怯えて見えるのが可笑しいです。

  • ★★★★★

    名作

    ゲーセンでもスーファミでも火を噴いた名作です。

    いくら金を吸い上げられたことか(笑)(泣) かなり中毒症状が出るので、後遺症もかなりのものです(笑)でも、ストレス解消は出来ます!
    しかし、やり過ぎはヤバイです(-。-;) このゲームをプレイするたびに思うんですが、最近はこういう捨て身のゲームが少なくなったな〜って。アツくなれるゲームが本当に少なくなったと思います。複雑すぎるシステムやストーリーは必要ない場合もあるんですよ。

    因みに、このゲームは有野課長が挑戦したゲームです。かなり苦戦してましたね。やっぱりアンドレ軍団に苦しめられてました(笑)
    色々書きましたが、今だからこそお勧めしたいゲームです。草食系とは対極の純肉食系ゲームです。ゲーマーはこういうゲームに餓えてると思うんだけど、そう思うのは私だけだろうか?

  • ★★★★★

    何百人でもぶっ倒せ!

    ベルトスクロールアクションを代表するゲームで、このゲームの発売以降いろいろな会社がファイナルファイト系のゲームをだした程ゲーム界に影響を与えたゲームです。当時はゲームセンターのゲームをそのまま家庭用に移植するのは到底不可能だったので、この作品も色々な箇所がカットされています。普通ならそんなゲームは評判が良くありませんが、このゲームは違います。このゲームの売りであった爽快感はちゃんと残っているのです。そのため今作は名作と名をとどろかせているのです

    内容は、迫り狂う敵やボスをひたすら殴ったり武器を使ったりして倒す、今で言う無双ゲーです。容量の都合上画面内の敵キャラは3人しかいませんがそれでも敵をバッタバッタ倒していく爽快感は他のゲームでは味わえないものがあります。打撃音が重圧なのもポイントの一つです。またBGMはアーケード版に比べて良くなっており、どの曲もステージの雰囲気や臨場感を最大限に引き出しています。

    難易度もそれほど高くなく、努力すればクリアできるゲームなのでゲーマーでなくてもクリアできると思います。

    ただ、一つ注意すべき点は容量の都合なので仕方がない事だとはいえ2人プレイができないことです。2人プレイで遊ぼうと思って購入を考えている方は別の作品を買うことをお勧めします。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。