アースライト ルナ・ストライク|ハドソン|スーパーファミコン

アースライト ルナ・ストライク

スーパーファミコン > シミュレーション
管理番号
:B000068I22
発売日
:1996年07月26日
メーカー
ハドソン
定価(税抜)
7,980
ハドソンより1996年7月26日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたSFシミュレーションゲーム。『アースライト』の続編。宇宙へ移住した人類による組織「統一機構」と地球に留まっている人類による組織「地球連邦」との抗争をテーマに、ハードユニットと呼ばれる人型兵器を操って戦いを繰り広げていく。宇宙居住者たちの自由政府「統一機構」の軍隊を指揮して、地球連邦軍の野望を打ち砕くのが目的となる。
アースライト ルナ・ストライク|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
アースライト ルナ・ストライク|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
アースライト ルナ・ストライク|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
アースライト ルナ・ストライク|ハドソン|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索 ▶︎

※パッケージ、ゲーム画像の著作権は、メーカーであるハドソン様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★

    ネクタリス好きとしては

    このゲームと従来のネクタリスシリーズとの相違点をあげると
    ・育成要素がある。
    ・個性的な搭乗キャラクターがいる。
    ・ユニット名やグラフィックがとてもリアルより。
    ・色々フラグ条件があり、それを満たすとパワーアップできる。
    ・面ルート選択によりエンディングや仲間が変わる。

    しかし従来の一面クリア型のネクタリスが好きな自分にとっては上の要素がノイズになってプレイがしづらい。
    どれがどんな能力を持っているかとかどのキャラを育成するのがベストとか隠しフラグを回収するには、など考えるのが面倒。
    やっぱりネクタリスはその面で全力を尽くし、次回に持っていくのは自分の知識と腕だけ!って考えの人にはお勧めできない。
    しかし自分は評価として星2をつけたが人によっては上記の要素により星4以上になるかも。

    ただ画面の暗さはいかんともしがたい。

  • ★★★

    シミュレーションの隠れた佳作

    可愛らしいキャラや格好良い大河原邦男先生デザインのメカが出てくるという事でビジュアル的な魅力を持ちつつも、中身はストイックなシミュレーションのシステム。

    そういう意味ではパワードールのような雰囲気があるのですが、この辺りは開発が工画堂スタジオ(くまさんちーむ)という事で納得出来ます。

    SFC末期かつ中身がかなり地味なシミュだったこともあって中々語られることがない本作ですが、今改めて見直すとビジュアルとシステムの両面をウリにしようとした野心的な作品だったと感じることが出来ます。
    実際の出来はビジュアルもシステムも一歩及ばずという感じではありますが、十分に「佳作」といっても良いと思います。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。