機動戦士Zガンダム Away to The Newtype|バンダイ|スーパーファミコン

機動戦士Zガンダム Away to The Newtype

スーパーファミコン > シミュレーション
管理番号
:B000068GYA
発売日
:1996年03月01日
メーカー
バンダイ
定価(税抜)
11,800
バンダイより1996年3月1日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたシミュレーションゲーム。テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」をベースに原作の話を追いつつ進めていく、ゲーム作品。システムは前作『機動戦士ガンダム クロスディメンション0079』を踏襲しており、さらに改良が加えられており、3Dシューティングやコマンド技といった要素も追加されている。全29面で前後半に分かれているマップも存在する。
機動戦士Zガンダム Away to The Newtype|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
機動戦士Zガンダム Away to The Newtype|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
機動戦士Zガンダム Away to The Newtype|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
機動戦士Zガンダム Away to The Newtype|バンダイ|スーパーファミコンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索 ▶︎

※パッケージ、ゲーム画像の著作権は、メーカーであるバンダイ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★

    原作と違ってつまらないゲーム

    最近になって、エミュレータで一度だけプレイしてみたが訳の解らないコマンドが多い。MSキャラが三頭身化していて、見ていてゲームがつまらなさそうに感じた。戦闘シーンが基地などの局地戦と2Dシューティングの2場面に分れている。どちらの戦闘も難易度が高そうで結局、何をすれば良いかが理解できなくてゲームの進行についてのきっかけが掴めずにゲームの内容がイマイチ解らず全く先に進まない。ただ、原作アニメが非常に面白い内容だっただけに期待していたががっかりするほど的外れなゲームでやる気もしなくなった。グラフィックやゲームサウンドは良い方だった。

  • ★★

    射撃戦闘パートが…

    SFCのF91の戦闘システムをいじったような射撃戦闘パートが搭載され…

    おかげでゲームの進行が恐ろしく面倒になりました。
    序盤はたいしたことはないんですが、中盤に差し掛かった辺りから、ザコ敵の耐久力が高く、それでいて数が多い、攻撃時の必殺コマンドは、格ゲーかなにかと間違えてるんじゃないかと思うぐらいに入力数が多い。
    回復アイテムには限りがあり、射撃戦闘パートで消費すると2Dの戦闘パートで苦労する。そんな射撃戦闘パートを1つのシナリオに付き4・5回とこなして行かないといけなくなる。
    ギャプランやメッサーラと言ったボス敵に至ってはたまにこちらが回避不能な「MK2&Zを完全補足して逃がさない連続攻撃」なる一撃を加えてきます、そりゃないよ。
    ユーザーのテクニックに依存する難しさではなく、ゲームデザイン上の理不尽さによる高難度が阻みます。
    そうしてダメージを蓄積させて、やっと2Dの戦闘パートに突入できます。
    2Dの戦闘パートは前作と同じく、広大なマップから敵を発見さえできればそれほど難しくない。
    ただし射撃戦闘パートで消耗しきっていると…

    救済なのかどうかは判らないが、ゲームオーバーからのコンテニューをすると、自機が撃墜された直前の経験地を持ち越したまま再プレイできる。
    いわゆる全滅プレイが可能。
    そのため「難しいので積んだ。クリアできない」という事態だけは避けられる。

    このゲームの最大の長所はBGMと言っても過言ではない。
    苦行ともいえる戦闘(射撃パートとか射撃パートとか)を超えて話を進めていくと、すばらしいBGM達と出会えるのだ。
    BGM聞くためにプレイしてくださいと言える。

    射撃戦闘パートの作りさえちゃんとしていてさえくれれば、こんなに低評価をしなくて済んだのに、惜しいソフトです。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

関連ゲーム

機動戦士ガンダム クロスディメンション0079

機動戦士ガンダム クロスディメンション0079

バンダイより1995年2月10日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたシミュレーションゲーム。テレビアニメ及び劇場用アニメ『機動戦士ガンダム』を再現した本編(全14話)と、...

ゲームの説明を見る ▶︎