1080° スノーボーディング|任天堂|ニンテンドー64

1080° スノーボーディング

ニンテンドー64 > スポーツ
管理番号
:B0000645MV
発売日
:1998年02月28日
メーカー
任天堂
定価(税抜)
6,800
任天堂より1998年2月28日にニンテンドウ64(NINTENDO64)用ソフトとして発売された。ハーフパイプも急斜面も思いのまま。5人のライダーがリアルな銀世界を滑走するスノボードゲーム。コンピュータ・ライダーと競う「マッチ・レース」、自分のゴーストとも闘える「タイム・アタック」、トリックで高得点を狙う「トリック・アタック」、総合力が勝負の複合競技「コンテスト」など6種目を搭載している。
1080° スノーボーディング|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面
1080° スノーボーディング|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面
1080° スノーボーディング|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面
1080° スノーボーディング|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーである任天堂様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    雪上を疾走する快感!

    知人からおもしろいと言われていて、いつかプレイしてみようとは思っていたが、正直あまり期待はしていなかった。
    でもこの値段ならという事で買ってみたら、、
    例えて言うなら、64のウェーブレースにさらなるスピードと迫力と快感をプラスしたってところでしょうか。
    ゲーム中にぼちぼちとウェーブレースの面影が見られますが、それとは難易度も段違いです。
    慣れるまでは結構大変ですが、慣れれば猛スピードで斜面を疾走しつつ、様々な技をひけらかす快感に浸れます。
    特に、視点変更でキャラの目線に変えて滑るともう大変。
    また、得意不得意のある5人のキャラと、それぞれ能力の違うボードを組み合わせて自分好みのプレイが可能。
    スピード重視でも技重視でも好きなようにできます。
    まさかこれ程とは予想もしていなかったので、今回は非常に良い買い物をしました。

  • ★★★

    ちょっともたもた・・・

    この時代によくこれだけのゲームが出来たなあと思います。
    しかし、いまとなっては、少々もたもたしているような感じがします。
    ゲームバランスもいまいちです。
    グラフィックもいまとなっては中レベルでしょうか。

  • ★★★★

    雪の上をすべる感覚をみごとの再現!

    私も特価で購入したのであまり期待しないでプレイしたが、さすが任天堂のソフトといったところか。
    雪の上を滑っている感じが良くできている。3Dスティックの微妙な操作もうなずける内容だ。
    ゲームモードもいろいろあり、トリックアタックはボードらしくて面白かった。
    もちろんマッチレースのCPU対戦も燃えます。
    現在もガンガンプレイしています。
    それがこの価格とは…買わないと損でしょう。

  • ★★★★

    遊び方

    高い所から落ちて着地する時、Zトリガーを着地する寸前で押すと転ぶ事が無く着地出来ます。
    後は状況に合わせてスピードを出しすぎない。(やたらとZトリガーを押さない)
    これで後は努力次第で楽しめるゲームです。
    ゲーム内容はそこそこ面白いですよ。

  • ★★★★★

    隠れた名作

    発売当時はまったく興味がなかったのですがWiiのバーチャルコンソールで買ってみてやってみるとすごく爽快で面白い。
    ステージは6個しかないんですが不満はありません。何回すべっても面白いですから。
    64なのにリアルな表現にこだわってるところもすごい。服が風でなびくところとか、雪煙の表現とか。
    リアルさを追及する一方でゲームっぽい自由度も残してる。崖の上から飛び降りてもナイスな着地ができたりするところとか(失敗することもあるが死ぬことはない)。
    僕はマッチレースとタイムアタックしかやってないですが、トリックの点数を競うモード(ハーフパイプもあります!)もあるし、
    極めようと思えばまだまだやりこめる。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。