• 駿河屋
  • 楽天市場
楽天市場
爆ボンバーマン|ハドソン|ニンテンドー64

爆ボンバーマン

ニンテンドー64 > アクション
発売日
:1997年09月26日
メーカー
ハドソン
定価
6,980
ハドソンより1997年9月26日にニンテンドウ64(NINTENDO64)用ソフトとして発売された。「ボンバーマン」シリーズの一作。ボンバーマンがフルポリゴン完全3Dとなってニンテンドー64に登場。爆弾がでっかくなる「溜めボム」や、爆弾を積み上げて高いところにいる敵をブッ飛ばす「ボムタワー」など新しいワザも満載。本作は難易度は非常に高いが、難易度に反してバランス崩壊起こさない完成度となっている。
爆ボンバーマン|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
爆ボンバーマン|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
爆ボンバーマン|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
爆ボンバーマン|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
このゲームの攻略サイトを検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるハドソン様に帰属します。

関連動画

爆ボンバーマンの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    神ゲー

    アクション要素の強いゼルダって感じで良かった。ボス戦も中々良かった。

  • ★★★★★

    面白い

    ファミコン以来のボンバーマンだったので、最初は「こんなのボンバーマンじゃない」とか「音楽が...」とか文句を言ってましたが、、、。
    ストーリーモードが意外と面白かったり、細かく設定出来る対戦モードで盛り上がったり...、楽しい!文句言ってごめんなさい。面白いです。

  • ★★★★

    難易度が鬼畜

    このゲームは主に3Dボンバーマンが様々なアクションを駆使してステージクリアを目指すストーリーモード、おなじみのバトルモードがありますが、このゲームの肝はストーリーモードの『難易度』にあります。
    ただクリアするだけならそれなりの難易度ですが、様々な条件を達成することで手に入るゴールドカードのコンプとなると相当キツイ。
    さらにさらにコンプ後に出現する最終マップはゲーマーもお手上げの鬼畜難易度です。
    実際自分も攻略に半日かかったステージもありました。
    普通にクリアする分には初心者も楽しめますが、ストーリーモード完全攻略に関しては完全に玄人向けです。
    しかしこの難易度設定こそが秀逸で、このゲームの面白さなのです。
    それに引き換え、バトルモードに関しては正直酷いです。
    ほとんどおもしろくありません。
    オブジェクトが少ないせいで、オブジェクトを破壊し自身を強化しつつ敵の元へ向かって行く従来の対戦の楽しさが無くなっていること、新しい試みとしてステージに高低差がついたが、圧倒的に高所が有利でただの落とし合いになることなどが例としてあげられます。
    購入するなら1人用ゲームと考えていいでしょう。
    ただバトルモードの出来の悪さを差し引いても、ストーリーモードが素晴らしいので★4つとさせていただきます。

  • ★★★★★

    諦めなければ神ゲー

    N64でのボンバーマン、爆ボンバーマン。
    このストーリーはすごく難しいと言われていますが、やりこめば楽しいものです。
    4人対戦ができるバトルモードでもアイテム類は少ないですが結構おもしろいです。
    ボンバーマンではよくある十字の爆風ではなく丸く爆発するのもこのゲームの特徴で面白いです。
    ボンバーマン好きにはおすすめです。

  • ★★★★

    雰囲気がおしゃれ

    BGMがとても良い。
    作業用にも使える。
    難易度は難しい方だと思いますが、4人対戦もできるので飽きることはなかった。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ニンテンドー64売上ランキング