• 駿河屋
  • ゲオ
  • VALVE INDEX
  • 楽天市場
VALVE INDEX楽天市場ゲオ

ゲーム概要

任天堂より2000年3月24日にニンテンドウ64(NINTENDO64)用ソフトとして発売されたアクションゲーム。「星のカービィ」シリーズ初の3D作品。「コピー能力ミックス」という、2種類のコピー能力を混ぜる新要素が加わり、基本能力の数7種類とミックスの組み合わせ28種類の合計、35種類の能力を使うことができる。ステージはレベル1から6と、最終エリアのファイナルスターで構成されている。

プレイ画面

星のカービィ64|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面
星のカービィ64|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面
星のカービィ64|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面
星のカービィ64|任天堂|ニンテンドー64のゲーム画面

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーである任天堂様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    安心の定番

    今回はコピーしたふたつの能力をミックスして新しい技が繰り出せる。
    4人当時に遊べるミニゲームもあり。
    カービィ路線を守りつつ演出とか新しい仕掛けで訴えるアクション。
    3D風で見せる2Dアクションが王道でありかつ任天堂テイスト。
    単純そうだが実は奥の深いゲームでまさに万人向け。
    末永く遊べるところもさすが。

  • ★★★★★

    よく出来てる

    カービィ64は他のカービィシリーズと比べて、異色の作品だと思う。
    雰囲気が他のカービィに比べて静かというかちょっと暗めだし、カービィのアクションやコピー能力も今までのカービィとはちょっと違いますね。
    3Dですが、今までのカービィ同様に横スクロールアクションです。

    カービィといえば空を自由に飛べる(ホバリング)イメージがありますが、このカービィ64のカービィは空を飛べる時間に制限があります。
    まるでスマブラ仕様のカービィですね(^_^;)。
    この制限によってちょっと難易度が高めになってたり、軽く謎解き要素があったりとカービィシリーズにしては難易度がちょっと高めな気がします。

    カービィ64の一番の売りはやはりコピー能力ミックスシステムでしょう。
    これは敵の能力とまた別の敵の能力をミックス(合体)させるシステムなのですが、これがほんとに面白いんです(笑)。
    今までのカービィにはなかった斬新な能力や笑っちゃうような変な能力など、とにかく沢山の能力を作れるんです!。
    個人的に『ボム+カッター(爆弾手裏剣)』と、ネタ的な意味で『プラズマ+ファイア(頭をこすって火を起こす技)』や『アイス+プラズマ(冷蔵庫)』が好きです。
    ちなみにスパデラみたいに能力ごとに技コマンドがあったりはしません。

    このカービィ64はデデデ大王とワドルディとアドレーヌが仲間として登場し、沢山活躍します(*^_^*)。
    絵本チックな雰囲気やカービィ好きなら是非プレイしましょう!。

    P.S.
    実はゲーム本編よりも収録されている三つのミニゲームの方にハマってしまったりする……(苦笑)。
    ミニゲームは4人まで対戦出来るので、パーティーゲームとしても楽しめると思います。
    おちおちファイトは燃えます(笑)。

  • ★★★★★

    コピー能力がパワーアップ!

    コピー能力がパワーアップして「星のカービィ64」が誕生しました!
    コピー能力とコピー能力を合体して、ミックスすることができます。
    それによりさらにゲームを楽しむことができますが、謎解きなどの攻略も複雑になっています。
    3Dのような奥行きがあり(実際には違います)、画面が非常にリアル!
    ラストボスが手応えなかったかなぁと思いましたが、、、
    しかし総合的にほぼ完璧といても過言ではないので、誰にでも楽しめます。
    ゲーム好きな方は、是非買ってみて下さい!!

  • ★★★★★

    ほんわか路線の最高作

    スーパーDXのド派手路線と3のほんわか路線に分かれるカービィシリーズですが今作は3にくらべ難易度がぐっと下がり誰でも気軽に楽しめる内容になっています。絵的に3Dでありながら3の高いデザイン性は保ち、音楽はシリーズ随一!エアライドなどに見られるオーケストラサウンドに違和感を感じてしまう俺としてはちょうど気持ちいい。コピーをミックスするのも非常に楽しい。シリーズに詳しくないととれないクリスタルのかけらが一つあるのはどうかと思うが、それ以外はとてもいいゲームと思います。

  • ★★★★★

    ニヤリ

    基本的には3の流れを汲んでいる作品なんですが、他のシリーズと異なる点がありカービィの中でもちょっと異色なイメージがあります。
    代表的なのは本作の肝ともいえるコ ピーの「ミックス」ができること。2つのコ ピー能力を組み合わせることで全く新しい能力が生まれます。
    そのため、基本コ ピーの数は7種類といつもより少なめなんですが、その全てで組み合わせが用意されているので7+ミックス28の計35種類になります。
    また、それによって「これとこれを組み合わせたらどんな能力になるんだろう?」と試したくなるという楽しみが生まれています。
    3までは仲間と協力してコ ピー能力を使っていましたが、あれの代わりになっている感じですね。

    グラフィックは3Dになっていますが、道順は完全に定めらているため「3Dグラフィックの2Dアクション」になっています。
    また、ムービーが随所に挟まれます。これも3D。従来のシリーズでもちょっとしたアニメーションが挟まれる事はありましたが、今回はかなり本格的です。
    BGMは特にボス戦の曲がどれも素晴らしいと思いました。サウンドテストもあります。
    ミニゲームが3種類用意されています。こちらもどれも良い出来です。しかもこれだけ4人まで遊べる。
    難易度は、強力なミックスコ ピーが多数存在する事もあり低めです。ただしシリーズで割とお馴染みのボスバトルはコ ピーができないため難易度高め。
    純粋なやり込み要素としては「カード集め」が用意されています。

    欠点がないのか、と言われるとまあ、実は結構あります。
    まず動きが妙にもっさりしている。カービィシリーズ自体そんなに毎回毎回スピード感溢れるものではないのですが、今回は特にそれを感じます。
    コ ピーによってはますますテンポを損ねる事もありますが、テンポ良く進めるコ ピーを探すのもまた一興。
    またコ ピーごとの格差がけっこうデカい。いわゆる「使えない」コ ピーがいくつかある。しかもコマンドによって技が変わる事も少ないので使い込もうにも限度がある。
    そして今回の大きな目的にクリスタル集めというものがありますが、クリスタルは特定のミックスコ ピーでなければ手に入れられないものが多数あります。
    無視して進めても特にペナルティはありませんが、クリスタル集めはやり込み要素というよりどちらかというと「やらなければいけない事」寄りなのであんまり無視していると後で回収作業が面倒になります。

    ゲーム内容で見ると確かに粗はあるんですが、思い入れの強さは他の名作たちにも引けを取っていません。
    ちょっと暗さを含んだ雰囲気や、センスの良さを感じるムービーなどが心に残ります。ここではあまり色々とは語れませんが、何かと思い出深い作品なんですよねこれ。
    1〜3程度の手応えを求めると難易度的に物足りないかもしれませんが、それ以外は新要素を上手く取り入れつつ正統進化と呼ぶに相応しい作品。
    たまに最初から遊んでみたくなるのですが、その時はもう慣れているので上で述べたような欠点はそれほど気になりません。コンプリートを目指してクリスタル集めがちょっと辛い程度。
    まったり楽しむと中々面白いですよ。スピード感や緊張感溢れるアクションを求めると合わないかもしれませんが。花火最強。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ゲーム関連動画

星のカービィ64の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!星のカービィ64の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ニンテンドー64売上ランキング