• 真説・夢見館 扉の奥に誰かが…|セガ|セガサターン (SS)
  • 真説・夢見館 扉の奥に誰かが…|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • 真説・夢見館 扉の奥に誰かが…|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • 真説・夢見館 扉の奥に誰かが…|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • 真説・夢見館 扉の奥に誰かが…|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面

真説・夢見館 扉の奥に誰かが…

Shinsetsu Yumemi Yakata - Tobira no Oku ni Dareka ga...
★★★★★2.0(2件)
機種
セガサターン (SS)
ジャンル
アドベンチャー (ADV)
発売日
1994年12月2日
メーカー
セガ
定価
7,800

ゲーム概要

メガCDにて発売された『夢見館の物語』の続編。ジャンルはアドベンチャーゲーム。閉鎖された館の中を主人公視点で移動し、会話と探索を直感的に行っていくという、前作と同じシステムを採用。前作との違いとして、特殊なイベントを除き映像は3Dポリゴンにより描画され、キャラクターの顔グラフィックが表示されるようになった。また、感情入力システムという、コマンド選択ではない、独特な物語の分岐システムを採用している。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるセガ様が権利を所有しています。
© 1994 セガ All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★ ★★★ 2.0

    スタッフ自身が前作を理解していない可能性大

    セガサターン購入は、コレをやることが一つの動機でした。
    グラフィックは全作と比べて桁外れにUPし、移動スピードも一応『蝶』だから早い(笑)

    だが、肝心のストーリーがダメダメだ。中盤以降は、ヘタな脚本のサスペンスドラマとしか言いようが無い。
    それに、館の住人はしゃべり過ぎ。

    前作は断片的な言葉をちりばめることにより、プレーヤー側の想像力をかきたて、そして余韻を残した「一夜の夢の如し」という言葉がぴったりの終わりへ向かっていく。

    本作は、何から何までアドバイス&告白で終わらせてしまうので「はぁはぁふーん、そうですか」で終わってしまう。まんま受身だけで、感情移入もできない。
    これでは夢見館の魅力の一つである「幻想的世界」とは程遠い。
    人間世界を捨てて館に来たのに、ゲームの舞台は感情と利害がぶつかり合う現実そのものだ。

    そして『住人の人生相談』の後に待ち受けるのは、子供向け漫画でもやらないようなあのラスト。
    見ていて感動以前に恥ずかしくなった。

    明らかに失敗作としか言いようが無いと思う。
    期待を裏切ったという点で☆ゼロですが、CGの質を考慮して☆一つ。
    いや、前作の画質の方が、味があって良かったか・・・。

  • ★★ ★★★ 2.0

    これは痛い。。。(苦笑

    ジャンルは3Dアドベンチャーゲーム。
    ・・・これ以上書くのは申し訳なくなるが書きます。このゲームはダメです(苦笑) 
    ストーリーがめちゃくちゃ短い(15分くらいで終わった)、主人公の移動スピードが遅い、と欠点ばかりが目立った。仮に移動スピードが速かったとしても、それならそれでクリア時間がもっと短くなってしまう訳だし、、、という事でオススメできません。ただ、林原めぐみが声を出してたような記憶があるので、そこは評価できるかも。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

関連ゲーム

夢見館の物語(メガCD専用)

セガより1993年12月10日にメガドライブのメガCD用ソフトとして発売されたアドベンチャーゲーム。満月の夜、謎の館に迷い込んだ妹を少しでも早く助け出すことが目的となる。ウィンドウやアイコンは画面から一切排除され、ゲームは方向ボタンに対応したいろいろな動作により進行されていく。タイル方式で移動を制限して移動のたびに3Dでプリレンダされたムービーを挿入することで、違和感無く仮想空間を実現している。

ゲームの説明を見る

真説・夢見館 扉の奥に誰かが…

メガCDにて発売された『夢見館の物語』の続編。ジャンルはアドベンチャーゲーム。閉鎖された館の中を主人公視点で移動し、会話と探索を直感的に行っていくという、前作と同じシステムを採用。前作との違いとして、特殊なイベントを除き映像は3Dポリゴンにより描画され、キャラクターの顔グラフィックが表示されるようになった。また、感情入力システムという、コマンド選択ではない、独特な物語の分岐システムを採用している。

ゲームの説明を見る

月花霧幻譚 TORICO

『夢見館の物語』、『真説・夢見館 扉の奥に誰かが…』に続くシリーズ三作目。外伝的な位置づけの作品であり、旧作の登場人物の多くや舞台となった狩人の館は登場せず、前二作とストーリーの関連は薄い。シリーズ中の時間軸上では第一作目より前の時代の物語にあたる。3Dポリゴンで描かれた街を移動し、情報を集め「月の街」への道を探索するゲームである。現世を舞台とした凶兆編と、異世界を舞台とした崩壊編に分かれている。

ゲームの説明を見る

ゲーム関連動画

真説・夢見館 扉の奥に誰かが…の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!真説・夢見館 扉の奥に誰かが…の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

セガサターン(SS)売上ランキング

最終更新日:2024年1月7日 PR