ゲーム概要

セガより発売されたドラマチックアドベンチャーゲーム。CESA大賞’96 年間作品部門 大賞受賞。ゲーム全体は全10話からなるストーリーで構成されており、各話の終了時には次回予告ムービーが流れるなど、テレビアニメを意識した作りになっている。各話は花組隊員たちとの会話を行うアドベンチャーパートと、霊子甲冑を指揮して戦う戦闘パートから構成され、中盤以降はそれぞれが複数回交互に繰り返される。

プレイ画面

サクラ大戦|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
サクラ大戦|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
サクラ大戦|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
サクラ大戦|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるセガ様が権利を所有しています。
© セガ All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★5.0

    エミュレーターにて無事クリア

    サクラ大戦の記念すべき一作目。という割にはレビューが意外に少ないですね。
    PSPでは1作目と2作目が1つのソフトに収録されているので、これが原点とはいえ今更セガサターンで遊ぶ人間はいないのでしょう。
    かくいう自分もサターン実機を持ってないのですが、その代わりエミュレーターを用いて攻略本片手にPC上でプレイしました。
    このサターンソフト自体はレトロゲームコーナーでも比較的安くかつ簡単に(2も同様に)手に入れることが可能です。
    無事クリアしての感想ですが、名作と言われるだけあって作りが実に丁寧です。
    キャラクターが話すときは口が動き、まばたきもするのでキャラクターに生命を吹き込もうとする製作者のこだわりがみてとれます。
    キャラクターのプレイヤー(隊長である大神一郎)に対する好感度に関係する会話の選択肢に時間制限を設けているのが何といってもこの作品の特徴といえるでしょう。早く答えたほうが良い場合もあるし、時には時間終了直前に最良の選択肢が現われたりするので、会話自体がミニゲームのような楽しさがありプレイヤーを飽きさせません。
    また話が終わるごとに次回予告があり、連続活劇風味になっていて楽しい気分にさせてくれます。これもまた飽きることなく物語の先へとプレイヤーをいざなう上手い工夫といえます。
    そして各キャラクターごとにミニゲームまであり(それは特定の期間内にキャラクターと出会うことで発生します)、それはクリア後の世界でも遊べるようになっています。子供隊員であるアイリスのパネル方式の着せ替えゲームが特に笑えますが、一番本格的なのは何といっても花札の「こいこい」でしょう。クリア後にはキャラクター達とのこいこい大会を楽しむことが出来ます。
    つまりこのゲームはいわば様々な遊びが盛り込まれた遊園地のようなものといえるでしょう。本筋以外の要素がてんこ盛りなのです。
    本筋はといえば帝都壊滅をたくらむ悪の組織と戦闘する伝奇風シミュレーションRPGということになりますが、戦闘そのものは決して難しいものではないのでこの手のゲームの初心者も安心してできますし、その基本的な世界観がまた実に魅力的です。個人的に「サクラ大戦の魅力は何か」と問われれば第一にくるのはやはり「大正浪漫」でしょう。また劇場の世界(宝塚がモデル)が主たる舞台ですので基本的に世界観が華やかであり、そのようなロマンティックな作品世界を構築したことが多くのファンを惹きつけた要因なのでしょう。ちなみにエミュレーターだとPCに画像が保存できますので、そのアートな世界をより楽しむことが可能です。
    女性隊員との恋愛ものとして楽しむ人もいるでしょうが、個人的にいうならキャラクターたちは基本的に性的魅力のあるタイプではありません。色気はほぼ皆無といえます。ただ親しみやすいキャラクターなので、個人的な関係を深めていくことはもちろん楽しく感じるでしょう。
    また作品世界を豊かに彩る田中公平氏の音楽もこの作品には欠かせないものです。戦闘場面の音楽が特にお気に入りで、より壮大にオーケストレーションされたTVアニメ版のスコアをよく聴いています。この作品は音楽的にも広く展開され、多くのCDが発売されています。
    この楽しい和風テーマパークで大正浪漫の一時の夢を味わいたい方に、是非この名作をお勧めしたいと思います。

  • ★★★★★5.0

    田中公平先生の音楽が良い!!

    音楽だけではないんですけど(笑)。
    弟が遊んで
    いたのを見て、「どうせ「ときメモ」のパクリみたいなのでしょ??」とバカにしていた私のほうがハマった(ハメられた?)。
    一話終わる毎の「次回予告」みたいのがすごく楽しみでしたね。
    一話がちょうど1?2時間で完結するのでちょうどいい長さですし。
    戦闘パートも簡単だから、シミュレーション苦手な私でも楽しめました。
    でも、女の子全員のご機嫌を取らないと戦闘パートにひびくのがちょっとツラかったかな??八方美人なのはどうかと…。
    女の子の人数も、6人で丁度いいです。
    これ以上多くなると、全員のエンディング見る気も失せる。
    しんどくなったらもはやゲームでないですよね。
    でも、やっぱりサクラはサターンの専売特許であってほしかった。
    PSが嫌いなわけじゃないけど。
    いろいろ足りない部分もあったけど、サクラ大戦はSS版の「1」が一番好きです。

  • ★★★★★5.0

    すっとんだ内容も魅力

    サクラ大戦はすっとんだ内容も魅力の一つかなぁと、私は思います。

    他のゲームではプレイヤーが冷めてしまうような展開であっても、サクラ大戦では素敵な音楽とキャラクターに引き込まれて…むしろ燃えるんです。そしてサクラ大戦の世界にどっぷりはまっちゃいます。

    ヒロインたちのご機嫌とりが面倒だったりしますが、難しいゲームではないので、ぜひいろんな人に気軽にやってもらいたいです。

  • ★★★★★5.0

    アイリスかわいいよ、アイリス

    アイリスかわいすぎ!!。こんな可愛い子は、3次元にはまずいないだろう。これを初めてプレイしたのは1997年くらいで、当時いじめられいて、自分だけ何日も会社に泊まって徹夜させられたりしたが、自宅に帰れば、真っ先にセガサターンの電源をいれた。アイリスは本当の天使。

  • ★★★★4.0

    中間管理職ゲームです。隊員の機嫌を取るのが辛い。

    今でも続く人気作の歴史に残る一作目。
    これはギャルゲーではありません。ドリマガで好きなギャルゲー30にランクインしなかったぐらい。結構硬派なゲームです。
    戦闘が楽しくない。(これは続編で解消)テンポが悪い。
    「だいなあいらん」と比べると結構低コストタイトル。
    中間管理職ゲームであり、隊員の機嫌を取らなくてはならず、何でアホなアイリスの機嫌をとらなあかんのじゃーとか結構腹が立ち、私はあまり楽しくは遊べませんでした。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

サクラ大戦の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!サクラ大戦の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

セガサターン(SS)売上ランキング