デュアルヒーローズ|ハドソン|ニンテンドー64

デュアルヒーローズ

ニンテンドー64 > アクション
管理番号
:B000069U2L
発売日
:1997年12月05日
メーカー
ハドソン
定価(税抜)
6,980
ハドソンより1997年12月5日にニンテンドウ64(NINTENDO64)用ソフトとして発売された対戦格闘アクションゲーム。特撮映画の鬼才・雨宮慶太氏がゲーム開発ではじめて監督を担当。プレイヤーはバーチャルゲーマーとなって、荒廃した未来の地球を舞台に繰り広げられる対戦ゲームに挑むという内容。個性と戦闘スライルが異なる8人のバーチャルキャラを操って、ゲームの中に存在するAIキャラと対戦していく。
デュアルヒーローズ|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
デュアルヒーローズ|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
デュアルヒーローズ|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
デュアルヒーローズ|ハドソン|ニンテンドー64のゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるハドソン様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    個人的に最も面白い格闘ゲーム

    NINTENDO64の3D格闘ゲームです。

    監督は牙狼<GARO>でお馴染みの雨宮啓太さん。ゲーマー対戦モードに出てくるバーチャルゲーマーのイラストを寺田克也さん。キャラクターイラスト、ステージのイメージイラストを山下しゅんやさんが担当していらっしゃいます。神様ばかりですね。

    ≪良い点≫
    ・コンボがサクサク決まって爽快。当時小学校に入って間もない私でも次々とコンボが決まり、嬉しかったのを覚えています。CPUが使ってくる10〜15連発のコンボもCPU専用というわけでは無く、使うことができます。
    ・操作性も悪くないしラスボスが反則的に強いとかが無いので、ゲームシステム、ゲームバランス共にしっかりしている。(少しCPUが弱い気もしますが・・・)
    ・世界観、キャラクターデザイン、特に音楽。最高です。

    ≪悪い点≫
    ・ポリゴンが粗い。
    ・CPUの頭が弱い。勝手に場外に落ちたりします。
    ・キャラクターの声が同じ&少ない。バーチャルゲーマーはあんなに喋るのに・・・
    ・ファンブックに載っていた企画段階のステージギミック、エンディング案など、とても魅力なのに容量の関係でお蔵入り。

    悪い点については当時の技術や容量の少なさによるものなので、ハドソンさんには是非PS3あたりでリメイクして欲しいですね。そうすればヒット間違いなし?

    超駄文ですが、このゲームの魅力が少しでも伝われば幸いです。

  • ★★

    変な格ゲー

    このゲームは戦隊物のヒーローのような格好をした人たちが戦うゲームです。
    内容は対戦モードやAIモードなど結構充実してますが、個人的には変な格ゲーだと思いました。
    理由はまずキャラクターなのですが皆ダサい格好をしていて、声も皆同じで、壁の無いステージで外に落ちると「ウワーー」とマヌケな声を発しながら落下します。
    それとゲーマー対戦というモードなのですが顔の青い人や怪しいオッサンなどとにかく変な人ばかり出ます。
    ほかには技はほとんど単発でCPUだけ15連発近くのコンボができたりとゲームのバランスもおかしいです。
    個人的には変な格ゲーだと思いましたが、ゲームとしてはそれなりなので星2つ

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。