• 駿河屋
  • 楽天市場
楽天市場
ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ|エニックス|ニンテンドー64

ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ

ニンテンドー64 > アクション
発売日
:1997年06月27日
メーカー
エニックス
定価
8,900
エニックスより1997年6月27日にニンテンドウ64(NINTENDO64)用ソフトとして発売された。ユニークな星「ねんどろ星」で繰り広げられるアウションゲーム。敵の「ねんどろ」や、周辺にある物を掴んで振って投げるのが基本的な攻撃方法となるが、このアクションが多彩で、ステージごとのステージごとの仕掛けも豊富に用意されている。ステージ内のどこかに隠された黄緑色の星をつかめばステージクリアとなる。
ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ|エニックス|ニンテンドー64のゲーム画面
ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ|エニックス|ニンテンドー64のゲーム画面
ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ|エニックス|ニンテンドー64のゲーム画面
ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ|エニックス|ニンテンドー64のゲーム画面
このゲームの攻略サイトを検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるエニックス様に帰属します。

関連動画

ゆけゆけ!!トラブルメーカーズの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    神ゲー!ぜひ遊んでみてほしい

    敵の「ねんどろ」や、そのほか色々なものをつかんで、ふりふりしたり投げたりするのですが、このアクションが多彩で、ステージごとの仕掛けも豊富で、非常によくできています。N64で絶対におさえておきたいソフトの1つです。

  • ★★★★★

    隠れた良作。

    64では珍しい、限り無く2Dな横スクロールアクション。
    敵を「掴む」「振る」「投げる」と、一見簡単な操作で進めるがその他にも多彩なアクションがあるので幅広く楽しむことが出来る。
    そして単なるステージクリア型のアクションではなく、しっかりやり込める要素も多く含まれる。
    一面クリアすると、クリアした時間とそれに見合うランクがSやAで評価される。
    更にステージに必ず一つだけある、「イエロークリスタル」 これは一面に一つだけあるコインのようなもので、あとに行く程取るのが非常に困難になってくる。
    これを本編のストーリーを楽しみながら、探すのが面白い。
    セーブはオートでされ、いつでも何回でも同じ面を遊べるので、じっくりやり込む事ができる。
    だが、そのやり込む事の要素は単なる一環にすぎないし、純粋にアクションだけを見てもよく作りこまれている。
    基本は2Dアクションとして横に進むが、背景や敵などが上手く立体的になっており、それにより新鮮な感覚で楽しめた。
    今なら千円以内で購入できるので、是非購入をお勧めします。
    やればやる程面白く、ハマっていく感じです。
    64を持っているなら一度やってみて欲しいソフトです。

  • ★★★★★

    トレジャーのN64初作品

    トレジャー作品で今も私的に不動の一位の作品です。
    主人公はメイドロボ・マリナ。博士が「ねんどろ」と呼ばれる奴らに誘拐されたところから物語は始まります。
    トレジャーのお家芸、アクションの奥深さと緻密さは健在。
    マリナはまさしく全てのものを「掴む」事が出来、ボスさえも掴みます。
    掴んだものを投げて攻撃したりは勿論ですが、対象を振る事も出来ます。
    振ればアイテムが出て来たり、対象が巨大化したりと、色々なアクションが起こります。
    それによってボス等の倒し方を考え、実行するまでの課程がとにかく面白い!
    操作に慣れてくれば、他のアクションゲームには無い爽快感が得られます。
    トレジャーではお馴染みの憎めない敵キャラ(今回は特にそれが顕著)が繰り広げるドタバタは、見ていて癒しさえ感じられます(笑
    お笑いだけで終わらぬ硬派な展開等、盛り沢山な内容。
    各ステージ毎に隠しアイテムがあり、その数によってエンディングが変化します。
    当然ながら、中盤以降からその獲得が難しくなってきます。
    更に、ステージクリアの時間によってランクが上下し、どうすれば早くなるか・・・パズル的要素もあり、繰り返しのプレイでも飽きません。
    やり込む程に奥深く、やり込む程にこの作品の世界にのめり込みます。
    是非。

  • ★★★★

    エニックスの作品では一番好き!

    精緻な3Dポリゴン描写が売りだった64対応としては異色の、横スクロールアクションゲーム。
    ステージ数がわりと乏しい印象だし、アクションや謎解きも、こだわり派にはちょっと中途半端。
    でも、ヒロインの”戦うメイドロボ”マリナ・ナゲットと彼女を作った博士の、ほんわかとしてコミカルな掛け合いを見るだけで満足することが出来る、心豊かになる作品。

  • ★★★★

    シンプル故に奥深い

    懐かしいですね。
    もう10年以上になるのか。
    続編も出ず今はこの手のゲームが無いのは少し残念です。
    掴んで投げる。
    これがこのゲームの基本であり真髄です。こ
    れ以上も以下もありません。
    なんでも掴み投げます。
    雑魚だろうが、ボスだろうが、武器だろうが、レーザーだろうが、ボタンもほぼ一つだけでOK。
    やりこみ要素も深く、真エンディングまでの道のりはかなり難しいです。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ニンテンドー64売上ランキング