• 新・忍伝|セガ|セガサターン (SS)
  • 新・忍伝|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • 新・忍伝|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • 新・忍伝|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • 新・忍伝|セガ|セガサターン (SS)のゲーム画面

ゲーム概要

セガより1995年6月30日にセガサターン用ソフトとして発売された横スクロールアクションゲーム。『忍』シリーズの一作となる。キャラクターのアクションや背景グラフィックに、実写取り込みを使用している点が本作最大の特徴となる。さらにCDロムの大容量を生かし、ステージの間には実写ムービーによるストーリーシーンが挿入される。これにより、一連の『忍』シリーズとはまったく印象が異なる作品となっている。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるセガ様が権利を所有しています。
© 1995 セガ All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★ 4.0

    見た目に騙されちゃダメ、ちゃんとしたニンジャゲームです。

    ショウは全く忍んでないアメリカンニンジャ、だけどゲームはきちんとニンジャゲームしてます。
    相手の飛び道具は基本弾き返し、防御する相手にはジャンプ動作した瞬間に上斬り、正攻法だとダメだった相手にジャンプ下斬り等々、初見は辛いが何度もプレイすると上達が目に見えて実感出来る。
    古臭いスタイルとも思うがそれがアクションゲームでは重要だと僕は思う、ユルい難易度だとすぐ辞めちゃうし難し過ぎたら投げ出しちゃうものだ。
    新忍伝はそこが絶妙で、最初は辛いけど上手く行った時はあれだけ鼻についた実写ショウがカッコイイ!そしてオレ上手い!と本当に実感できる時がある(笑)。
    ネタにしかならなそうな実写ムービーも俳優さん達は至極真面目に演技されてるので、何度もプレイしていると実写ショウに愛着も湧く。
    アクション時の実写もドットアニメよりは違和感のある時がある程度で、敵の死に方や斬られ方にもバリエーションがありこだわりを感じる。
    総じて実写=おふざけ、シュールネタと思われるかもしれないが実際プレイし始めるとダサいショウと毘沙門天に苦笑していたのがいつの間にか真剣にプレイしてました、負けました!
    サターン持っててアクション好きなら食わず嫌いで避けるにはもったいない良いソフトです。

  • ★★★ ★★ 3.0

    奥義・毘沙門〜って

    一昔前テイストの実写OPは、いろんな意味でかなり白熱します。
    主人公のショウ様の衣装はカラフルすぎて忍者とは思えません(笑)
    横スクロールで案外サクサク進むことができるので、意外とストレスは溜まらないですね。
    ただ後半に行くにつれて、敵が強くなりすぎるのはキビシイですが…。
    結構いい作品なので、PSPあたりでリメイク出して欲しいですね。

  • ★★★★★ 5.0

    アクション部分もムービー部分も最高♪♪

    ジャンルは2Dアクション。
    オーソドックスな横スクロールタイプ。
    このゲームは実写なんだけど、普通、実写のアクションというと操作性の悪さを思い浮かべるかもしれないが、このゲームの操作性は全く悪くない。むしろ良い!
    出てくる敵も個性的だし、難易度もステージが進むにつれて徐々に難しくなっていくので良い!!
    ステージとステージの合間に実写ムービーも挿入される。
    ものすごくマイナーなゲームだけど、質はすごく良いので超オススメ!!

  • ★★★★★ 5.0

    セガサターン最高峰の2Dアクションゲーム

    すばらしいアクションゲームです。
    セガサターンをお持ちでしたら是非とも手に取っていただきたい。
    実写そして演技。
    これで毛嫌いしてはもったいないです。
    実写も演技も味があり、みんなでわいわいと楽しみながらプレイできます。
    私が学生の頃、ストーリームービーを観たいがために、友達は一生懸命私の部屋で遊んでいました。
    なぜなら、その友達がカズマと瓜二つだったからです。
    そっくりでした。
    考え方、行動、態度、発言などが。だから共感できたのでしょう・・・・。
    とにかく、サターンをお持ちでしたら遊んで欲しいゲームです。

  • ★★★ ★★ 3.0

    名作!ただ、、、

    出てくるキャラクターが実写の横スクロールアクション。

    刀で斬りつけたり手裏剣を投げて妖怪などを倒していく。

    操作性も抜群、テンポ良く進むしストーリーも良い。

    ただ、ラストステージでゲームバランスを無視しているのでこの評価。

    けど面白さで言えばサターン最高のアクションゲームかも。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

関連ゲーム

忍 SHINOBI(ゴールドカートリッジ)

セガより1988年6月19日にセガマーク3用ソフトとして発売されたアクションゲーム。アーケードからの移植作品。敵に囚われている子供を救出しながらボスを倒すのが目的となる。子供は無視して進んでもクリアできるが、救出するとライフゲージが増えたり、回復したり、武器が増えたりといったメリットがある。また、特定の子供を救出しているとシーン最後まで進んだ時にボーナスステージがプレイできる。

ゲームの説明を見る

忍 SHINOBI(ヒューカード専用)

アスミックより1989年12月8日にPCエンジン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。アーケードからの移植作。敵に囚われている子供を救出しながらボスを倒すのが目的となる。PCE版ではアーケード版にあった制限時間及び残りタイムボーナスを廃止している。また、数人の敵キャラクターが削除されているが、銃忍ガンの色違いで攻撃を2回当てないと倒せない「銃忍ガン2」や「黒忍者」と「白忍者」が追加されている。

ゲームの説明を見る

ザ・スーパー忍

セガより1989年12月2日にメガドライブ用ソフトとして発売されたアクションゲーム。主人公の忍ムサシは木刀や手裏剣で次々に現れる敵を倒していく。敵と離れていると手裏剣、近ければ刀での攻撃になる。手裏剣は持てる数に制限があるが、アイテムを取ることで数を増やすことができる。本作には初期版と後期版があり、ボスキャラクター等、一部のキャラクターが差し替えらえている。

ゲームの説明を見る

ザ・スーパー忍2

セガより1993年7月23日にメガドライブ用ソフトとして発売されたアクションゲーム。世界支配をもくろむ悪のシンジケート「NEO ZEED」の野望を阻止するため、正義の忍、ジョー・ムサシの戦いを描いたゲーム作品となる。NEO ZEEDには、忍者、軍隊、生体兵器、機動メカといった様々な敵が登場、ムサシの行く手を阻む。本作ではダッシュや三角飛びが使えるようになっている。全7ラウンドで構成されている。

ゲームの説明を見る

シャドーダンサー

セガより1990年12月1日にメガドライブ用ソフトとして発売されたアクションゲーム。横スクロールニンジャアクションゲーム「忍 SHINOBI」の続編となる。アーケードからの移植作品だが、メガドライブ版は忍犬の存在、一発死等、基本的なシステムは変わらないが、ステージ構成が別物となっているので、移植というよりは姉妹作といえる。各ステージに捕らわれている民間人を全て救出すればクリアとなる。

ゲームの説明を見る

忍 Shinobi

セガより2002年12月5日にプレイステーション2用ソフトとして発売されたアクションゲーム。ドラマとスピードが融合したハイスピード殺陣アクションで、21世紀初頭、突然の大地震により壊滅した首都・東京を舞台に、主人公・秀真(ほつま)と謎の怪生物=式神との戦いを描く。宙を駆け、壁を走り、残像によって敵を欺き、瞬時に敵の背後に回りこむ。躍動感と疾走感にあふれた忍vs忍のバトルを繰り広げる。

ゲームの説明を見る

ゲーム関連動画

新・忍伝の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!新・忍伝の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

セガサターン(SS)売上ランキング

最終更新日:2024年2月10日 PR