• 駿河屋
  • ゲオ
  • VALVE INDEX
  • 楽天市場
VALVE INDEX楽天市場ゲオ

ゲーム概要

アイマックスより1996年8月9日にセガサターン用ソフトとして発売されたサイバーパンク風の世界観を舞台にしたRPG。イラストレーターの韮沢靖氏がキャラクターのデザインを担当。その濃厚な世界観とストーリーが魅力で、今でも密かに高い人気を持つゲームである。作曲は当時アイマックスに所属していた石井吉幸氏と安藤童太氏が担当。音楽の評価はとても高い。

プレイ画面

サイバードール|アイマックス|セガサターンのゲーム画面
サイバードール|アイマックス|セガサターンのゲーム画面
サイバードール|アイマックス|セガサターンのゲーム画面
サイバードール|アイマックス|セガサターンのゲーム画面

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるアイマックス様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    18歳以上推奨ソフト

    世界観がダークで世紀末感が漂っていて独特であるということやRPGと言えば複数のパーティーで行動するパターンが多いが、自分の各パーツをそれぞれ独立してHP化しているため、最後まで主人公一人で行動しても違和感が無いという点は独創的で評価出来ると思います。
    シナリオも一章ごとの長さが短すぎず長すぎずでちょうど良いかなと思いました。

    しかし、全16章を30時間を掛けてようやくEDまでこぎつけたものの、そのEDが謎でどう解釈して良いのかわからないものであったので脱力感がクリア後に生じてしまいました。
    また、キャラの顔がムービー以外(そのムービーもOPとEDのみ)ぼかされていてわからないので、いまいち感情移入が出来ませんでした。世界観が良かっただけにそこは残念に思いました。

  • ★★★★★

    たまに無性にやりたくなる3回以上クリアしたRPG

    ステータスは武器の装備変更と武器を使いこむことと敵を倒して、手に入ったパーツに換装することで上げることができる。
    武器は三種類あり武器によって攻撃できる距離が違うため敵との距離によって使う武器を選ばなければならない。
    使いこむとその武器の熟練度が上がり一定値になると武器を扱うLvが上がる。

    パーツ換装ではHP・格闘攻撃力・防御力・素早さそして重量(体重)までが上がっていくという作りこみ。
    換装可能パーツは全十二ヵ所なのですべてのパーツを集めるというパーツコレクター的な楽しみ方もあります。

    敵が出現したとき攻撃を五ヵ所の部位(頭・身体・右腕・左腕・脚)のうち一ヵ所か各部位をランダムにか部位全体を攻撃する武器を選択する。
    装備してる武器と敵との距離によっては攻撃できないのでその場合は距離を詰める必要がある。
    五ヵ所それぞれにHPが設定されており頭か身体を破壊すれば倒せる。

    敵を倒したあと破壊してない部位のパーツがランダムで二つ手に入るようになっており、欲しいパーツがある場合はそのパーツがある部位以外を精密射撃か格闘攻撃をする必要がある。

    面倒なのは頭のパーツが欲しい時は体を破壊するしかないのですが、体のHPは他の部位より高いため倒すのに時間がかかることと英語表記が沢山あるので英語が苦手な人は慣れるまでの間、説明書を見ながらプレイすることになります。

    ですがその面倒な部分を相殺しそれ以上の魅力が世界観・ゲームシステムなどにあるので個人的にかなり気に入ってるRPGの一つです。

    続編を今も待ってたのですが作った会社が倒産してたのはこのレビューを書いた日に知りました。

    ……どこか続編作ってくれないかな。

  • ★★★★

    サイバーパンクに徹したRPG

    近未来の世界を舞台にしたRPGで、珍しい『18歳以上推奨』の但し書きが付いていますが、別にヌードが見られるわけではありません。

    このゲームは、物語設定といい、キャラデザインといい、音楽といい、登場人物のセリフに至るまで「サイバーパンクとはこういうものだ!」と言わんばかりにとことんサイバーにこだわったつくりになっています。特に、メカと人体が融合した不気味な敵キャラ(ゲームではDV(Dark Visitor)と呼ばれている)は特徴的で、『プッ○ーキャット』だの『フィスト○ァッカー』などというとんでもないネーミングもさることながら、戦闘シーンでは、体のあちこちから弾丸を放ち、ビームを撃ち、タンのような爆弾を浴びせかけとやりたい放題の攻撃を見せてくれます。

    こういったサイバーな世界が好きな人にとっては、こたえられないRPGでしょう。効果音も、やられたときの爆発も派手で、ストレス解消にもいいかも知れません。

    ただ、これだけサイバーな世界を展開してくれているのに、最終ボスの目的がちっともサイバーでないのが気に入らなかったのと、最後の戦闘の結末がすっきりしなかったのとから、星1つ減としました。まさかこんな個人的な目的だったとは!ここはやはり、「全世界の人間どもを残らず機械化して操ってやる」くらいの野望があってしかるべきだったと思います。

    こうなると、続編に期待したいところですが、・・・アイマックスって倒産してしまったんです。残念!!

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ゲーム関連動画

サイバードールの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!サイバードールの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

セガサターン売上ランキング