ドラゴンボールZ 真武闘伝|バンダイ|セガサターン

ドラゴンボールZ 真武闘伝

セガサターン > アクション
管理番号
:B000069RZY
発売日
:1995年11月17日
メーカー
バンダイ
定価(税抜)
6,800
バンダイより1995年11月17日にセガサターン用ソフトとして発売された対戦格闘アクションゲーム。
ドラゴンボールZ 真武闘伝|バンダイ|セガサターンのゲーム画面
ドラゴンボールZ 真武闘伝|バンダイ|セガサターンのゲーム画面
ドラゴンボールZ 真武闘伝|バンダイ|セガサターンのゲーム画面
ドラゴンボールZ 真武闘伝|バンダイ|セガサターンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるバンダイ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    思ったより面白い!

    「2017年」この20年前のゲームをやっているけどまだ楽しい!
    私はドラゴンボールのファンなのでこのシリーズのゲームを全部集まっている。
    これは90代の最高のドラゴンボールゲームだと思う。オススメ!

  • ★★★★★

    まるで、アニメ動画

    2Dに優れているサターンの機能を、フルに活かした格闘アクションゲーム。
    セル画完全撮り込みで、27人のキャラ(Zの主要キャラ総動員)も背景も、迫真の2Dです。
    まるで、アニメ動画を観てるようなバトル画面!!
    武闘伝シリーズ初の「団体戦モード」や、戦士の勝敗を賭けてゼニーを稼ぐ「Mr.サタンモード」もあり、1人でも十二分に楽しめる内容。
    敢えて3Dにしなかった、当時のバンダイに、感服する一本です!!

  • ★★★

    PS版より良い

    PSのアルティメットバトル22と多少違いがあれど同内容と言っていいです。

    こっちの方がモードが多いしPS版の隠しキャラ(スーパーサイヤ人3の悟空とか)が最初から出ているのでお得です。

  • ★★★★

    ドラゴンボールの格闘ゲーム

    ドラゴンボールの格闘ゲーム。

    背景は、ポリゴンではなく、ドットで描かれた2Dステージ。
    距離が離れると画面が縦分割されるデュアルスクリーンシステムを採用。
    …などなどスーパーファミコンの超武闘伝シリーズの正当後継作品となっている。

    また、擬似3D空間を作る演出もある。
    この辺りは、当時の技術力で、3Dを表現しようとした苦肉の策であって、今見ると、微笑ましくも思える。

    全体的にアニメ版を意識して、丁寧に作られていると思う。
    もっとも、動きがゆっくりしすぎであり、まるで水中に居るような印象すら受ける…。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。