トライアングル・アゲイン2|キキ|Xbox

トライアングル・アゲイン2

Xbox > アドベンチャー
管理番号
:B000070G1R
発売日
:2002年12月19日
メーカー
キキ
定価(税抜)
6,800
「トライアングル・アゲイン」の続編。歌手としてデビューした主人公が、才能を開花させ頂点を目指していくアドベンチャーゲーム。物語の途中でプレイヤーが選択するテキストや音の聞き分けなどによって、ストーリー展開や楽曲が変化していく。
トライアングル・アゲイン2|キキ|Xboxのゲーム画面
トライアングル・アゲイン2|キキ|Xboxのゲーム画面
トライアングル・アゲイン2|キキ|Xboxのゲーム画面
トライアングル・アゲイン2|キキ|Xboxのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるキキ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★

    デジタルコミックを見ているような感じ。

    まず前作を私は遊んだ事が無かったので内容を知らなかったのですが
    てっきり文章を読んでストーリーを進めるギャルゲーだと思っていました。
    内容はデジタルコミックみたいな感じでアニメーションを繋いだような感じです。
    プレステで過去に出ていたやるドラを思い出しました。

    ただそれにしてもストーリーが薄いというしかありません。
    初めて遊んだ時は30分ぐらいで終わってしまってびっくりしました。
    まあ流石にボリュームはそれだけではありませんでしたが他の分岐のストーリーも1時間ぐらいで終わってしまうのでやっぱり内容は薄いです。

    ストーリーは主役が少女なのでなんとなく少女マンガを彷彿とさせます。
    歌に力を入れようでボーカル付きの曲が数曲あるのですがクリアしてもサウンドテストとかありません。
    説明書にCDの広告があるのでそれを買わせる為に無いんだと思います。

    私は中古100円で買ったのでそれほどダメージはありませんけど新品で買った人は結構ガッカリしたんじゃないですかね?
    声優さんとかグラフィックのクオリティーなんかは良いと思うんですが肝心のストーリーがイマイチ興味が持てなくて面白く無かったです。

  • ★★★

    アニメ・曲(歌)は◎

    前作に比べると、選択肢は多くなっているものの、後半の方になると見ているだけと言う感じになっている。
    プレイヤーがゲームのキャラと共感することは、まず無い。
    第三者(アニメ)から見ている感じなので、一般の恋愛物のゲームとは、また違った感じがする。
    アニメと曲(歌)が主なので、そのあたりは満点とも言える。
    こちら側も、全ての曲を聴きたいと思い、やり込む要素もあると言える。
    声優陣にいたっても、豪華。
    ただ、ストーリーのタイプが少ない上に、短めなので、よく似たエンディングが多々あり、幾つかの矛盾も生じている。
    全てのエンディングが一つになっている感じ。 

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

関連ゲーム

トライアングル・アゲイン

トライアングル・アゲイン

『ダブルキャスト』や『スキャンダル』など、「やるドラ」シリーズをプロデュースした東郷光宏が手がけたアドベンチャーゲーム。ゲームはアニメーションを見ているかのように進...

ゲームの説明を見る