トライアングル・アゲイン|キキ|Xbox

トライアングル・アゲイン

Xbox > アドベンチャー
管理番号
:B000065UOF
発売日
:2002年06月27日
メーカー
キキ
定価(税抜)
6,800
『ダブルキャスト』や『スキャンダル』など、「やるドラ」シリーズをプロデュースした東郷光宏が手がけたアドベンチャーゲーム。ゲームはアニメーションを見ているかのように進行していく。途中に出てくる選択肢の中からひとつを選んでいきながら物語を楽しむというシステム。物語は、主人公の歌手デビューから栄光をつかむまでの軌跡が描かれており、主人公が歌う楽曲の選択もプレイヤー自身が選ぶことになる。
トライアングル・アゲイン|キキ|Xboxのゲーム画面
トライアングル・アゲイン|キキ|Xboxのゲーム画面
トライアングル・アゲイン|キキ|Xboxのゲーム画面
トライアングル・アゲイン|キキ|Xboxのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるキキ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    どちらかというと女の子向けかな?

    主人公である灯(あかり)(の性格)をどう演じるかによって、微妙な変化が生じてきます。デビュー曲(3種類?)が変わります。
    エンディングがいくつか用意されており、大した差はないように思えますが、エンディングにある第3章の予告を見た所によると、次回作あたりから分岐とシナリオ展開に差が出始めるものと思われます。
    場面の展開もドラマチックな展開になっていると思います(このあたりは少女漫画的なノリなのかな?)。
    絶対的な販売本数と、強力なスタッフ陣を考えると、このぐらいの値段では仕方ないのかもしれませんね。(赤字ではないのか?)
    選択肢の少なさとボリュームの少なさは確かに気になります。
    最初から最後まで流していくと、大体50分程度要します。一度見たシーンを飛ばせば、最短5分という所です。
    ゲーム中の読み込み待ちが皆無なので、非常に快適です。リプレイ中のアイコンが消せればもっといいのですが……。

  • ★★★

    トライアングル

    このゲームの概要は「16歳の少女蓼科灯(主人公)が、複雑な人間模様が交錯する中、音楽の才能を開花させ音楽業界へとデビューしていく。」というものだが、プレイしてみて”複雑な人間模様が交錯する”こともなくゲームが終了してしまった気がする。ゲームと音楽を融合させるといった斬新な発想はよいが、中身がお粗末では困る。
    グラフィックに関しては確かにきれいなのだが、意外と使い回しが目立った。ストーリーはほぼ一本道のうえ、エンディングも似たり寄ったりが9つ。コンプリートも2時間もあればできてしまう。価格の割にはボリュームが少ない気がした。
    いろんな謎や複雑な人間模様については続編に語られることを祈りたい。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

関連ゲーム

トライアングル・アゲイン2

トライアングル・アゲイン2

「トライアングル・アゲイン」の続編。歌手としてデビューした主人公が、才能を開花させ頂点を目指していくアドベンチャーゲーム。物語の途中でプレイヤーが選択するテキストや...

ゲームの説明を見る