人造人間ハカイダー ラストジャッジメント|セガ|セガサターン

人造人間ハカイダー ラストジャッジメント

セガサターン > シューティング
管理番号
:B000069T7S
発売日
:1996年12月27日
メーカー
セガ
定価(税抜)
6,800
東映スーパーヒーローフェアの一環として1995年4月15日に公開された特撮映画『人造人間ハカイダー』のゲーム作品。本作は映画版の続編となる。ハカイダーがグルジェフとミカエルを倒し、その戦いから10年。ジーザスタウンの新たな支配者ギルに従うことを拒否したハカイダーは刺客ワルダーに敗れ、右腕を奪われる。予備の右腕を付けたハカイダーは、奪われた右腕と己の誇りを取り戻すために再びジーザスタウンへ向かう。
人造人間ハカイダー ラストジャッジメント|セガ|セガサターンのゲーム画面
人造人間ハカイダー ラストジャッジメント|セガ|セガサターンのゲーム画面
人造人間ハカイダー ラストジャッジメント|セガ|セガサターンのゲーム画面
人造人間ハカイダー ラストジャッジメント|セガ|セガサターンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるセガ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    映画版の続編

    本作は映画版『人造人間ハカイダー』の続編です。
    特撮版『キカイダー』でおなじみのビジンダー、ワルダーなど雨宮慶太のデザインで登場します。
    映画や雨宮デザインのファンならばそれだけで買う価値があるでしょう。
    しかしゲームの方は、いかにもやっつけで作った感がいなめず、あまりおすすめはできないです。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。