• ロックマン6 史上最大の戦い!!|カプコン|ファミコン (FC)
  • ロックマン6 史上最大の戦い!!|カプコン|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ロックマン6 史上最大の戦い!!|カプコン|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ロックマン6 史上最大の戦い!!|カプコン|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ロックマン6 史上最大の戦い!!|カプコン|ファミコン (FC)のゲーム画面

ロックマン6 史上最大の戦い!!

Rockman 6 Shijou Saidai no Tatakai!!
★★★★4.6(5件)
機種
ファミコン (FC)
ジャンル
アクション (ACT)
発売日
1993年11月5日
メーカー
カプコン
定価
7,800

ゲーム概要

カプコンより1993年11月5日にファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。ロックマンシリーズのファミコン最終作。ステージスタート時のボスキャラ紹介では全身とキャラクター名のほかステータスも表示される。また、ボス部屋が2つ存在するステージがある。隠しアイテムとして通常時に武器エネルギー回復アイテムをとると残存エネルギーの少ないものから順に回復してくれる「エネルギーバランサー」が登場する。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるカプコン様が権利を所有しています。
© 1993 カプコン All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★ 5.0

    ファミコン最終作。

    ロックマンシリーズのファミコン最終作の、横スクロールのアクションゲームです。
    相変わらず、安定して面白いです。

  • ★★★★ 4.0

    ラッシュと合体するロックマンの6作目

    ロックマン6はラッシュと合体できるのが特徴で、難易度は低いです。
    ラッシュと合体するとスライディングできなくなりますが、パワーロックマン・ジェットロックマンに変身できます。

    パワーロックマンに変身すると、ひびの入ったブロックを破壊することができます。
    サイバーガビョールも破壊できますが、ブリザードアタックが効きます。
    ジェットロックマンは、武器エネルギーを消費せずに空を飛ぶことができます。

    ウィンド→フレイム→ブリザード→プラント→トマホーク→ヤマト→ナイト→ケンタウロスの順で攻略するのがおすすめです。
    特殊武器なしで簡単に倒せるボスは、ウィンドマン・パワーピストン・Xクラッシャー・メカザウルスです。
    フレイムマン・トマホークマン・パワーピストンは特殊武器・E缶なしで戦うと強敵です。

    フレイムマン・タンクS2型はウィンドストーム
    ブリザードマンはフレイムブラスト
    プラントマン・メットンガ―Zはブリザードアタック
    トマホークマンはプラントバリア
    ヤマトマン・パワーピストン・ワイリーマシンはシルバートマホーク
    ナイトマンはヤマトスピア
    ケンタウロスマンはナイトクラッシャーが弱点武器です。

    好きなBGMはウィンドマンステージの曲です。

  • ★★★★ 4.0

    押さえておきたい人気アクションの入門作・・・

    とかく「難しい」と言われがちなロックマンシリーズですが、本作は下記のように難易度が抑えられているため比較的気軽にプレーできます。
    まず、ボスは動きがパターン化しており、ロックバスター溜め打ちだけでも結構良い勝負になります。
    道中も特定のボス打倒で得られるジェットロックマンの能力(数秒飛行可能)があれば楽に進行可能。

    もちろん、ボスごとの有効武器の見極めや、これまたすっかりパターン化した感のあるザコキャラの対処法、死んで覚えるコースの仕掛けといった、本シリーズプレー時にも生かせるロックマンならではの持ち味は健在で、ファミコン末期のタイトルのためグラフィックも美麗です。

    難易度が低いこと(さすがにマリオやカービィよりは難しいですが)、5と比較してのマンネリ感、梯子昇降時のスクロール速度低下から星4としましたが、それでも多くのタイトルがリリースされたシリーズのこと、今でも十分楽しめる良作です。
    シリーズ共通の「獲得した武器をうまく使い分けて進む」要素は、やはり楽しいですよ!

  • ★★★★★ 5.0

    予約したが当時入手困難だった作品

    ボスは応募された中で規模は国内のみならず海外まで及んだ作品。フランスでは作られなかった為欧米版のみでプレミアが付いて価格は日本円で2万円を超える。さて内容は前作(ニューロックバスター)・前々作(スーパーロックバスター)に引き続きチャージショット(ハイパーロックバスター)とスライディングがある。(今作でのチャージショットの形状は前作とほぼ同一だが溜め時間が短くなっていて威力は高めか)ボスはシリーズ恒例個性的な8体。だが特殊武器やチャージショットを使った時の効果音で通常の溜め無しロックバスターの音で統一されてる。気になる点はそれだけであるが難易度的には初心者には丁度良くBGMも実にいいタイトル。

  • ★★★★★ 5.0

    ロックマン最高傑作

    ロックマンシリーズで一番好きです。楽しくて何回やっても飽きません。音楽が最初から最後まで素晴らしいです。
    個人的にはシリーズ中最も気合いが入ってる作品だと思います。難易度が高過ぎず低過ぎずのバランスがいいので遊びやすいです。ボスキャラも個性豊か。
    オススメです。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

ロックマン6 史上最大の戦い!!の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!ロックマン6 史上最大の戦い!!の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ファミコン(FC)売上ランキング

最終更新日:2022年1月29日 PR