• ドラえもん|ハドソン|ファミコン (FC)
  • ドラえもん|ハドソン|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ドラえもん|ハドソン|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ドラえもん|ハドソン|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ドラえもん|ハドソン|ファミコン (FC)のゲーム画面

ゲーム概要

ハドソンより1986年12月12日にファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。誰もが知ってる大人気の『ドラえもん』をテーマにしたゲーム作品。ドラえもんを操作して、トップビューアクションの開拓編、シューティングステージの魔境編、サイドビューアクションの海底編の3つのワールドを突き進んでいく。原作同様に、たくさんのひみつ道具を駆使して、バラエティ豊かなステージをクリアしていこう。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるハドソン様が権利を所有しています。
© 1986 ハドソン All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★ 5.0

    この時代キャラゲーなのに神ゲーなのは珍しい!

    有名なステージセレクトのおかげで、運がいいと20分くらいでクリア出来てしまうのですが、真のエンディングは全面クリアが必至です。
    三つの面とも要素が違うのでかなり楽しめます!
    ラスボスのポセイドンは画面をぐるっと回ってうまく誘導して追っかけてきたところを画面の端で弾を打ち込むを5〜6回繰り返せばノーダメージでラクに倒せます!
    ランダムそうな動きに見えてパターンがありますから。
    ハドソンはこの頃はやはり神がった面白さのソフトを製作してましたね〜

  • ★★★★★ 5.0

    ファミコンでこれだけの高クオリティ!感動デス!

    普通、こうした大人気アニメのゲームというと駄目ゲームが多いのですが、このゲームは違います!ファミコンでこれだけの高クオリティゲームが作れるなんて!感動です、購入をして本当に良かったデス!プレイヤーが操作するのはどらえもん、のびた君や他の皆をタイムマシーンで救出をするといったストーリーなのですが、皆、本当によく似ていて特徴をとらえていて感心をしてしまいました。原作でお馴染み、どこでもドアやお取り寄せバックに空気砲、くぐりぬけロープなど多数の不思議道具も登場!音楽も素敵!、文句なしに大満足ソフトでしたー!

  • ★★★★★ 5.0

    三つ子の魂・・・。

    何度も遊びました!
    普通、この手のソフトは、「なんで、わざわざ隠しアイテムの場所なんか覚えないといけないの?」と、
    疑問に感じ、投げ出してしまうものですが、なぜかこれは、攻略本まで買って、職人のように腕を磨いたものでした。
    隠れた名作だと思っていたら、なんでも100万本も売れたとか・・・。
    慣れたら、3面通しても1時間も掛かりませんよ〜。
    ちなみに、もし自分が、当時のファ○通レビュアーだったら”9”点ですね。

  • ★★★★ 4.0

    キャラゲーだからバンダイ作かと思いきや、ハドソン作。だから駄作にならずに済んだのだ。

    キャラゲー好きの「バンダイ」が制作していたら、果たしてどうなっていただろうか?

    ・・・・・という疑念が今も心に渦巻くファミコン初期の「ドラえもん」を題材にしたアクションゲーム(シューティングもあり)です。
    制作は「バンダイ」ではなく「ハドソン」。

    ドラが戦う・・・という設定なら、やはり日常よりも「映画原作」の大長編だろう。
    と、言うわけで「宇宙開拓史」「大魔境」「海底鬼岩城」の3作品の世界観をそれぞれの面に上手く振り分けて、全3面というボリュームの無さを意識させない作りになっている。

    「宇宙開拓史」の1面は意外に簡単。
    2面の大魔境はシューテイングになって難しく、スモールライトを使用した広範囲攻撃が出来ないとツライ。
    ただ、マイクに向かって叫ぶ「ジャイアンのダミ声パワー」でボスをも一撃で倒す・・なんていうのもありましたよね。

    パズル的な要素を持つ「海底鬼岩城」の3面が一番面白い。ドラゴンを「お守り」で倒すってのがなんとも・・・。
    3面まで通してクリアすることで海上での真のエンディングが見れます。

    いやあ〜、「バンダイ制作」でなくて、ホントに良かった(笑)。

  • ★★★★★ 5.0

    結構シビアなゲーム。10歳以下でクリア出来たら凄い。

    タイトル画面のまま、何もボタン押さずに待っていましょう。海底編でドラえもんが色んな場所をのんびりとナビゲートしてくれるのですが、オチがヒドい。
    魔境編はオロロン岩を倒した後のステージのBGMがドラえもんぽくなくて、このBGMが鳴るといつも殴ってくる友達がいて面白かった。
    なぜかコーヤコーヤ星のBGMが暗いです。
    開拓編のボスはギラーミンで良かったんじゃないだろうか、劇中の敵の宇宙船がロボット化したみたいなのがボスです。
    海底編は心臓に悪い。海蛇を早めに処理しないと、そこらじゅうに現われて、怖い。深海に入ると雰囲気がガラリと変わって良い。海底編はグラフィックが、当時とても綺麗に感じて、海底散歩してる気分になれた。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

ドラえもんの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!ドラえもんの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ファミコン(FC)売上ランキング

最終更新日:2021年12月6日 PR