• 駿河屋
  • ゲオ
  • VALVE INDEX
  • 楽天市場
VALVE INDEX楽天市場ゲオ

ゲーム概要

ハドソンより1985年9月20日にファミコン用ソフトとして発売されたアクションシューティングゲーム。さらわれた息子のプーヤンを取り戻すため、母親の「ママ」とプーヤンの兄弟「ブーヤン」が協力してオオカミに戦いを挑む。ママの乗ったゴンドラを上下に動かし、弓矢やオオカミの大好物の肉を駆使して、風船に乗ったオオカミたちを全て倒し、オリに閉じ込められているプーヤンを救い出すのが目的となる。

プレイ画面

プーヤン|ハドソン|ファミコンのゲーム画面
プーヤン|ハドソン|ファミコンのゲーム画面
プーヤン|ハドソン|ファミコンのゲーム画面
プーヤン|ハドソン|ファミコンのゲーム画面

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるハドソン様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★

    グラフィックがとてもかわいいです。

    ブタさんが矢を放ち、オオカミさん達を退治するという、メルヘンチックなグラフィックで女の子にもおすすめのゲームです。

    しかし、ちょっと単調なので飽きやすいゲームかもしれません。

  • ★★★★★

    はまった

    せいぜい5面くらいしか行けませんでしたが、かわいくて面白いゲームです

  • ★★

    シューティングの佳作

    面白いし曲が良いです(笑)
    でも単調なんですぐに飽きちゃうかも?。

  • ★★

    若さ故の過ち

    僕にとって、ある意味思い出深い作品なので、レビューさせてもらいます。

    当時はスーパーマリオブーム真っ只中。どこのおもちゃ屋に脚を運んでも品切れの嵐。しばらく手に入らないかと、必死でためたお小遣いを握りしめて店を巡っていると、ついにスーマリ発見!!それはおもちゃ屋ではありませんでした。いわゆる、町の小さな小さな個人経営のディスカウントショップ。当時ファミコンが大ブームだったので、ファミコンとソフトも扱っていたのです。んが!ここからが問題。スーマリの横にこのプーヤンが!!・・・当時雑誌で発売前レビューに「このゲームは隠れキャラの山」と書かれていたことを思い出し・・・そうです、当時は隠れキャラに裏技に隠しコマンドにと、そういった類のものがこれまた大ブーム。スーマリを取るかプーヤンを取るか・・・何を血迷ったのか、プーヤンを取ってしまい・・・もちろん、数日後は後悔の嵐。しかも、そのスーマリは次にその店の前を通った時にはもちろん、SOLD OUT。僕がスーマリを手に入れられたのは、それからかなり後の話だったとさ・・・

    ・・・ってか、レビューじゃなくてただの思い出話やん・・・

    ・・・こんな下らない話を最後まで読んでくれたあなたに敬礼

    …まあ、つまるところ、それくらい面白くないって事が言いたかったんですけどね…

  • ★★★

    シューティングとしては「並」作品。プーヤンって、お母さん豚のことらしいです。

    童話の「三匹の子豚」をベースに製作した・・・のかどうかは判らないが、なぜかシューティングゲームなのね。

    骨付き肉を撃ったら、狼がつられて風船から次々と手を離してやられてしまう・・って点は面白い。
    ただ・・豚が撃つ「肉」って一体何の肉なんだか・・・?
    豚肉・・・・じゃないよな・・・気になる点だ。
    ちなみにタイトルの「プーヤン」って、主役のお母さん豚じゃなくて、子豚のことね。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ゲーム関連動画

プーヤンの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!プーヤンの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。