• ハイドライド3 闇からの訪問者|ナムコ|ファミコン (FC)
  • ハイドライド3 闇からの訪問者|ナムコ|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ハイドライド3 闇からの訪問者|ナムコ|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ハイドライド3 闇からの訪問者|ナムコ|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ハイドライド3 闇からの訪問者|ナムコ|ファミコン (FC)のゲーム画面

ゲーム概要

ナムコより1989年2月17日にファミコン用ソフトとして発売されたアクションRPG。人気のアクティブRPG『ハイドライド』シリーズ第3弾。パソコンからの移植作品。装備の重量制限や規則正しい生活など、既存のRPGの常識をうち破るリアリティに溢れたゲームシステムが満載。平和をおびやかす闇の支配者ガイザックを倒し、フェアリーランドの危機を救うための旅が始まる。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるナムコ様が権利を所有しています。
© 1989 ナムコ All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★ 5.0

    難易度は高いかもしれないけど…超大作

    BGM、グラフィック、シナリオ…全てにおいて素晴らしい作品です。
    ただ・・・いかんせん難易度が高すぎる。ARPGというジャンルの関係もあるのかもしれないが、努力ではカバーできないレベルの反射神経やテクニックをを要求される。

    かなり・・・難易度は高いゲームですが、最近はネット上の情報もありますし、レトロフリーク等の今どきのデバイスを使えば感動的なエンディングまできっとすすめると思います。

  • ★★★ ★★ 3.0

    難しい

    もともとはパソコンのゲーム。
    この作品には時間の概念や重さの概念があります。
    時間が過ぎると日が落ち、夜になり、主人公がお腹をすかせる、物を持ちすぎると重くて動きが鈍くなるなど細かいところはよくできてます。
    しかしながら、あまりに細かいのでストレスを感じる人も多々いるはず。
    ゲーム自体もプレイヤーを突き放した感じで、難しいですからね。
    万人向けのゲームではないと思います。

  • ★★★★★ 5.0

    面白いけど、しんどい

    武器やアイテムに重さの概念がある。
    でもこの主人公は全然重い武器を持てないよ。
    妖精シリーズの防具をすべて装備したら動けなくなったときは、ゲームを投げ出そうと思った。
    それでも最後のボスを倒したときは達成感があった。
    宇宙服を着て宇宙へ行ったときは楽しかった。
    三つ首ドラゴンは迫力があった。
    ハーベルの塔のエレベーターで天空の城へも行った。
    結構いろんな面白さが詰まっている。

  • ★★★★ 4.0

    ファミコンなのに

    PC88版をやっているからわかるのですけどものすごい暗い雰囲気が明るくなってます。
    これとは別にメガドライブ版もやりましたが、元の暗さではなくメガドライブ版なりの暗さです。
    元は暗くてもT&Eらしいものでした。
    嫌いじゃなかった。
    つまり繊細さが画面にもミュージックにもでていたから、メガドライブ版はセガ党だけに進めます。
    ファミコン版はオリジナルの雰囲気を壊すことなく、明るくやっていて楽しいです。
    もとはかなり高難易度です。
    ファミコン版は雰囲気を壊すことなく優しくなってます。
    銀行もないし、ぼったくりバーはあるし、画面はちらついたりするけど、ドラクエ3もそんなんだったし、画面も繊細さからいい意味でアニメチック。
    ほんとナムコさんはユーザーのツボがわかってます。
    すごいです。
    辛い88版をやっと解いた達成感はありましたが、同じゲームかってくらいファミコン版はずっとハイドライド3の世界にいたいなって思うくらいアレンジ感がいいです。

  • ★★★★ 4.0

    大人になって良さがわかった

    発売された当時、小学生だったのでこのゲームの良さが全く解りませんでした。
    外にでたらすぐ死ぬ。道具を買ったら動かなくなる。なぜか体力が減っていく・・・。
    ドラクエとファイナルファンタジーしかRPGを知らなかったので難しすぎて、すぐに「クソゲー」として全く遊ばなくなりました。
    そして数十年の時が経ち、ハードオフのジャンク品でこのゲームと再会しました。
    いろんなゲームを経験してきたので、昔のPCのRPGにありがちなプレイヤーを突き放した感じが、とても懐かしく感じました。
    攻略法を知らないと絶対解けない謎ときも、「昔のRPGってこんな感じだったよなあ・・。」と受け入れられる自分がいました。
    重量制限や、腹が減ると体力が無くなるシステムも「実験的なRPG」と理解できます。
    自分は大人になったんだなあと実感できます。
    レトロゲームが好きなら、やってみてもいいと思います。
    ストーリーの展開がとても斬新で、難易度も歯ごたえがあって楽しめました。
    エンディングがとてもいいです。まさにファンタジーという感じです。
    ただ、今の10代や20代にはキツイだろうな、とは思います(笑)

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

ハイドライド3 闇からの訪問者の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!ハイドライド3 闇からの訪問者の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ファミコン(FC)売上ランキング

最終更新日:2021年11月6日 PR