ビートダウン

ビートダウン

Xbox > アクション
管理番号
:B000BBMZWY
発売日
:2005年11月02日
メーカー
カプコン
定価(税抜)
6,800
組織に裏切られた主人公が仲間を集めて復讐するという物語である。ゲーム内では、暴力や恐喝といった描写が見られる。『Grand Theft Auto』とゲームスタイルが似ている。5人の主人公からプレイするキャラを1人選択するが、選択しなかった主人公も仲間にする事ができる。本作では一部の人物を除いて会話中、「交渉」と「殴る」というコマンドが用意されている。
ビートダウンのゲーム画面
ビートダウンのゲーム画面
ビートダウンのゲーム画面
ビートダウンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索 ▶︎

※パッケージ、ゲーム画像の著作権は、メーカーであるカプコン様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    ps2よりはかなり綺麗になってます。

    ファショナブルでかなり面白いですが一緒に買ったxboxが外れだったため途中までしかできませんでした。ps2版よりはかなり綺麗ですよ。艶ややかさが全く違います。D端子ですが。

  • ★★★★★

    カプコン版GTA?

    ここ数年、「GTA」シリーズや「レッド・デッド・リボルバー」「トゥルー・クライム」「ゲッタウェイ」など
    海外メーカーのゲームをローカライズして国内向けにリリースしてきたカプコンが放つ新作ゲーム。
    元々バイオシリーズや鬼武者など、この手のジャンルではすでに一大ブランドを築いている感がありますが、
    GTAの移植に際して触発されてか、暴力描写や組織どうしの抗争といった要素により特化したオリジナルの新作として
    この「ビートダウン」を発表しました。
    多分に「海外市場の意識」が見て取れますが、そこはカプコンらしく、格闘ゲームのような豊富なアクションが用意され、
    「ケンカの強いヤツがのし上がる」的な世界観の構築に一役買っている模様。
    自分以外に仲間のキャラが何人か登場し、ストーリーにも期待が持てそうです。
    その他には、タトゥーや髪型を自由に変えたり服を買い換えたりなどして、キャラクターの見た目を
    著しく変化させることもできるとか。
    ナムコの「アーバンレイン」との類似点が指摘されているようですが、XBOXで発売されるのはこちらだけ。
    不利といわれる新規タイトルではありますが、ハードの性能を生かした意欲作であることを望みます。

  • ★★★★★

    反GTA派に。

    若いギャング幹部候補生達が狭い箱庭内を闊歩しまくるゲームです。GTAは幾度チャレンジしても何が面白いのか全く理解できなかったのですが(もともとヤクザ・マフィアネタの無法暴力系メディアが大嫌い)、なぜかハマってしまいました。
    ちなみに360では動きません。PS2版を今更購入検討中です。

  • ★★★★★

    隠れた

    名作だと思います!プレイするとはまってしまい、中々抜けだせません!5人も主人公がいると飽きませんね。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。