• サーキットビート|プリズム・アーツ|プレイステーション (PS1)
  • サーキットビート|プリズム・アーツ|プレイステーション (PS1)のゲーム画面
  • サーキットビート|プリズム・アーツ|プレイステーション (PS1)のゲーム画面
  • サーキットビート|プリズム・アーツ|プレイステーション (PS1)のゲーム画面
  • サーキットビート|プリズム・アーツ|プレイステーション (PS1)のゲーム画面

ゲーム概要

プリズム・アーツより1996年5月17日にプレイステーション用ソフトとして発売されたレースゲーム。プレイヤーの走りを記憶してその走りと対戦することが出来る「メモリ対戦機能」を搭載したゲームとなる。前輪のステアはもちろん、ブレーキングでの荷重移動、コーナリング中のロールなど細かい動きまで忠実に再現している。また、リプレイ中の視点は設置カメラ・前方・後方・ドライバーなどに切り替えることが出来る。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるプリズム・アーツ様が権利を所有しています。
© 1996 プリズム・アーツ All Rights Reserved.

レビュー

  • カズタマ

    ★★★★ 4.0

    投稿日:2023年1月9日

    サーキットビート

    『サーキットビート』は、プレイヤーの走りを記憶してその走りと対戦することが出来る「メモリ対戦機能」を搭載したレースゲームです。
    前輪のステアはもちろん、ブレーキングでの荷重移動、コーナリング中のロールなど細かい動きまで忠実に再現されています。

  • ★★ ★★★ 2.0

    地元企業の作品ですが、正直……

    メーカーの所在地が私の地元、広島県福山市ということと、ジャンルが私の好きなレースゲームということで高2くらいのときプレイしました。
    地元のゲーム屋で購入し、価格は確か2,580円。
    昔プレイしたゲームのレビューなので、上の価格含め正確なレビューかどうかはわかりません。
    ただ、パッケージと裏のゲームグラフィックから、そこそこの良作だといいなと思っていたところ、期待のみに終わったというガッカリ感は強く記憶に残っています。擁護したいのもやまやまながら、正直ヒドかったです。

    リッジレーサーの影響を強く受けていると思われ、アクセルを放すなどしてドリフトに持っていくコーナリングが基本です。
    が、ステアリングはやたら悪く、そのくせドリフト時の挙動はやたらクイックでシビア。
    姿勢を崩すとどこへ飛んでいくかわかりません。
    選べるマシンは5種類あり、敵は選ばなかった4台だから全5台のレース。少ない。
    しかも性能グラフなどなく、使った感じは全て同性能っぽい。
    コースは3つ。少ないのもさることながら、それぞれの違いが薄い。
    また、操作性は悪いのに初心者向けとされるコースの時点でコーナーが多く、慣れないと走りづらい。
    グランツーリスモシリーズのハイスピードリンク的な高速サーキットが欲しかった……。
    敵車のスピードはずいぶん速めで、しかも全車固まって走るから抜きにくく、結果は大体1位か最下位。なかなか腹立ちます。
    壁接触時のスピード減少も大きく、わずかなミスが命取りになり得ます。
    タイムは秒以下3桁出ますが、2分06秒733みたいに必ず小数第2位と第3位が同じ数字なので最後の桁いらないだろ!て感じで、こういう細かいとこにもちょいちょいイライラします。
    おまけにグラフィックは微妙、あってないようなクオリティの音楽。効果音も安っぽい。

    かなり頑張って、パッケージにあるようなハコ車(GTカー)のレースは一応全クリしましたが、その先にフォーミュラカーによる裏面が待っています。
    こっちも5台のレースで、まあ恐ろしい難度。全然太刀打ちできずに終わりました。

    他サイトで見たレビューでいわれている数少ない長所は、メモリー対戦ができること。
    自分で走ったリプレイを記録し、友達のリプレイと競わせます。
    リプレイ対戦にもかかわらず接触判定があり、相手マシンのラインを遮る走りをするのが勝利のポイントだそうです。
    ただ、そのレビューにもありましたけど、このシステムを活かしてくれる友達がいるのかどうかが最大の難点。

    本作で得られた経験を元に、後にぼちぼち良作なラリー・デ・アフリカも生まれますし、諦めずに表面クリアはできましたし、ある程度は価値のある作品だったと思います。なので星2つ。

  • ★★ ★★★ 2.0

    操作性が最悪のゲーム。

    メモリーカードにリプレイを保存し、それを戦わせることができるなど、新しい取り組みがありましたが、とにかく敷居が高くてまったく勝てませんでした。車の挙動も不自然で、しかも敵車が速過ぎ。これは難易度うんぬんというより、操作性の悪さが原因でしょう。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

サーキットビートの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!サーキットビートの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

プレイステーション(PS1)売上ランキング

最終更新日:2023年1月9日 PR