ゲーム概要

任天堂より2003年7月11日にゲームキューブ用ソフトとして発売されたアクションレースゲーム。あの『カービィ』が今度は爽快レースゲームに挑戦。Aボタン1つのシンプル操作。多彩なコピーアクションもカンタン操作で実現しているので、タイミング良くつかってライバルを出し抜こう。もちろんエアライドマシンも、それぞれ個性豊かな能力があるものが多数登場。陸を、空をビュンビュン駆け巡る爽快感を味わうことができる。

プレイ画面

カービィのエアライド|任天堂|ゲームキューブ (GC)のゲーム画面
カービィのエアライド|任天堂|ゲームキューブ (GC)のゲーム画面
カービィのエアライド|任天堂|ゲームキューブ (GC)のゲーム画面
カービィのエアライド|任天堂|ゲームキューブ (GC)のゲーム画面

※ゲームパッケージ(書換・DL版などはゲームイメージ)、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーである任天堂様に帰属します。

レビュー

  • ★★★★★

    GC神ゲーの1つ

    今でもたまにやってたりする
    プレミアついて高くはなってるが中古で3000〜5000位で買えれば良い感じだろう。
    個人的にスターアライズと並ぶカービィの中でも上位に食い込むレベル!
    なんと言っても色んなマシン、どれも癖が強くて扱うのに慣れるのに少々かかかる。
    メインとなるシティトライアルは昔のゲームだからCPULV9にしてもそこまで強くない、まぁ妨害もしてこないからストレスフリーだが
    友達がいるなら盛り上がるでしょう!私は時間が経ちする人がいなくなりましたが…
    でも桃鉄に続く友情崩壊ゲームとも私は思ってるので友達とやる際あまり暴れすぎないように(笑)

  • ★★★★★

    難度あるよ

    カービィキャラが織り成すドタバタハイスピード簡単操作アクションレース!名作です。良い点は、
    簡単、直感操作!
    スピード爽快!
    タイムアタックなどやり込みが意外とかなりアツい!
    シリーズの名曲が多々ある!アニメの曲まで!
    なにしろカービィ!
    悪い点は、
    ある程度上達しないと話にならない…
    ステージ少ない…
    ストーリーとかバックグラウンドなさすぎ、道行く(恐らく罪なき)雑魚キャラを殺しまでしてレースするのはなぜ…
    やり込まないと機体やステージでない…
    ステージやマシンが極端すぎる、ほぼ絶対負けないパターンとかある…
    こんな感じですね。カービィが好きで、スピード大好き、アクションはやり込んでナンボという人におすすめでしょうか。三つのモードがあり、スタンダードな「エアライド」でスピードとトラップだらけの破茶滅茶ステージを制覇したら、小さなステージをラジコン操作する「ウエライド」でライン取りとドリフトとの超バランスにストイックに攻め込み、そして街でマシンを育成そこには筋書きのないドラマ…「シティトライアル」で最強マシンを目指せ!もちろんそれぞれで一人用(CP対戦、タイムアタック等)、対人対戦が楽しめます。対戦は、ウエライドなら初心者でもみんなでわいわい気軽に出来ますが、他は経験者どうしの本気バトルがベターですね。実力差が顕著に出やすいです…。こういう造りってあんまり初心者ライクのカービィっぽくはないですね〜…僕は好きだから良いけど。

  • ★★★★★

    シティトライアルさん

    カービィの新作ですが、アクションゲームではありません。
    レースゲームにコ ピー能力などのカービィらしい要素で味付けして、よりパーティ向けに寄ったゲームです。
    ただ、雰囲気についてはカービィにしては意外なほどスマートで格好良くまとまっていました。カービィのレースゲームと聞いてほのぼのした物を想像しているとまた違う。
    操作がスティックとAボタンだけという簡単設計なので、レースゲームの中でも非常に入り易いほうだと思います。その上4人まで遊べるので接待用としても向いています。
    また、クリアチェッカーというやり込み要素や、従来シリーズのアレンジを含んだBGMもポイントです。お気に入りはウエライドの「光」。

    本作は大きく3つのモードから成り立っています。
    まず、普通にマシン同士でコースを走り順位を競うレース「エアライド」。
    いたって普通のレースゲームなので出来も手堅いもの。ただ、コースごとのマシン間の有利不利の差が非常に激しいこと、最大で4人しか走れないのが不満。
    次に、上から視点で見た小さなコースを走る「ウエライド」。4人が1画面に収まってレースを行います。
    使えるマシンは2つだけな上、コースが小さいこともあって他の2つのモードに比べて小粒な感じがします。

    そしてもう1つが「シティトライアル」。
    これ、レースゲームではないです。一定時間、プレイヤーは大きな街の中を好きなように走り回り、マシンを乗り換えたりマシンの性能を上げるアイテムを集めたりします。
    アイテムを集めるごとに自分の乗っているマシンの最高速や加速、飛行能力がどんどん上がっていきます。これが非常に面白い!
    私個人の印象だけでものを言うなら、このゲームはこのモードが肝だと言っても過言ではありません。
    少なくともシティトライアルなしに本作をここまで長時間遊び続けることはできなかった。
    予め走るコースの定められたレースゲームと異なり、このシティトライアルはどこを走るもプレイヤーの自由というものなので、何度遊んでも楽しめる魅力があります。
    ただ1つの不満は、折角の育て上げた自慢のマシンも、1回「スタジアム」で活躍させたらそれでお終いという点。保存ができない。

    同列に並んだ3つのモードですが、私はエアライド:ウエライド:シティトライアルを2:1:7ぐらいの割合で遊んでいます…。

  • ★★★★★

    簡単操作が売り物

    このカービィのエアライドはみなさんご存じの通りあの人気ゲーム『星のカービィー』シリーズ新作です。
    今回はカービィーたちを操作してより早いタイムをきそうという星のカービィーに今までなかったレーシングゲームとして登場!
    レーシングと聞くと操作が難しそうな感じがしますがその点ではこの「カービィのエアライド」はまったく問題ありません。
    ある程度のコントローラーの操作さえできれば誰でもできる簡単操作なので初心者の人でも楽しむことができるのです。
    そしてなんといってもグラフィックが綺麗です!
    今までのカービィーシリーズでのグラヒィックは他のゲームよりもおとろえている部分があったのですが、今回は違います!
    時に綺麗時に可愛らしい部分もあればまた迫力満!点のグラヒィックになりより楽しめるようになりました。
    またレーシングゲームには欠かせない対戦モードももちろんあり
    友人または家族などとプレーしてみてはいかがですか?
    簡単操作で奥が深いこのゲーム、買って損はしませんよ!

  • ★★★★★

    異色のレースゲーム

    横スクロールアクションの傑作、星のカービィがレースゲームとして登場。
    アナログスティックとAボタンの二つだけでプレイが可能という、シンプルな操作性を追求しつつも、シビアにプレイできるゲーム性の高さも兼ね備えた異色のレースゲームです。
    アクセルがなく自動で進んでいき、ハンドル操作とプッシュ(ブレーキ&チャージ)での走行はかなり独特と言えるでしょう。
    敵を吸い込み→吐き出しで攻撃したり、コピー能力を使ったりと、カービィらしさもゲーム内に上手く取り入れています。

    この手のレースゲームで有名なのは、やはりマリオカートですが、それに比べると本作の方が敷居は高いと思います。
    理由として、グランプリモードと呼ばれるゲームモードが存在しない事です。
    通常はグランプリモードでコースを順番にプレイして優勝を目指す内に、操作やコースを覚えていくと思いますが、それが出来ません。
    一台だけ搭乗できるマシンがあるので、それを使い、対戦(プレイヤー、CPUが最大4人まで参加できます)やタイムアタック等をいきなり始める事となります。

    ゲーム内にはクリアの指標として、クリアチェッカーと呼ばれる表が存在し、条件を満たせば、表がチェックで埋まっていきます。
    特定の条件を満たすと、新しいマシンが登場するので、取りあえず適当に走ってみると良いでしょう。
    全120の条件の内、100個満たせばエンディングとなります。
    (実際は三つのモード毎にクリアチェッカーがあるので、全部で360の条件があります)

    エアライドマシンは地面から少し浮いており、長時間空を飛行できるものや、ダッシュ力に優れたものなど様々です。
    マシンは全部で十数種類ありますが、トータルで見ると非常に癖のあるものが多いです。
    マリカーでは多少性能が異なる位で、どんなキャラクターやマシンでも、全コースを普通に走れますが、本作は違います。
    まるで、別のゲームをプレイしているレベルの性能差があるので、コースによっては圧倒的に有利不利が出るでしょう。
    お気に入りのマシンを2、3種類乗りこなせれば良いですが、まずは最初から存在する基本マシン、ワープスターを上手く乗りこなせると良いと思います。

    本作は、やたら体感速度が速いです。
    その為、コースを熟知している事が、速く走る上で非常に重要になってきます。
    初見では壁にぶつかりまくって、レースにならないと思いますが、数十周くらい走る内にスムーズに走れるようになります。
    コースによってはルート分岐があるので、ベストなルートを知っておく事も必要です。

    本作は以下の三つのモードが存在します。

    ★エアライドモード
    全9種のコースから選択し、ゴールを目指して走るモード。
    コピー能力や、コース中に配置されたギミックを上手く利用して、最速を目指して下さい。
    最初はこのモードをメインにプレイすると良いでしょう。

    ★ウエライドモード
    コースを真上から見下ろした視点でプレイする、1画面で完結したモード。
    エアライドモードとは異なるコースが7種類あり、マシンは2種類のみです。
    1周が数秒と、短いコースばかりですが、エアライドモードとは違った面白さや駆け引きがあります。
    ハンドル操作の感覚がエアライドモードとは異なりますが、エアライドよりは慣れるのが早いと思います。

    ★シティトライアルモード
    このモードは二段階のステージ構成となっています。
    一つ目は広い街のステージを縦横無尽に走って、パワーアップアイテムを取りながらマシンを強化します。
    二つ目は強化したマシンを使って、スタジアムで特定の競技を行います。
    最初に乗っているマシンは性能の低いマシンなので、アイテムを取りつつも別のマシンを探して乗り換える事が必要です。
    競技内容は様々なものがありますが、基本はランダムです。
    どんなに強化してもその競技に不向きなマシンの場合、ほとんど強化していないマシンにも負ける事もあります。
    シティトライアルは、運や自由度が非常に高く、プレイヤーの実力差が余程無い限り、上級者でも負ける可能性のあるモードです。

    ハッキリ言ってしまうと、お手軽そうに見えて、非常にストイックなレースゲームです。
    初心者と上級者の差が、圧倒的に出てしまうので、とことん一つのゲームをプレイする方におすすめです。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム・ポリシーに基づき記載しています。その他のレビューは当会員規約より記載されています。

ゲーム関連動画

カービィのエアライドの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!カービィのエアライドの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ゲームキューブ(GC)売上ランキング