• 駿河屋
  • ゲオ
  • VALVE INDEX
  • 楽天市場
VALVE INDEX楽天市場ゲオ

ゲーム概要

任天堂より2002年9月27日にゲームキューブ用ソフトとして発売されたアクションゲーム。3Dシューティング『スターフォックス』シリーズ3作目。従来のシューティングパートに、アクションアドベンチャーパートを追加。「クリスタルスタッフ」を使った棒術アクションや謎解き、ミニゲームなどが満載。恐竜たちの惑星を舞台に、スケール将軍率いる凶暴なシャープクロウ軍たちから平和を取り戻すのが目的となる。

プレイ画面

スターフォックス アドベンチャー|任天堂|ゲームキューブのゲーム画面
スターフォックス アドベンチャー|任天堂|ゲームキューブのゲーム画面
スターフォックス アドベンチャー|任天堂|ゲームキューブのゲーム画面
スターフォックス アドベンチャー|任天堂|ゲームキューブのゲーム画面

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーである任天堂様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★★

    物足りなさはあるけど・・・

    世間ではいろいろと言われているようですが,私は大好きで,何回もクリアして楽しんでます。(^^)
    アクションやシナリオがもっと豊富だったらもっと良かったのになぁと思います。
    アクションは私にとってはきわどい難易度なので,何度も練習をしてクリアできた時の達成感が好きです。

  • ★★★★★

    一度はやってみる価値、あり!

    宇宙を股にかけ活躍する、やとわれ遊撃隊“スター・フォックス”。そのリーダー、フォックス・マクラウドが、とある惑星の危機を救おうとするアクション・アドベンチャー。
    途中まで、『ゼルダ』として作られていたとか。確かに、プレイしてみると、まさにゼルダ。爆弾、弓とか、名前を変えて、そのまま出てくる。リンクがフォックスに、ハイラルが“ダイナソー・P”にという感じ。でも、センスは洋ゲー。「ナ?イすフライト、フォックス!今度のアーウィンは新型か?」「つまらないジョークですね、将軍」「・・・」。一度味わうと癖になりそうな、愛すべきユーモアが、そこかしこに出てくる。
    一番好きなのが、プロローグで、ヒロインが罠に落ちるシーン。怪光に撃たれ、暗い虚空に舞い上がるクリスタル。降りしきる雨に、光がまたたく。そして、流れる切ない音楽。素晴らしく、幻想的で甘美なイメージ。正直、このシーンだけで、面白いかなんてどうでもいいとすら思えてしまった。(これを超える映像が、その後に無かったのが残念)
    ゲームとしても、しっかり作りこまれた作品だと思います。是非、一度やってみて下さい。 

  • ★★★★

    色々と粗はあるが、個人的にシリーズ最高傑作

    良い点
    ・今見ても見劣りしないグラフィック
    ・BGM
    ・美しい世界観
    ・フォックスを直接動かして探索が出来る事
    ・シリーズ唯一の英語ボイス

    悪い点
    ・一部の謎解きが難解
    ・フォースポイントが二つししか無い
    ・複数の敵に対して全体攻撃出来る技が少ない
    ・ラストが急展開
    ・クリスタルスタッフから発せられるシールドが強過ぎる

    感想
    上記の通り色々と問題点もあるが、シューティングだけでなく
    アクションや謎解きも楽しめるため、個人的にシリーズの中で一番好きな作品だ。
    全体攻撃が出来る技を増やして4つのスペルストーンに合わせて、フォースポイントも4つにするなど改善出来たらもっと良かった。Switch向けにリメイクしてくれたら嬉しい限り。

  • ★★★★

    みんな絶賛しているので、少し辛口な意見も。

    率直には面白いです。スターフォックスアドベンチャーという名のとおり、「冒険をしているんだ」というの感じにさせてくれます。
    さすが老舗の任天堂。こういうワクワクさせられるのはすばらしい。
    アクションシューティングアドベンチャーがひとつになったとよく宣伝していますが、これにはちょっと疑問を抱きました。
    というのは、話の展開上にシューティング要素やアクション要素を(あとはレースゲーム要素まであった)組み込んだため、クリアしなくては先に進めないのです。
    ということは、万人にクリアしてもらうために、
    アクションシューティングレースの要素の難易度はとても低いです。
    唯一救いだったのはシューティングのスコアが記録されることくらい。
    ゼルダのときのような、相手の隙を突いて、という緊張感もなく、Aを連打すればたいてい勝てます。
    シューティングの醍醐味である、敵弾をかわしながら先に進んでいくという面白さも欠けています。
    あとは恐竜がメインキャラクターのため、そして話が強引すぎるためシナリオは決していいとはいえません。
    任天堂には珍しく、ムービーが多い。
    何度も同じムービーを見せられることになるので、ウザいと感じる。
    結論として、これはアドベンチャー色が強いゲームと見ていいでしょう。
    シューティングで白熱したい方は、パロディウスを、アクションで白熱したい方は、ロックマンXを勧めます。
    しかし冒頭にも述べたとおり、冒険をしているという感覚を提供してくれるので、わくわくしたい方には超お勧めです。

  • ★★★★

    戦闘がいまいち

    今回のスターフォックスは、アクションアドベンチャーになってる。
    ストーリーは、ペパー将軍の依頼で分裂を始めた恐竜の惑星”ダイナソープラネット”の調査をするというもの。
    今回の良かったと思う点は3つ。
    その1、『ゼルダの伝説』のようにダンジョンやフィールドに用意された仕掛けを解除していくという点。
    その2、とても綺麗なグラフィックである点。フォックスやペッピーみたいに毛むくじゃらのキャラクターはとても細かい所まで表現されていて、本物の毛皮のようにふさふさしている。
    その3、9割以上がフォックスで遊べるという点。バイオハザードはキャラの強さや操作方法が変わるのでめんどくさくなるが、このゲームは最初を我慢すればずっとフォックスで遊べるので嬉しい。。
    そして悪かった点は、敵とのバトル。敵が3人で襲ってきても、1対1の戦いになるので、負ける!というスリルがなくてつまらなかった。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ゲーム関連動画

スターフォックス アドベンチャーの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!スターフォックス アドベンチャーの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ゲームキューブ売上ランキング