最終更新日:2022年8月6日

  • エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)
  • エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
  • エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
  • エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
  • エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面

エアロダンシング featuring Blue Impulse

Aero Dancing featuring Blue Impulse
★★★★★3.6(5件)
機種
ドリームキャスト (DC)
ジャンル
シミュレーション (SLG)
発売日
1999年3月4日
メーカー
CRI
定価
5,800

ゲーム概要

1999年3月4日にCRIから発売されたドリームキャスト用フライトシュミレーションゲーム。「エアロダンシングシリーズ」最初の作品。限りなくリアルなフライトシュミレーションだけに、操縦するには高い集中力と注意力が必要にある。ただし、ゲームは離陸、旋回、着陸、といった一連の基礎飛行訓練から始まるので、飛行機操縦ゲームが初めての人でも、飛行機の操縦方法をしっかり練習できる。

プレイ画面

エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
エアロダンシング featuring Blue Impulse|CRI|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるCRI様が権利を所有しています。
© CRI All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★5.0

    操縦が難しい

    操縦がとても難しい。
    編隊飛行をそのままプレイヤーが一機を担当し操縦するのだがほかの機体との位置をつかめる視点がないため、ほとんど勘で飛行するような感じになる。
    機体後方からの視点もあるのだが、これは、操縦席に座っていない分操縦しにくい。
    ゲームのコンセプト自体は大変面白くプレイも楽しいがとても難しい。

  • ★★★★★2.0

    エアロダンシングの評価

    コントローラーがジョイスティックに変えられないので操作がしにくい

  • ★★★★★3.0

    今さら攻略(汗

    歴代エアロ中、途中で投げ出した唯一のタイトルでしたが一念発起して半年ほどかけて攻略しました。

    BIMは平均97.7点、SMAはイルカ開放まで。

    のちのシリーズに比べて挙動がしっくりこないのは確か。
    ただし、それは初期の反省点としてその後改良されたからに他ならない。
    シリーズが絶え間なく進化したことの、逆説的な意味での証明と受け取った。

    ゴーグルを装着するタイプのモニターでこそ真価を発揮するゲームです。
    当時の環境としては、時代を先取りしすぎですね(笑)

    ああ、それと「アスキーミッションスティック」は素晴らしい。
    これがなければエアロの魅力は半減です。

  • ★★★★4.0

    航空機マニアの方は是非。

    リアルです。
    ゆえに操作はかなり難しいです。
    飛行機に対する気持ちが何より大事なゲームだと思います。
    限りなくリアルなフライトシュミレーションだけに、操縦するには高い集中力と注意力、そして忍耐力が必要です。

    真剣にプレイしていれば、けっこうな脳トレにもなるかと思います。

    わたしは忍耐力が無いうえに、まったく航空機にには思い入れがなかったもんで、いまだにパイロット試験に合格できていません。(泣)
    なので、フリーフライトモードで遊覧飛行を楽しんでいます。(綺麗な景色を観ながらの遊覧飛行は、かなり気持ち良い。)

    熱意と根性でパイロットになり、ブルーインパルスの一員として、やがて隊長として連体を率いるくらになれば他のゲームでは決して味わえない充実感が待っているに違いありません。

  • ★★★★4.0

    家庭用ゲーム機での本格的フライトシミュレーション!

    このゲームの凄さは、登場当時「家庭用ゲーム機でここまで出来るのか!?」と思わせるほどの飛行機操縦のリアリティさだと思う。
    「エアロダンシングシリーズ」の最初のこのゲーム。
    主なものを紹介すると・・・。
    離陸→旋回→着陸、といった一連の基礎飛行訓練から始まるので、飛行機操縦ゲームが初めての人でも、飛行機の操縦方法をしっかり練習できる。
    好きなマップを時間を気にしないで飛び回ることが出来る。
    そして、何よりも感動したのは、「飛んでいる自分の姿を色々な視点で眺めることが出来る!」と言うこと。
    ゲームとはいえ、自分の操縦している飛行機が、高速で爆音を立てて飛んでいる姿を見た時は、「おおっ凄い、これ、自分が操縦しているんだ!!」と大げさに感動!してしまった。
    勿論、操縦桿にあわせて機体の各部は動く。
    方向舵・昇降舵・フラップ・車輪の格納・エアブレーキ等々・・。
    着陸灯まで光るという懲りよう。
    そしてスモークを吐いて飛行軌跡まで残せるのだ。
    このフライトリプレイ、色々な視点を選んで編集して保存が利くのも魅力。
    唯一星が一つ落ちた理由は、このリプレイ1つのセーブブロックが80も必要で、複数のリプレイ保存が困難だということ。
    しかし、初めて接した家庭用ゲーム機でのフライトシミュレーターとしては、出色の出来だと思う。
    買って損はありません!。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

エアロダンシング featuring Blue Impulseの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!エアロダンシング featuring Blue Impulseの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ドリームキャスト(DC)売上ランキング