• 首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)
  • 首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
  • 首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
  • 首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
  • 首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面

ゲーム概要

ドリームキャスト版「首都高バトル」から約1年。環状線を完全再現した前作に続き、湾岸線、横羽線、深川線、台場線などを大幅に追加。ドリームキャストの表現能力を最大限に生かした映像のなかで、リアルバトルが激しく展開される。全長180キロを超えるコースと300人を超えるライバルとのタイマン勝負。登場する車は60車種、120グレード以上ありエアロパーツも120種類に及ぶ。

プレイ画面

首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面
首都高バトル2|元気|ドリームキャスト (DC)のゲーム画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーである元気様が権利を所有しています。
© 元気 All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★5.0

    深夜の首都高ドライブ

    レースゲームは得意ではないため敬遠していましたが、最近、初めて首都高を自走する機会があり「なるほどゲーム、漫画になるのも分かるかも」と思い購入しました。
    ゲームはあまり進みませんが、フリー走行だけでその気になります。発売から15年と古いソフトですが、最新のゲーム機器を所有していない私にはグラフィック、サウンド等特に不満は全く感じませんが、全車コンプリートがライフワークになりそうなのが唯一の不満です。現在所有しているドリキャスが壊れたらこのソフト専用に買い直します。

  • ★★★★★3.0

    要注意!

    公式HPにも掲載されている不具合があります。
    A、B、Cクラスの車がガレージから売却され、空になると、下記の手順を踏まない限りドリキャスのメニュー画面に戻ってしまいます。例として、Cクラスの車を購入、そして売却後、コースでレースをすると、ガレージ画面に戻れずにドリキャスのメニュー画面に戻ってしまうのです。
    回避方法は車を売却した後、一旦「クエストを終了する」を選択し、セーブした後、再開すればOKです。
    ここにさえ注意すれば長く遊べる良いソフトなので、安かろう悪かろうと思っている人は、一度購入してみては?

  • ★★★★4.0

    夜のドライブを楽しみたければお勧めの作品

    交通量が少ない首都高を走れます。それも140km/h前後のスピードで走れます。
    実際に存在する道路を爆走するという点ではとても楽しめる作品です。
    個人的に、other carが広告の入った車両、公共の車両ばかりなところが少し残念でした。前作は一般車両もいたのでここはそのままにして貰いたかった。あとはテールランプの描写が前作の方が好みでした。見にくかったけれど。車両を横切る時の音ももう少しリアルなら嬉しかったですね。後は文句がありません。ドリキャスの中でもグラフィックは良い方でしょう、独特な雰囲気が楽しめる作品です。

  • ★★★★★5.0

    気持ちよい走り。これぞ首都高。

    ボンネットの光り方は半端なく綺麗ですし、動きも間違いなく『PS2版首都高・ZERO』ばりでした。ただ、もらえるCRがPS2版に比べて若干少なめなので、ある程度ライバルとの戦いが作業的になりますね。しかし、もちろん『ローリングガイ』はじめ『ポルノ鈴木』『ガレージハルオ』『12時過ぎのシンデレラ』等おなじみキャラクターの個性的な走りは健在です(ご存じない方は、まずPS2版首都高ZERO・01から始めてみてください。もちろん本作から首都高を体感してみるのもオススメです)。
    同じタイヤでずっと走っていると、タイヤのグリップが次第になくなってきます。そのため、たまにガレージに戻らないと、バトルに勝てなくなります。また、PS2版では結構簡単にライバルを倒せたのが、DC版の今作品では結構倒すのに苦労します。特にクラスBOSS『白いカリスマ』は別格で、何度もチャレンジしてはボコボコにされ…の繰り返しでちょっと萎えました。その後は特に問題なく走れました。
    首都高の再現度はZEROなどで実証済みですが、DC版でも問題なく再現されていました。首都高湾岸線での300km/hいや、400km/hオーバーを是非体験してみてほしいと思います。視点切り替えで『ドライバー視点』にすると、別世界が広がります(バトル画面では元に戻しましょう)。『ゆりかもめ』『レインボーブリッジ』『鶴見埠頭のガスタンク』もバッチリ再現されていますよ。
    DC本体をお持ちでないなら、このソフト以外にもたくさんの良質なソフトが低価格でたくさん売られていますので、この機会に是非DC本体もお求め下さい。PS2とはまた違った楽しさを発見できると思います。

  • ★★★★★5.0

    2000年当時最高レベルのカーゲーム

    発売された時期を考えると素晴らしいグラフィックでした。
    車の動きは前に進みやすい感じで、グランツーリスモとは少し異なる感覚ですが、車種も豊富、ライバルも豊富、改造も多彩、BGMの雰囲気にマッチしていました。
    一番素晴らしいと思ったのはリプレイ機能で、夜の首都高の雰囲気がカッコよかったですね。
    いい走りをしたらリプレイを何度も再生してはニコニコしていました(笑)
    このBGMのまま、最新の据え置き端末に移植して車とライバルを更新して欲しいですね。公式ツイッター見ると続編の計画はありそうです…!

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

首都高バトル2の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!首都高バトル2の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ドリームキャスト(DC)売上ランキング

最終更新日:2021年5月22日