ソニックアドベンチャー|セガ|ドリームキャスト

ソニックアドベンチャー

ドリームキャスト > アクション
管理番号
:B000069T9H
発売日
:1998年12月23日
メーカー
セガ
定価(税抜)
5,800
ソニックシリーズ初の3Dアクションゲーム。ゲームシステムが3Dになったことに合わせ、キャラクターに声優によるボイスがつくようになり、設定・デザインも変更された。シリーズ通しての主人公ソニックを含めた6人のキャラクターそれぞれにストーリーが用意されている群像劇のような構成が特徴である。キャラクターごとに能力とゲームシステムが異なり、違ったゲームを楽しんでいるかの如く何度でも楽しめる。
ソニックアドベンチャー|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
ソニックアドベンチャー|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
ソニックアドベンチャー|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
ソニックアドベンチャー|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索 ▶︎

※パッケージ、ゲーム画像の著作権は、メーカーであるセガ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    ドリームキャスト版の方が遊びやすい

    セガのゲーム機には、やっぱりソニックです!

  • ★★★★★

    大好きなゲーム

    ものすごく面白くて大好きなゲームです。これ一本で100時間は遊んでいると思います。

  • ★★★★★

    明日もやりこみます

    最高でした!ソニックは私が、小学生の頃に初めてやったゲームで今回約16年ぶりにしました。

  • ★★★★

    背景のグラフィックが美しくそこを駆け抜ける爽快感!

    まさに当時これでドリキャスの力に驚いた作品の1つです。
    ソニックのあのスピード感やおなじみのループなどのステージの構成、そしてステージ中に流れる音楽などどれをとっても素晴らしい。

    私はソニックのステージの中では一番最初のビーチをかける所と都会のビル群を駆け抜ける所が好きです。
    ソニック以外にもテイルズやナックルズなど合計6人分のストーリーが用意されていますが、正直言ってあの釣りばかりさせられるキャラの話はいらなかったんじゃないかと思います。
    ソニックで釣りをやるというのはちょっと私には受け付けられなかったです。

  • ★★★★

    やって損無し。

    お馴染みの2Dアクションから、3Dになったソニック。
    個人的に2D時のソニックが好きだった自分は、一番最初投げ出しました。
    その理由は「アドベンチャー」という所にあります。
    数あるアクションステージを次々にクリアしていくのではなく、キャラクターが街中を歩き、人と話したりして謎を解かねばなりません。
    そしてそれを終えると、初めてスピード感溢れるアクションステージが楽しめます。
    このもどかしさに最初は投げ出したものの、ステージをこなす内にだんだん楽しくなってきました。
    3Dによるアクションステージは、正に「爽快」の一言。
    奥行きのあるステージをあっという間に走り去り、気付けばそのすがすがしさに酔うはず。
    特に全体的に「音楽」がどれも素晴らしく、爽快感が更に加速します。
    音楽の為だけでも、買って後悔はしません。
    加え、ステージをクリアすると「ソニックマーク」なるものが手に入り、それを集める楽しさもあります。
    全部で100個以上、全部集めるのはよっぽどやり込まないとまず無理。
    初心者は軽く楽しめ、やり込み派も十二分に楽しめる、間違いなく良作な一本です。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。