ラングリッサー ミレニアム|メサイヤ|ドリームキャスト

ラングリッサー ミレニアム

ドリームキャスト > ロールプレイング
管理番号
:B000069UBZ
発売日
:1999年11月03日
メーカー
メサイヤ
定価(税抜)
5,800
元・光栄のスタッフが設立したサンタエンタテイメントによる企画・開発の作品。
世界観を一新、キャラクターデザインがうるし原氏から介錯氏とK2商会へと変更された。旧シリーズはステージクリア型のシミュレーションだったが、今作はワールドマップ上を移動し、各拠点を制圧して国力を上げていくリアルタイムのシミュレーションとなった。戦闘は小隊同士の戦闘がアクションパートで描かれ、キャラクターを実際に操作し戦う。
ラングリッサー ミレニアム|メサイヤ|ドリームキャストのゲーム画面
ラングリッサー ミレニアム|メサイヤ|ドリームキャストのゲーム画面
ラングリッサー ミレニアム|メサイヤ|ドリームキャストのゲーム画面
ラングリッサー ミレニアム|メサイヤ|ドリームキャストのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるメサイヤ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★

    ……これ、本当に『ラング』?

    過去の『ラング』シリーズとは異なる世界、異なるシステムを採用した作品。
    群雄割拠のファンタジー世界で、二つの大陸を完全統一するために戦う若き英雄たちを主人公に据えた、アクション要素を持つSLGです。

    本作を表現するキーワードは二つ。

    「介錯」と「声優」です。

    『神無月の巫女』『円盤皇女ワるきゅーレ』などの作者・介錯氏をキャラクターイラストレーションに起用し、キャラ同士の会話は大物声優を惜しげもなく投入しまくったフルボイス仕様。
    地のナレーション文を読み上げるのは、なんと小林清志氏(『ルパン三世』次元大介役のお方)。

    ……とまあ、アニメ(萌え系)・声優好きにはたまらない方向性を持っているわけですが。

    肝心のゲーム部分が、かなり問題アリなのです。
    3Dアクションの戦闘は全体的に動作が緩慢で、しかも自軍のCPUキャラがどうにも頭の悪い動きをしてくれやがります。
    隊長キャラは自分で動かすのでまだなんとかなりますが、隊員が本来の能力を発揮してくれないことが多いのです。
    それで敗退して拠点を奪われたりするのでは、ストレスもたまります。

    5人いる主人公のキャラ設定や個別のストーリー展開にもさほど深みはなく、非常に類型的です。
    (まあ、介錯キャラらしいといえば確かにその通りなのですが)

    結論。

    介錯氏のファンなら買ってもいいですが、飽きるのも早いと思われます。

  • 嘘でしょ

    ラングリッサーは5以外は全て良作揃いだがなんじゃこりゃ?
    イラストの男なんだか女なんだか分からん少女漫画なイラストに嫌な予感はしたが3Dポリゴンになり、アクション要素の追加。
    登場キャラも同じ顔したモブ集団ばかり。
    一体メサイヤに何があった・・・悪い夢でも見てるようだ。

    中にはラングリッサーと思わなければ面白いと思われる人もいるだろう。
    それならタイトルからラングリッサーを抜いてくれという話。
    こんなもんミレニアムだけで十分じゃ。

    もはやミレニアムという言葉がトラウマになりかねない。
    と言うかスポーツゲームでもないのにナンバリングに年号を入れてるタイトルにあまり良い印象がない。
    そりゃグローランサーに喰われるわな。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。