クライマックス ランダーズ|セガ|ドリームキャスト

クライマックス ランダーズ

ドリームキャスト > ロールプレイング
管理番号
:B000069T9L
発売日
:1999年09月15日
メーカー
セガ
定価(税抜)
5,800
クライマックスが手がけたゲームのキャラクターが登場する同社の集大成的な作品。キャラクターデザインは玉木美孝。自動生成型のダンジョンRPGであり、空腹度の存在などローグライクゲームを基本としたシステムを持つが、マス目を移動するような方式にはなっておらず、マップ内を自由に動き回れる。戦闘はターン制。シンボルエンカウントにより発生。戦闘中にモンスターを捕獲でき、仲間として戦闘に参加させられる。
クライマックス ランダーズ|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
クライマックス ランダーズ|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
クライマックス ランダーズ|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
クライマックス ランダーズ|セガ|ドリームキャストのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるセガ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    似てるけど別物です

    入るたびに構造が変化するダンジョンを探索するRPG。
    戦闘はターン制で行われ、選べる選択肢は、技、魔法、守備、捕獲、アイテムの5つになります。
    技はVITゲージを消費することで使用可能です。
    又モンスターは戦闘中に捕獲することができ、仲間として戦闘に参加してくれます。

    ゲームの進め方は基本的にはダンジョンをもぐっていき、最終階にたどり着いてボスを倒せばクリアーになります。又地上へは自動的に戻れる仕組みとなっています。
    一見トルネコ、シレンタイプだけど、中身はかなり違います。

    モンスターの捕獲と育成、アイテム収集、武器や防具の強化などいろいろな要素が含まれていてかなり楽しめます。
    又ポリゴンのグラフィックの美しさも素晴らしいできで、マシンの恩恵を受けている感じです。
    コマンド方式の戦闘はそれほど緊張感は強いられるものではなく、フツウのRPG的な感覚で進めていくようなタイプでしょうか。

    唯フルポリゴンのマップ構成もそれほど複雑なものではなく、3Dにしてある意義を感じられなかった。
    やり込む要素はたくさんあると思うけど、トータルとしての完成度は今一歩という感じを受けました。

  • ★★★★★

    ゲーム的

    これはトルネコみたいに自動生成ダンジョンで常にレベル1からっていうゲームです。
    そしてダンジョン内の敵は全て仲間に出来ます。色違いばっかりですがw
    キャラ達は戦闘を重ねるにつれて色々なスキルを覚えていきます。
    しかしそのスキルを使うには条件があって(素早さ○以上とか)、レベルを上げるか、ボーナスポイントを割り振ったりして、使えるようになります。
    戦闘バランスはあまり良くありません。
    しかし、セガのハードにはこんなマイナーなゲームにでも熱中できる不思議な魅力がありました。
    どんどんハードの性能が上がっていき、リアルになってくゲームも悪くないんですが、こういうゲーム的なグラフィックもすきです。
    ちなみに主人公の一人の、○○○はミニスカート履いてるわりにパンツをはいてません。

  • ★★★★★

    埋もれた名作!

    久々にDCを引っ張り出して、このゲームをやってみたのですが、面白い!
    ダンジョンが自動生成なので、トルネコのイメージで捕らえがち。
    ですが、スキルや魔法、対戦時の配置、モンスターの捕獲等、一見他のゲームの寄せ集めと思いきや、これが結構独特の仕組み・世界が出来上がってます。
    一度クリアしたダンジョンに再度挑戦する”クエスト”も、なかなかです。
    私としては長くプレイできそうなゲームとして、お勧めですよ!

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。