• ドラゴンフォース2 神去りし大地に|セガ|セガサターン (SS)セガサターン (SS)
  • ドラゴンフォース2 神去りし大地に|セガ|セガサターン (SS)セガサターン (SS)のゲーム画面
  • ドラゴンフォース2 神去りし大地に|セガ|セガサターン (SS)セガサターン (SS)のゲーム画面
  • ドラゴンフォース2 神去りし大地に|セガ|セガサターン (SS)セガサターン (SS)のゲーム画面
  • ドラゴンフォース2 神去りし大地に|セガ|セガサターン (SS)セガサターン (SS)のゲーム画面

ドラゴンフォース2 神去りし大地に

Dragon Force II - Kami Sarishi Daichi ni
★★★★★3.3(4件)
機種
セガサターン (SS)
ジャンル
シミュレーション (SLG)
発売日
1998年4月2日
メーカー
セガ
定価
5,800

ゲーム概要

セガより1998年4月2日にセガサターン用ソフトとして発売されたシミュレーションRPG。同じくセガサターンで発売されてたシュミュレーションRPGの名作「ドラゴンフォース」待望の続編となる。前作と同じくの500年後のレジェンドラ大陸が舞台。システム面では2倍近く増えた兵種、新しい必殺技、アイテムの研究(合成)、オート探索、フィールド時間の早回しなど前作に比べ大きく改良された。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるセガ様が権利を所有しています。
© 1998 セガ All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★ ★★ 3.0

    詰んだ

    全キャラで試してないが『シェン』プレイの場合ゲーム中盤以降の『ムーンパレスからの使者』イベント発生後各地の村にドグルが出現するが複数の村に武将を駐屯させている場合ターン開幕時に多数の戦闘フラグが同時に立つのでバグる。
    武将発掘・アイテム探索で武将を村に配置はセオリープレイなので凹む。
    安全に遊ぶにはセーブデータを2つずらして作った方がいい。

  • ★★★ ★★ 3.0

    システム面は良いのだけど…

    良い面はシステム面で、2倍近く増えた兵種、新しい必殺技、アイテムの研究(合成)、オート探索、フィールド時間の早回しなど、
    前作に比べ、とても進化している。
    しかし、肝心なベースとなる部分が残念なことになっている。
    '1、マップ、戦闘画面などグラフィックの全般の色合いが暗いため、ゲーム自体が前作に比べてかなり暗い雰囲気に仕上がっている。
    '2、BGMの出来は悪くないが前作より暗いイメージの曲ばかり。
    '3、マップの形は前作と違っているものの、大陸の面積が前作よりも明らかに狭い。
    2回ほどプレイしただけでフィールド全域を把握出来てしまう狭さ。
    国獲り合戦のシュミレーションゲームにおいてフィールドの狭さは致命的。
    そのうえ、移動ルートの線が直線的で、シナリオの進み方に合わせて、ほぼ1本道を進むようなものになってしまっている。
    '4、敵勢力のCPU思考回路が悪すぎる。敵のキャラクターがほとんど移動せず、シュミレーションゲームの肝となる国獲り要素が皆無に等しい。
    ゲーム中盤になっても半分以上の城が空城になっていたりする。
    '5、メインのキャラクターは まぁまぁだけども、半分以上のキャラクターに魅力が無さ過ぎる。
    変な顔グラフィックのキャラばかりで、育てたいとも思わない。
    また、武将技発動時に音声を入れたのは良いが、君主以外のキャラクターは顔(イメージ)と声が全然合っていない。
    '6、前作で好評だった因縁のあるキャラクター同士の会話が少なくなっていて、キャラクター性が薄い。
    一応、因縁キャラクターや血縁キャラクターを設定しているようだが、攻略本を読まないと解らないような設定ばかり。
    前作のように各シナリオにおける因縁キャラクターのサブイベントが無い。

    7、フィールドにおいて敵師団が近づくと向かって行ったり、逃げていったりする師団の動きが無くなっていたり、
    とにかくフィールドマップのアクションが無い。ポーズをかけて早めの「入城」コマンドが廃止。
    戦闘準備画面の「交渉」コマンドの廃止。
    8、敵キャラが成長しない。前作は君主キャラのレベルに比例して、自国配下以外のキャラはレベルが上がっていったが、
    今回は初期レベルのまま成長しないので中盤〜終盤にかけてレベル1や2のキャラと戦ったりする。
    ゲームバランスにおいて、これは致命的なことである。

  • ★★ ★★★ 2.0

    1より評価は落ちますね。。。

    前作ドラゴンフォースがかなりサターンソフトの中で出来が良かったので、次回作も期待して買ってみました。キャラデザが事情があったのか、前作の方ではなく結城信宏さんに変わっていて、一抹の不安があったのですが…、
    案の定、ゲームの方も驚くほど変わっています。
    世界は前作の百年後のレジェンドラ大陸で、7人の英雄の子孫たちが国を率いています。
    (しかしながら前作のEDで統合されそうな国もあったはずなのに子孫は別って??)キャラクターが前作に比べて魅力がないのがまず致命的です。
    感情移入が難しいです。

    今回は配下武将も目立たないキャラが多かったですね。比較的あっさりしています。
    ゲームシステムは、内政がオートで出来る点が改良されました。
    あとは、武器やアイテム、率いる塊??種などを「合成」できるシステムが追加されました。
    その点は良かったと思います。
    しかしながら、前作よりシナリオ、キャラクターの魅力、そして最終バトルのゲームバランスの悪さ、どの点をとっても1を超えられなかったソフトです。
    しかしながら、1をやってみて、その続き(未来)が知りたい方は、やってみてもいいと思います。
    衝撃的な事実が分かりますから。

  • ★★★★★ 5.0

    進化してる!!

    1ではなかった洞窟探索や装備品やアイテムの研究、新しい兵種。
    キャラクターの関係性もより複雑になっていて面白いです。
    未だにサターンを引っ張り出してプレイしたくなる中毒ゲームです。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

関連ゲーム

ドラゴンフォース

セガより1996年3月29日にセガサターン用ソフトとして発売されたヒロイックファンタジー風のシミュレーションRPG。8人の君主から一人をプレイヤーキャラクターに選び大陸統一を目指す。最大100人対100人の戦闘シーンが売りのひとつ。続編に1998年4月2日に発売された「ドラゴンフォース2 神去りし大地に」がある。

ゲームの説明を見る

ドラゴンフォース2 神去りし大地に

セガより1998年4月2日にセガサターン用ソフトとして発売されたシミュレーションRPG。同じくセガサターンで発売されてたシュミュレーションRPGの名作「ドラゴンフォース」待望の続編となる。前作と同じくの500年後のレジェンドラ大陸が舞台。システム面では2倍近く増えた兵種、新しい必殺技、アイテムの研究(合成)、オート探索、フィールド時間の早回しなど前作に比べ大きく改良された。

ゲームの説明を見る

ドラゴンフォース(セガエイジス2500 Vol.18)

セガより2005年8月18日にプレイステーション2用ソフトとして発売されたシミュレーションRPG。100人以上の登場人物が複雑に絡み合うゲーム作品。選んだ主人公によってシナリオが異なり、最大8通りのシナリオが展開される。最大100対100の兵隊達が繰り広げるバトルは迫力満点となっている。遥かなる神話の時代を越え、現在星竜が甦り、そして、星竜の紋章が輝く時、神話の謎が解かれる。

ゲームの説明を見る

ゲーム関連動画

ドラゴンフォース2 神去りし大地にの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!ドラゴンフォース2 神去りし大地にの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

セガサターン(SS)売上ランキング

最終更新日:2024年1月7日 PR