• 駿河屋
  • 楽天市場
楽天市場
時空戦士テュロック|アクレイムジャパン|ニンテンドー64

時空戦士テュロック

ニンテンドー64 > アクション
発売日
:1997年05月30日
メーカー
アクレイムジャパン
定価
7,800
アクレイムジャパンより1997年5月30日にニンテンドウ64(NINTENDO64)用ソフトとして発売された。恐竜帝国が栄華を極める時空の狭間「ロストランド」で様々な武器を手に闘う3Dアクションシューティングゲーム。様々な武器を使い分けながら襲い掛かる人間やメカ、恐竜を退けつつ、時空の奥底で目覚めた破壊神の打倒を目指す。一度クリアすることで得られるパスワードを使用すると、ウラ技が使用可能となる。
時空戦士テュロック|アクレイムジャパン|ニンテンドー64のゲーム画面
時空戦士テュロック|アクレイムジャパン|ニンテンドー64のゲーム画面
時空戦士テュロック|アクレイムジャパン|ニンテンドー64のゲーム画面
時空戦士テュロック|アクレイムジャパン|ニンテンドー64のゲーム画面
このゲームの攻略サイトを検索

※パッケージ、ゲームイメージ、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるアクレイムジャパン様に帰属します。

関連動画

時空戦士テュロックの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    素晴らしいけど、初心者向きではないかも・・・・

    テュロック(トラク)とは個人の名前ではなく、宇宙の平和を乱す魔神が目覚める特、魔神を倒すべく善の神々から任命される戦士のことです。
    そのため、(時空戦士テュロックは現在「3」まで出ていますが)毎回主人公が違います。
    この第一作では、アメリカン・インディアンの青年が任命され、時空を駆け巡り、魔神キャンペイナーを滅ぼします。
    DOOM、OUAKEに続くファースト・パーソン・シューティングの革命児のひとつです。
    NINTENDO64版とPC版が出ていますが、画質や操作性など、あらゆる面でPC版に軍配が上がります。
    ただ、64版も悪くはなく、出た当初は当時の大抵のパソコンゲームのFPSをも凌ぐ素晴らしい出来でした。
    なんといっても豊富なワールドがあり、飽きさせませんし、ボス敵がイカしてます。
    難点はセーブが自由に出来ないこと。
    結構罠が多く、足場から落ちると即死というものが多いにもかかわらす、セーブ・ポイント以外ではセーブできないというのも・・・・。
    それでもかまわないのですが、ボス敵の直前にはセーブポイントがないのです。
    「UNREAL」などだと「EASY」にすれば大抵の人がクリアできると思うのですが、TUROKの場合「EASY」にしてもそういった罠でやられる人が多いのではないでしょうか・・・。
    難易度はFPSのなかでは中のやや上くらいで、FPSファンにはちょうど良いくらいなのですが、FPS初心者だとちょっとキツイかも。

  • ★★★★

    よくできているFPS

    おもしろいし、よくできています。
    主人公は「アイムテュロック」といちいち名乗る律儀者(笑)
    高い所を飛ぶ所では何回ゲームオーバーになった事か。
    しかし楽しい。
    ただ、寝不足の時にこのゲーム遊ぶのはやめた方がいいですよ
    私は寝不足の時に遊んで気持ち悪くなりました。
    いわゆる画面酔い。

  • ★★★★★

    理不尽さも難易度

    N64の「ゴールデンアイ」がおもしかったからやってみよう・・・
    という方はきっとやけどします。
    テュロックはジャンプの要素も含まれるのでFPSにアクションの要素を含む感じになります。
    当時のN64とは思えないグラフィックを多彩なステージは楽しいです。
    ただ洋ゲーなので不親切というか放置プレイと思ってください。
    ステージ事に6つの時空石という物を集めるのですがノーヒントです。
    なのでやられては武器の配置や時空石の場所を知る「覚えゲー」になります。
    またジャンプのタイミング等が取りづらくそれも難易度の上昇に繋がっています。
    しかし以上の点を踏まえてた上でのクリアした時の達成感は拳を上げたいくらいの喜びです。
    気軽に遊びたい方には向きませんが骨太ゲームと戦い方にはお勧め。
    私は手に入れてからクリアまで10年以上かかりましたがw
    プレイする際はコントローラパック16ページないとセーブ出来ないので気をつけて下さい。

  • ★★★★

    激。

    「007-ゴールデンアイ」と同じで、自分視点で敵を倒していくゲームです。
    洋ゲーであることはプレイしてすぐに分かりますが、あとこのゲームだけにある味、テュロックがゴールデンアイを越えると思うのは「派手」さ。
    武器の種類が本当に豊富で、核兵器のようなものもあってそのエフェクトは凄まじいです。
    あと難易度がとても高い。
    それは「ジャンプ」を使ったりする操作性による問題もあると思いますが、全体的にパズルのような謎が多くあります。
    それを解きながら楽しさを見つけるんですが、多くの人は途中で投げ出すことでしょう。
    腕に絶対の自信がある人に、特にやってもらいたいです。
    初心者お断りゲームです。

  • ★★★★

    評価

    このゲームが洋ゲーであると理解して3D視点のアクションゲームが好きなら買っても良いと思います。
    内容的には007と類似していますがこっちの方が奥が深いです。
    Cボタンで移動3Dスティックで視点を変えZで攻撃。
    AとBは武器の変更 Rでジャンプ。
    トレーニングモードが有るのでそこそこの人なら絶対楽しめます。
    (攻略本がまだ売っていれば良いのだが)

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。

ニンテンドー64売上ランキング