• レイヤーセクション|タイトー|セガサターン (SS)
  • レイヤーセクション|タイトー|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • レイヤーセクション|タイトー|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • レイヤーセクション|タイトー|セガサターン (SS)のゲーム画面
  • レイヤーセクション|タイトー|セガサターン (SS)のゲーム画面

ゲーム概要

業務用で稼働していた「レイフォース」のセガサターン移植作。アイテムを取ることでショットの威力強化やロックオンレーザーの同時発射数の増加をしながらステージを進める。「ロックオンマーカー」と呼ばれる自機前方に表示されている照準を低高度の敵機に合わせることでロックオンし、その状態でボタンを押すことで自動追尾するレーザーを発射、攻撃する。最大で8発まで同時に射て、耐久力のある敵には重ねてロックオンできる。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるタイトー様が権利を所有しています。
© 1995 タイトー All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★ 5.0

    良作、良移植

    アーケード版レイフォースをリアルタイムで遊んでいた厨房から工房時代、シンプルながらも斬新なシステムと透明感を感じさせながらもテンションを上げてくれる1面道中のBGMに感動し、すっかり虜となってしまった自分。

    それからしばらくしてゲームショップで本作をたまたま発見。裏を見たらまさにレイフォース。PSかサターンのどちらかを買おうと来ていた事もあり、白サターンと本作を同時購入。

    起動後→タイトル画面→デモ→スタートして1面。そこにはゲーセンで感じた世界がそのままの形で広がっていた。

    敵の配置など細々とした所は分からないがグラフィック、BGM、SE、演出…全てにおいてアーケードとほとんど変わらないクオリティに感動した。難易度は高いものの、それ以外の部分は間違いなく良作と言える物だった。

    サターンを持ってる者なら一度はやっておくべきタイトル。

  • ★★★★★ 5.0

    多分一番好きなシューティングゲーム

    初めてこれをやった時は、その綺麗な画面と画期的なシステムに衝撃を受けた。
    そして、何といっても演出が良かった。ステージが進む度にわくわくするステージ構成は、まさに職人のなせる業かもしれない。
    最後の方になると、敵の量も半端じゃない!!敵も必死なのだ。
    その感じが伝わってくる。こっちも必死、敵も必死!そしてたどり着いたラスボスにさらに衝撃を受ける。
    これこそラスボス!圧倒的な攻撃に殺され、何度も何度もリベンジする。
    そして残機ギリギリでクリアしたあの達成感は忘れられない。
    これから先、2、3と続編が出たが、この作品が一番だった。
    ラスボスも一番好きだ。

  • ★★★★★ 5.0

    名作

    業務用は当時もうこの手のゲームはすることが無いかという感じでしたが見事にまだやれることがあるのを見せ付けた名作。タマちゃんもなかなかいい仕事をしています。それまでのハードでは考えられないなかなかの移植度です。グラフィック、音楽、ゲーム性、世界観など見事なでき。モニターを縦置きしたく普通のテレビを縦にして画面を紫色にした思い出が有ります。ビデオが出た時プレイヤーが下手くそ討ち死にプレイだったのを思い出します。ダライアス外伝はメチャクチャ上手かったが。

  • ★★★★★ 5.0

    此のためにサターン買った

    移植度はかのダライアス外伝をも凌ぎます。
    唯一の難点は,アーケード基盤用の縦置きモニターが必須なところか。
    私的には、ゲームを越えた一個の表現作品だと考えています…勿論ゲームとしても傑作ですがね(笑)
    果たしてこのSTG,カンストがあるのかどうか不明ですが、自分が知る限り940万点オーバーが最高だったと記憶しています…最早人間じゃあねえ!

  • ★★★★★ 5.0

    本当に名作だ

    これが出た当時、画期的とは思いつつも、どれが地上物かわかりにくいのと自機のデザインがあんまり好きじゃなかったと言うだけであんまりやらなかった。今にして思えば大失敗だった。

    タイトーのシューティングはダライアスもそうだけど、デザインがあんまり好きじゃなかった。当時の自分はちょっとした事にうるさかった。歳をとったらそんな変なこだわりは無くなって、いいものはいいと認められるようになった。

    そんな今の自分の目で見ると、このゲームはまさに名作だ。続編が色々でたのも頷ける。シューティング冬の時代にタイトーはこんな凄いゲームを作ってくれた。なのに自分ときたら、ろくに遊びもせず、お金も使わず、本当に悪いことをしたと思う。まあ、昔はお金あんまり持ってなかったけど、それ以上に社会のしくみがわかってなかった。いつも中古で安くとかメーカーにお金をあんまり払ってなかった。それにまさかシューティングが絶滅に近いとか、ゲーセン潰れまくりとか、こんな事まったく予想してなかった。

    お金を自由に使えるようになった今こそ楽しくて有意義な事にお金を使いたい。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

関連ゲーム

レイヤーセクション

業務用で稼働していた「レイフォース」のセガサターン移植作。アイテムを取ることでショットの威力強化やロックオンレーザーの同時発射数の増加をしながらステージを進める。「ロックオンマーカー」と呼ばれる自機前方に表示されている照準を低高度の敵機に合わせることでロックオンし、その状態でボタンを押すことで自動追尾するレーザーを発射、攻撃する。最大で8発まで同時に射て、耐久力のある敵には重ねてロックオンできる。

ゲームの説明を見る

レイヤーセクション2

メディアクエストより1997年10月30日にセガサターン用ソフトとして発売された縦スクロールシューティングゲーム。アーケードで稼働していた「レイストーム」の移植作品。「レイフォース(レイヤーセクション)」の続編。前作からの変更点としてロックオンレーザーが自機と同じ高さでも使えるようになったことや緊急回避用のスペシャルアタックの導入、2種類の自機を選択できるようになったことなどが挙げられる。

ゲームの説明を見る

レイストーム

タイトーより1997年1月10日にプレイステーション用ソフトとして発売されたシューティングゲーム。アーケードの人気SFシューティング『レイストーム』のプレイステーション移植作品。敵をロックオンして一気に倒せば高得点となる「ロックオンレーザー」などアーケード版からの完全移植に加え、新しい敵、配置、ステージで楽しめるエクストラモードを新たに搭載している。性能の異なる2種類の機体から自機を選んで戦おう。

ゲームの説明を見る

レイクライシス

タイトーより2000年4月20日にプレイステーション用ソフトとして発売されたシューティングゲーム。タイトーの大人気SFシューティング『RAY』シリーズ第3弾となる。おなじみの敵をロックオンして一気に倒せば高得点となる「ロックオンレーザー」システムをさらに発展させて継承し、値によって難易度が変動する侵食率システム、一連のステージを全て通してプレイする「スペシャルモード」など新要素を搭載している。

ゲームの説明を見る

THE ダブルシューティング レイストーム×レイクライシス(SIMPLE1500シリーズ Vol.75)

D3パブリッシャーより2001年10月25日にプレイステーション用ソフトとして発売されたシューティングゲーム。迫力の3Dグラフィックを駆使したシューティングゲームの金字塔『レイ』シリーズの2タイトルのカップリングソフトとなる。名作中の名作と言われる『レイストーム』と『レイクライシス』を収録。2作ともアーケードの完全移植に加え、オリジナルモードを追加。襲いかかる敵をなぎはらい、巨大ボスを撃破しよう。

ゲームの説明を見る

ゲーム関連動画

レイヤーセクションの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!レイヤーセクションの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

セガサターン(SS)売上ランキング

最終更新日:2024年2月3日 PR