魔法騎士レイアース|セガ|セガサターン

魔法騎士レイアース

セガサターン > ロールプレイング
管理番号
:B000092PFU
発売日
:1995年08月25日
メーカー
セガ
定価(税抜)
4,800
CLAMP原作の漫画・アニメ「魔法騎士レイアース」のゲーム化作品で、ストーリーは原作の第1部をモチーフにしたオリジナル。
マップを移動しながら、画面上に点在する敵キャラクターを操作キャラクターで倒していく戦闘システム。ボスにはいわゆる根負けシステムが採用されており、負けてもゲームオーバーにはならず再戦すると弱体化している。最終決戦は魔神を切り替えて戦闘を行うシューティング風のゲームになっている。
魔法騎士レイアース|セガ|セガサターンのゲーム画面
魔法騎士レイアース|セガ|セガサターンのゲーム画面
魔法騎士レイアース|セガ|セガサターンのゲーム画面
魔法騎士レイアース|セガ|セガサターンのゲーム画面
このゲームの動画をYouTubeで検索 ▶︎

※パッケージ、ゲーム画像の著作権は、メーカーであるセガ様に帰属します。

Amazonレビュー

  • ★★★★

    丁寧に作ってある作品です

    当時に激安で購入しプレイして以降、久々にプレイ。
    ムービーの粗さは仕方ないとこだが、アクションゲームとしては頑張っている。
    レイアースのファンなら入手して損のない作品です。コンシューマ機で出たレイアースゲームではピカイチだと思います。
    今回、なぜかイベントで音声再生するシーンで、何度かフリーズしてしまうことがあった。(再プレイでなんとかなった)
    特にCD-ROMの傷などもなく、所有は白サターンで、他のゲームでは問題が出ることはなかった。
    かつて遊んだ時も、白サターンだったので、今回の事象は何が問題かわからなかった。
    どうも音声の再生で進まないので、そのまま止ってしまうようだ。データのリードエラーが起きているならリトライの処理が貧弱なのかもしれない。
    昔は起きなかったので、再現性は低いかもしれませんが、再プレイで再現しないかドキドキしてプレイしていました。

  • ★★★★★

    とても丁寧に作られた作品

    とにかく背景が緻密でゲームオリジナルの街とかも世界観を崩していなく製作者の愛を感じます。
    あの透明感空気感は何世代かゲーム機が進んでも色あせないほど素晴らしいです。
    基本はアニメ通りだがオリジナル要素が結構ありただトレースするだけではないから楽しいし蛇足になっていない。
    小さな女の子でもなんとかなるために残機はなく倒れるたび敵が弱くなるので詰まらない。
    風の武器が大剣からホーミングの矢になってるが正解。3人が攻撃力と範囲で差別化されている。
    光は前方120度を放射状にとかもう少し広いほうがいいかな。馴れたら海の突きで充分なので。
    唯一難点がラストの魔神は単調でスローなシューティングといきなりゲームが変わったよう。
    もう少しアニメの激しさが伝わるように出来なかったものか。
    アニメは2があるけどゲームはこれで完結。2に繋がる後悔が一応無い演出になっています。
    基本はいじらず2を作る前提で死にキャラ改変してアニメ良くしてラスボス戦改善したの2と一緒にリメイクして出さないかな。

  • ★★★★★

    埋もれてる名作

    キャラゲーということで手が出しづらく
    サターン初期なので本体価格も高く普及していなかった時の作品なので
    あまり知られていない名作
    原作を知らなくても素晴らしい操作性と熱い展開で燃えます
    メガドラでエインシャント作品を知っている人にも納得の操作性です
    私も原作に興味なかったのですがコレが切っ掛けで蔦屋で一気見しました
    マーク?時代から続くセガのキャラゲーにハズレ無し
    自社物のハズレは多いけどな…

    アニメ会社やTV局はバ◯ナムよりセガと手を組んだほうが良いのではないのでしょうか?
    つかセガバンダイだったらJOJOの悲劇は生まれなかったと思う

  • ★★★★★

    久しぶりのプレイに興奮

    13年ぶりくらいにセガサターンを起動させました。というのもホコリをかぶったこのソフトを片づけの途中で見つけてしまったから。
    ちゃんと起動した本体にも感動でしたが、13年ぶりにオープニングの「ゆずれない願い」が流れてきたことに感激。

    わたしは原作もアニメも好きでした。当時は操作が難しく感じましたが、今やってみると意外とサクサク進んで楽しい楽しい。
    収集癖のあるわたしには「虹色のアミュレット」なる宝石を全部集めるのがこれからの楽しみです。虹色おじさんのところに持っていくと不思議なアイテムと交換してくれます。

    クリエイターさんたちが丁寧に大切につくったことを感じられるゲームだと思います。町や建物の中なども、けっこう凝っている感じです。グラフィックも当時の最先端だったのだと思うと萌え心に火が着きます。もちろんお金もかかってるなこりゃ。今では大御所の声優さんたちの声があらゆる場面に登場します。

    「仲間」「個の自由」とか「愛すること」「本当に大切なものはなにか」とか、考えれば考えるほど深いテーマを感じます。その表で可愛い・かっこいいキャラたちが雰囲気を必要以上に暗くさせず元気に動きまわってくれます。

    初めて買ったテレビゲームにして最高の作品です。

  • ★★★★★

    キャラゲーとしては名作

    当時の技術、キャラゲーということを踏まえて見れば間違いなく名作に入るゲームです。
    やりこみ要素+華麗なグラフィック+作りこまれたゲームシステムが当たり前の現代ではしょぼいアクションRPGになってしまいますが、それでもキャラゲーとしてこれだけのクオリティを持つゲームは少ないと思います。

    ・シナリオ
    原作、アニメ以上に鬱展開。明るい曲調や可愛らしい絵柄に誤魔化されてしまいますが、よく考えてみればかなりの鬱ゲー。もとの原作が鬱的な終わり方をするのでエンディングはとにかく物悲しいです。個人的には、アルシオーネの死に方が一番切なくて気に入っています。原作よりもアスコットは不幸で、カルディナは悪役のような面が目立ち、ラファーガの悲劇の度合いが増しています。

    ・キャラ
    いまでいうあらすじ機能として光、海、風はそれぞれ絵日記をつけています。同じ事件や出来事を描いているのですが、三者三様の視点からなので読み比べるとなかなか面白いです。たとえばフェリオ絡みの事件のとき、光は事件のことだけを書き、風はフェリオを気にするようなことを書き、海はフェリオを気にする風のことを書く・・・といった感じで、それぞれの個性がよく出ています。原作よりも丁寧にキャラ描写がされてます。

    ・キャラの操作性
    風は間違いなく初心者向きです。回復・攻撃・防御すべての魔法を習得し、武器は敵を自動追尾してくれます。画面外から適当に乱射してるだけでも敵を倒せます。ただし、武器・魔法ともに三人中最弱。海は最強の攻撃力と長いリーチを誇る武器を持っています。ボス戦は海に頼ることが多かったです。問題なのは光。魔法攻撃力は三人中最強なのですが、魔法は連発できるものではない上に判定もシビアなので意外と使えません。武器も序盤は海より攻撃範囲が広いものの、話が進むにつれ海のリーチの長さに差をつけられてしまいます。対ザガートの魔神戦なんて、光だけ使い物になりません。主人公なのに。。。

    ・システム
    フルではありませんがメインストーリーはボイスがあり豪華声優陣ばかりです。ムービーも画質は粗いものの、結構な量がありますし、作画はきっちり描き込まれています。ムービー観賞ができないのは残念。サウンドテストはあるので音楽は聴けます。やりこみ要素は・・・まあ、あるにはあるのですが、ヒントなしでは大変な割にそれほどのものでもありません。敵キャラは色違いのコピペが多く、体力が上がってるだけです。ダンジョンも難易度は低く、当時一桁の年齢だった私でも余裕でクリアできました。ボイスなどをゆっくり聞きながらプレイしても一日でクリアできるレベルです。

    とにかくキャラゲーとしては良い作品です。惜しむらくは機種がセガサターンなことぐらい。セガサターン本体も中古で安く買えますし、レイアースが好きだったという人にはぜひプレイしてみてほしいです。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム運営規約に基づき記載しています。