• ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編(ディスクシステム専用)|任天堂|ファミコン (FC)
  • ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編(ディスクシステム専用)|任天堂|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編(ディスクシステム専用)|任天堂|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編(ディスクシステム専用)|任天堂|ファミコン (FC)のゲーム画面
  • ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編(ディスクシステム専用)|任天堂|ファミコン (FC)のゲーム画面

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編
(ディスクシステム専用)

Famicom Mukahi banashi Shin Onigashima
★★★★4.5(2件)
機種
ファミコン (FC)
ジャンル
アドベンチャー (ADV)
発売日
1987年9月4日
メーカー
任天堂
定価
2,600

ゲーム概要

任天堂より1987年9月4日にファミコンのディスクシステム用ソフトとして発売されたテキストアドベンチャーゲーム。前後編テキストアドベンチャーシリーズの1作目。「桃太郎」や「かぐや姫」など、日本の昔話から引用したキャラクターが、独特の切り口により融合された世界観の元で活躍する。昔話特有の優しく親しみやすい語り口で主人公の男の子と女の子、動物たちによる冒険や出会い、別れを織り込んだ物語が展開される。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーである任天堂様が権利を所有しています。
© 1987 任天堂 All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★ 4.0

    今はディスクプレイは難しいのでダウンロード版にしましょう。

    ファミコンディスクの傑作アドベンチャーゲーム。様々な昔話の「ごった煮」のようなゲームだが、完成度は高い。
    今はディスクプレイは難しいのでダウンロード版にしましょう。
    結構難しくて、選択肢を間違えるとアッサリ「ゲームオーバー」になる不条理さも何とか許容範囲内か。
    ディスクとして発売された当時は「前編」と「後編」とが間を空けての発売で焦らされるという感覚を多くの人が味あわされたことだろう。
    男の子は前編から後編への過程でうちでの小槌を使って大成長を遂げたが、主人公2人には前世からの大きな謎があった・・・・。発売当時の、昔話の登場人物たちが次々と「鍋」の中に飛び込むという(「かぐや姫入りま〜す。」「桃太郎、入りま〜す。」が忘れられない)テレビCMも印象的だった。

  • ★★★★★ 5.0

    任天堂の名作アドベンチャーゲーム。

    日本のいろんな昔話がモチーフの和風アドベンチャーゲームです。
    主人公は、男の子と女の子がいて、2人を切り替えながら進めてゆきます。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編(ディスクシステム専用)の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編(ディスクシステム専用)の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

ファミコン(FC)売上ランキング

最終更新日:2021年12月6日 PR