• アイビィ・ザ・キウィ?|バンダイナムコ|Wii
  • アイビィ・ザ・キウィ?|バンダイナムコ|Wiiのゲーム画面
  • アイビィ・ザ・キウィ?|バンダイナムコ|Wiiのゲーム画面
  • アイビィ・ザ・キウィ?|バンダイナムコ|Wiiのゲーム画面
  • アイビィ・ザ・キウィ?|バンダイナムコ|Wiiのゲーム画面

ゲーム概要

バンダイナムコより2010年4月22日にWii用ソフトとして発売されたアクションゲーム。アンティークな絵本を舞台に、幼い「アイビィ」が走り回って大冒険する新感覚アクションとなる。うまくなるにつれ、新しいやりこみ要素が登場する、シンプルかつ奥が深いゲーム性を実現しており、ワイヤレス通信でマルチプレイを楽しむ事も可能となっている。がむしゃらに走る「アイビィ」を伸びるツタを使って無事にゴールまで導こう。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるバンダイナムコ様が権利を所有しています。
© 2010 バンダイナムコ All Rights Reserved.

レビュー

  • カズタマ

    ★★★★ 4.0

    投稿日:2023年2月27日

    アイビィ・ザ・キウィ?

    『アイビィ・ザ・キウィ?』は、世界的人気を誇る『ソニック』シリーズの生みの親である中裕司さんが、2006年に設立したプロペで開発を担当した2D横スクロールアクションゲームです。
    生まれた時に母親からはぐれてしまったキウィの赤ちゃん・アイビィが、アンティークな絵本を舞台に大冒険を繰り広げます。
    「アイビィ」は飛ぶことが出来ないので、ただがむしゃらに走ることしかできず、1人では、階段を登る事もできません。
    プレイヤーは、ツタを引いて、「アイビィ」の旅を助けてあげながら、ゲームを進めていきます。

    ゲームのグラフィックは、まるでペンで書いた一枚の絵のようなゲーム画面で構成されており、手書きの絵本のような斬新で魅力的なデザインとなっています。「これでゲームが動くの?」「動いているところを見てみたい!」といった好奇心を触発し、プレイヤーの興味を駆り立てます。

  • ★★★★ 4.0

    DS版よりオススメ

    ちょこまかと動き回るアイビィがかわいいですね。
    このかわいいアイビィをツタで導く・・・というよりは強引にぶん投げたり、はじきとばしたりが楽しいゲームです。
    難易度は高めですが、慣れていくと敵や障害物にすばやく対応できるようになり、上達しがいがあります。

    DS版も体験版をプレイしたのですが、「ツタを描く」「ツタをひっぱる」が同じ操作のため、ツタをひっぱるつもりが描いてしまう、という誤動作が頻発しプレイしずらかったです。
    Wii版ではそのようなことがないので、こちらのほうがオススメです。

    ただ他の方もおっしゃっているように、ステージが淡々と続くため途中で飽きてしまいます。
    合間にお話を挟んでも良かったのではないでしょうか。

  • ★★★ ★★ 3.0

    ムズい

    ウェアで落としたけど中身は同じかな?

    キャラの可愛さよりも操作に忙しいゲームですねこれ。

    ただ、自分はこういうのに中弛みしやすいのでやりたいならウェアで買ってハマるかどうか試したほうがよいですね。
    ちなみに1000ポイントです。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

アイビィ・ザ・キウィ?の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!アイビィ・ザ・キウィ?の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

Wii売上ランキング

最終更新日:2023年2月27日 PR