• おどるメイドインワリオ|任天堂|Wii
  • おどるメイドインワリオ|任天堂|Wiiのゲーム画面
  • おどるメイドインワリオ|任天堂|Wiiのゲーム画面
  • おどるメイドインワリオ|任天堂|Wiiのゲーム画面
  • おどるメイドインワリオ|任天堂|Wiiのゲーム画面

ゲーム概要

任天堂より2006年12月2日にWii用ソフトとして発売されたバラエティゲーム。5秒程度の短いプチゲームを連続でクリアしていく『メイドインワリオ』シリーズの一作となる。Wiiリモコンを使ったWiiならではの瞬間アクションを、誰でも気軽に楽しむことができる。これまでのシリーズ同様、単体のゲームとして楽しめるミニゲームやサウンドモードなどのオマケモードも充実している。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーである任天堂様が権利を所有しています。
© 2006 任天堂 All Rights Reserved.

レビュー

  • カズタマ

    ★★★★ 4.0

    投稿日:2023年2月6日

    おどるメイドインワリオ

    『おどるメイドインワリオ』は、5秒程度の短い“プチゲーム”を連続でクリアしていく“メイドインワリオ”シリーズのWii版となります。
    Wiiリモコンの持ち方“お作法”に従ってWiiリモコンを動かすだけで、200種類以上のゲームを楽しむことができます。
    ひとつのリモコンを持ちまわし、12人まで遊べるモードも用意され、家族や友達とみんなで一緒に楽しむことも可能となっています。また、単体のゲームとして楽しめるミニゲームや、サウンドモードなどのおまけモードも充実しています。

  • ★★★★★ 5.0

    おお…!!これは一体?

    このゲームはみんなでやると笑えます!!おかしくてくだらないのが最高です!!
    とりあえず自分が唯一気になった所を書きます。
    とあるプチゲームで、カスタネットを「叩く」のがあるのですが、これには一瞬驚きます!
    なんたって「叩く」んですよ!!
    叩いたときの微妙な振動に反応するのかどうかは分かりませんが、感心してしまいました。
    他のプチゲームも相変わらず楽しくて、ゲームオーバーになっても何度も挑戦したくなります。 複数の方と遊びたいときにはお勧めのゲームです!!

  • ★★★★★ 5.0

    ワリオの為にWiiはある?

    シリーズ特有のテンポ良さ、笑いを誘う演出、相変わらずいいセンス!
    Wiiと出会う為メイドインワリオが生まれたのか?
    メイドインワリオの為にWiiが生まれたのか?
    などと思うぐらいの相性の良さ。
    Wiiリモコンはこのゲームの中では作法棒と言われ色んな構えがあるが
    恥を捨てないと中々使いこなせない…どうしてもと言う時は
    近い動きで誤魔化すの手、それを探るのもそれはそれで楽しい。
    個人的なお勧めはナインボルトステージ、任天堂好きの俺は毎回楽しみにしている。
    今回はキューブの名作がプチゲームになっていたので、例によってニヤッとプレイ!

  • ★★★★★ 5.0

    Wiiスポーツに飽きたらコレを買え!

    みんなWii本体と同時に買うのはWiiスポーツだろうけど、ぜひワリオも遊んでほしいね。
    このゲームだけでリモコンを使った操作をすべて網羅したんじゃないかってくらい盛りだくさん。
    シューティング、カーレース、クイズ、ダンス、スポーツ、中華料理人・・・・
    100種類以上のミニゲームが次々出てくるだけだから、普段ゲームしない人でも安心。
    基本的に1人プレイのゲームだけど、笑える要素や動作があるから、みんなを集めても盛り上がる。もちろん対戦モードもある。
    対戦モードはリモコン1つだけでやるってのもいいね。
    人数分リモコンを用意しなくていいのは金銭的に助かります。
    交互にプレイするときに、リモコン渡して、手首にストラップつけて・・・ってやるのが面倒だけど。

  • ★★★★★ 5.0

    一人用モードと多人数用モードがありますが

    Wiiリモコンのセンサ機能を存分に用いた、Wiiのロンチタイトルに相応しい作品。…いつの間にか「メイドインワリオ」シリーズって新ハードの機能お披露目ソフトになってません?
    まあ、と言ってもそれが悪いってわけじゃないです。Wiiリモコンを様々な持ち方で数多くのゲームが遊べる本作は、Wiiリモコンというコントローラを楽しむのにかなり良いゲームですよ。
    それと、初代を多人数プレイ用にアレンジした「あつまれ」を除けば、据え置きでメイドインワリオシリーズが出るのは本作で初ですね。
    そのため、シリーズおなじみのゲーム前後のアニメのグラフィックがかなり綺麗になっていたり、個人的に最も好きなパートである「ナインボルト(過去の任天堂ソフトのパロディが遊べる)ステージ」が、今まではハードの性能上FC程度のパロディが多数だったのが、本作ではFCからGCに至るまで多岐にわたっていたので楽しかったです。

    メイドインワリオシリーズの魅力も損なわれず、いつも通りですね。
    テンポが良好で、短い時間でぱっとお題をこなすプチゲームはすぐに親しめるぐらい単純明快、ちょっとバカっぽいノリも健在です。
    プチゲームの種類は相変わらずですし、出来も今回はそこそこ凝っていると感じました(前作「さわる」と比較した場合)。
    その他ミニゲームも充実しているし、おまけ要素も多くそれらが詰まった本作は本当におもちゃ箱みたいな感じですね。
    ただし、センサーバーがWiiリモコンを感知してくれず、Wiiリモコンを振っているのに何も起こらず「おいぃ!?」となることもあるのが残念。

    一人用ゲームは普段通りか、それ以上の出来の良さだったと思います。しかし、一方あまり評価が芳しくないのが多人数モード。
    本作は一人用と多人数用、2つのモードが用意されていて、初代メイドインワリオと「あつまれ」が1本になった感じと言えばお得感が伝わると思います。
    ところがこの多人数モード、あまり出来がよろしくない。「あつまれ」に比べるとルール数に劣る(4つ)だけでなく、それぞれのルールが似通っている。
    どれも単純にプチゲームの上手い人が勝つか、それに多少の運要素を加えただけのものばかりで、戦略性がない。「あつまれ」のような多彩な遊びはできません。
    また、「あつまれ」ではメイドインワリオのキャラクターを使用しましたが本作ではMiiを使用します。ここら辺は好みによって賛否両論あるでしょうか。

    プチゲームの出来が良かったので、多人数モードがせめて「あつまれ」ぐらいの出来だと大いに盛り上がったと思うのですが…本当に口惜しい。
    ちなみに、動きが大きく据え置きなためか、みんなで遊ぶと楽しい本作を私は専ら多人数用ゲームとして遊んでいるのですが、多人数モードでは遊ばず、一人用モードをコントローラを順番に回しながら遊んでいます。こっちのがテンポが良くて楽しい。

  • ★★★★★ 5.0

    期待を裏切らない(ワリオ☆☆)

    待ちに待った[Wii]
    DSでの(触ると動く)驚きの感覚がさらにパワーアップ!
    Wiiリモコンを{作法棒}と呼んでみたり、変な片言の日本語を話す外国人による説明を聞きながらの 次から次に起きるアクション??に、家族一同めちゃ大笑い。作法棒(リモコン)を、縦に持ったり 横に持ったり、時には刀のように振り下ろしてみたり・・・
    途中、ステージクリア後のアニメーションの画質の良さと、ストーリー。
    (何度でも観られる、エリアがあったりしてGOOD)
    本編であるゲーム内容の奇抜さには、相変わらずウケまくりです。
    恋人同士、ファミリー等、対象年齢は広いと私は思いますが・・・(最低限 スピーディーに字が読めて理解できればOKですが、小さいお子さんは見てるうちに慣れて覚えちゃうかも知れませんね)

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

おどるメイドインワリオの関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!おどるメイドインワリオの攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

Wii売上ランキング

最終更新日:2023年2月6日 PR