• 魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)
  • 魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面
  • 魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面
  • 魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面
  • 魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面

ゲーム概要

NECより1996年12月13日にPCエンジンのアーケードカード専用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。MSX版で人気の3DダンジョンRPGをアレンジ移植した作品。本作ではCDメディアの容量を活かし、キャラクターボイスがついているのが特徴で、他にもPCエンジン版のみ優しさが一定以上でないと先に進めないギミックがある。主人公の声はSCD版の『ぷよぷよCD』と同じく三石琴乃が担当している。

プレイ画面

魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面
魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面
魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面
魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)|NEC|PCエンジン (PCE)のゲーム画面

※ゲームパッケージ(書換・DL版などはゲームイメージ)、ゲームプレイ画像の著作権は、メーカーであるNEC様に帰属します。

レビュー

  • ★★★★★

    レアゲーム!!

    高値で取引されてますねぇ。

    このゲームは、PCエンジンが市場から消える直前ぐらいに販売された作品です。同時期に販売が予定されていた他作品が販売中止をしていく中で、今思うとよく販売に踏み切ったと思います。このゲームは予約で購入しましたし、店頭で並んでいるのを一度も見たことがないので、極めて稀少価値があるゲームですね。

    ゲーム内容は、ドラクエやファイナルファンタジーのように上から見るマップではなく、ウィザードリィのようにキャラ視点でマップを進んでいきます。戦闘は、武器ではなく魔法での攻撃で敵モンスターは、ぷよぷよシリーズにでてくるかわいらしい敵ですし、主人公のアルルもとてもかわいらしく演出されていると思います。
    PCエンジンの後期の作品は、今聞いても素晴らしいサウンドをしているのでサウンドでも演出を盛り上げてくれます。HPの表示はなくアルルの顔の表情に気を配りながら回復を行います。

    塔の出口を探すために、アイテムを探したり・罠を回避したりしながら物語を進めていくゲームです。

    高値でなかなか手に入りませんが、手に入るならば是非プレイすべきゲームですよ。

※Amazonレビューの内容はAmazonアソシエイト・プログラム・ポリシーに基づき記載しています。その他のレビューは当会員規約より記載されています。

ゲーム関連動画

魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!魔導物語1 炎の卒園児(アーケードカード専用)の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。