• 鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘|ハドソン|PC-FX
  • 鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘|ハドソン|PC-FXのゲーム画面
  • 鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘|ハドソン|PC-FXのゲーム画面
  • 鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘|ハドソン|PC-FXのゲーム画面
  • 鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘|ハドソン|PC-FXのゲーム画面

鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘

Kishin Douji Zenki FX - Vajra Fight
★★★★4.5(2件)
機種
PC-FX
ジャンル
アクション (ACT)
発売日
1995年12月22日
メーカー
ハドソン
定価
8,800

ゲーム概要

ハドソンより1995年12月22日にPC-FX用ソフトとして発売された横スクロールアクションゲーム。人気アニメ『鬼神童子ZENKI』を題材にしたゲーム作品で2人同時プレイも可能。ステージの概念をなくしたイベント指向型アクションで、主人公の小明と前鬼を操作しドラマチックなゲームオリジナルストーリーを進めていきます。大きなキャラクターが滑らかに動き回る、迫力満点のアクションが堪能できる。

プレイ画面

※このページで利用しているゲームプレイ画像及びゲームイメージ画像の著作権は、メーカーであるハドソン様が権利を所有しています。
© 1995 ハドソン All Rights Reserved.

レビュー

  • ★★★★★ 5.0

    新機軸の横スクロール格闘アクション!

    PC-FXのアクションの名作の一つともいえる作品。唐突に畳み掛けるように話の展開、細部まで作り込まれた複数のコマ枠アニメ、ゲームの進行が同時に起こる。例えば、冒頭のボス戦であるキャラがそのボスに暴行をくわえられたとする。すると画面にはおなじみのアクションゲームのキャラクターが話に合わせて動き出す。それと同時に画面上部には複数のコマ枠がありキャラクターそれぞれのアニメがながれる。わかりやすくいえば、アクション面は遠くから見た状況、コマ枠は複数のカメラによって現在注目されているキャラクターのドアップ画面といえばよいか。
    ゲーム自体はバランスがよく、スプライト機能もないのに、デカキャラが画面せましと暴れまくる。それほど難しくなく、誰でもクリア出来る。一度はやる価値はある。

  • ★★★★ 4.0

    PC-FXの底力を感じさせられる

    万人向けのアクションゲームです。原作をしらなくても問題なく遊べます。
    ゲームの流れはボスバトルが中心で、その合間に雑魚戦や簡単なアトラクション要素がアクセントとして上手く入っているという感じです。

    ボスの強さもそれぞれ攻略法は存在しますがパターンを掴まなくてもある程度アバウトに戦えます。
    大体40分程度でクリアできると思いますが、短いながらも内容は濃く気楽に遊べて爽快感が高いです。

    若干操作性は癖がある気がしますが、ステージセレクトもできるのでリトライもしやすくパッドのモードをBにすればコマンド技もワンボタンで出せるようになりますし、アクションがそんなに得意でなくても十分楽しめます。
    というか協力プレイのハードルが非常に低いので初見でプレイする人とも一緒に遊びやすいです。

    難易度は3種類あるものの他にやり込み要素はなく、奥が深いといえるゲームではないと思いますが、その分、一回のプレイをいかに楽しませるかという強いこだわりが感じられます。
    特に結構大きい敵が動いたり派手な演出があるのに事前に全然ロードがないのは本当に凄いです。
    CDロムでこのレベルのアクションゲームがこんなに快適なのは滅多にない気がします。
    ただ、かわりに会話シーンのスキップができないので何度もプレイするにはそこがちょっと残念ですが、序盤とラスボス前あたり以外は気になるほどではないと思いますので、全体的な流れを邪魔するほどではないかなと思います。

    なんとなくPCエンジンのシュビビンマン2をハドソン流の解釈で進化させたゲームって感じがします。

※本ページに記載されているコンテンツの内容は当サイト利用規約を元に表記されています。

ゲーム関連動画

鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘の関連動画をユーチューブで探す

※画像をクリックするとYouTubeサイトへジャンプします。

ゲーム攻略サイト

大丈夫!ピコピコ大百科の攻略検索だよ!鬼神童子ゼンキFX 金剛炎闘の攻略サイトをgoogleで探す
このゲームの攻略サイトを検索

※攻略本の画像をクリックするとGoogleで攻略サイトを検索します。

PC-FX売上ランキング

最終更新日:2021年9月18日 PR