検索結果|ピコピコ大百科

検索結果

  • ゲーム機:指定なし
  • メーカー:バンダイ
  • ゲームタイトル:指定なし
98本のゲームが該当しました!
ウルトラマン

ウルトラマン

1991年04月06日発売
バンダイより1991年4月6日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された対戦格闘アクションゲーム。人気特撮ヒーロー『ウルトラマン』が活躍する対戦格闘アクションゲーム。プレイヤーはウルトラマンを操作し、怪獣たちと1対1で戦っていく。原作と同じく3分間以内に戦いに決着をつけるシステムで、残り1分を切るとおなじみのカラータイマーが鳴り出す。必殺技ゲージを溜めてとどめのスペシウム光線で怪獣を倒そう。
機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122

1991年07月06日発売
バンダイより1991年7月6日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたリアルタイムシミュレーションゲーム。アニメーション映画『機動戦士ガンダムF91』の外伝作品にあたり、登場人物なども一部を除いてオリジナルとなっている。物語は、漫画『機動戦士ガンダムF90』と『ガンダムF91』の間の宇宙世紀0122年を舞台とし、『ガンダムF90』の第二部といえる内容。キャラクターデザインは川元利浩が担当した。
ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説

ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説

1992年01月25日発売
バンダイより1992年1月25日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたカードバトルロールプレイングゲーム。アニメ『ドラゴンボールZ』のサイヤ人編とナメック星編が原作。キャラクターの強さはRPGで一般的な「攻撃力・防御力」ではなく「B戦闘力」として総合的な数値で表示されるようになっており、原作の概念を再現している。戦闘でHPが0になったキャラクターは死亡扱いとなり、復活イベントまで離脱する。
まじかる☆タルるートくん MAGIC ADVENTURE

まじかる☆タルるートくん MAGIC ADVENTURE

1992年03月28日発売
バンダイより1992年3月28日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された横スクロールアクションゲーム。アニメやコミックで好評を博した『まじかる☆タルるートくん』を原作とするゲーム作品。本丸の恋人・伊代菜ちゃんを救出するため、さらったライバーを追いかけ主人公タルるートくんの冒険が始まる。ジャンプと4方向のベロ攻撃、魔法攻撃などを駆使して手ごわい敵に対抗しよう。
甲竜伝説ヴィルガスト 消えた少女

甲竜伝説ヴィルガスト 消えた少女

1992年05月23日発売
バンダイより1992年5月23日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。ガシャポン作品「甲竜伝説ヴィルガスト」のゲーム化作品。原作の第1シリーズに沿った内容だが、最終決戦から結末にかけては独自のストーリーが展開する。イメージイラストは赤石沢貴士。レベルアップ時の能力値上昇が極端にインフレする、レベルが一定以上上がると敵が出現しないなどRPGとしての完成度は高くない。
ゲゲゲの鬼太郎 復活!天魔大王

ゲゲゲの鬼太郎 復活!天魔大王

1993年02月05日発売
バンダイより1993年2月5日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とするゲーム作品。主人公・鬼太郎が、髪の毛針やリモコンゲタを武器に妖怪を倒して進む。ネズミ男や子泣きじじいなど、助けた仲間を使って戦うこともでき、2人同時プレイでは合体技を使用できる。未来の鬼太郎が処刑されるのを防ぐため、1999年7の月にタイムワープし、天魔大王を倒そう。
ドラゴンボールZ 超武闘伝

ドラゴンボールZ 超武闘伝

1993年03月20日発売
バンダイより1993年3月20日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された対戦型格闘アクションゲーム。少年ジャンプに掲載された人気コミック『ドラゴンボール』が原作のゲーム作品となる。全部で8人のキャラが使用できる。バトルフィールドが広く、キャラが離れたとき、両者の間に分割ラインが入ることでお互いに距離を大きくとった状態からも白熱のバトルを展開することができる。
ウルトラセブン

ウルトラセブン

1993年03月26日発売
バンダイより1993年3月26日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された対戦格闘アクションゲーム。特撮テレビシリーズ『ウルトラセブン』を題材にしたゲーム作品。ウルトラセブンを操作して全12ステージを怪獣達と戦う、原作を忠実に再現した「ストーリーモード」と、怪獣を操作して戦うことも出来る「対戦モード」がある。また、イージー・ノーマル・エキスパートの3段階の難易度調節が可能となっている。
マジンガーZ

マジンガーZ

1993年06月25日発売
バンダイより1993年6月25日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された爽快ロボットアクションゲーム。永井豪の人気アニメ『マジンガーZ』を原作とするゲーム作品となる。デモシーンの演出にこだわり、ロケットパンチや光子力ビーム、ブレストファイアーといったおなじみの技を存分に堪能できる。主人公の兜甲児となってマジンガーZを操り、迫りくる敵の機械獣軍団に必殺技を駆使して立ち向かおう。
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児

1993年07月30日発売
バンダイより1993年7月30日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。人気アニメ『クレヨンしんちゃん』を題材にしたゲーム作品となる。しんちゃんを操作し、道中の数々の妨害に負けず、行方不明のシロを探したり、アクション仮面のパーツを取り返すなど様々な問題を解決していく。神経衰弱など有名なゲームから、独自のジャンケンおいかけっこゲームなど様々なミニゲームも楽しめる。
デストラクティブ

デストラクティブ

1993年08月27日発売
バンダイより1993年8月27日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたガンシューティングゲーム。突然暴走した戦闘型サイボーグコマンドと戦う。近未来を舞台に、戦闘型サイボーグコマンドを倒すべくステージを進める「ブリックリーグモード」、ステージ1から3を使って高得点を競う「ブリックキャンプモード」を搭載している。また、本作はSFC専用光線銃型コントローラ「スーパースコープ」専用ゲームとなる。
仮面ライダー

仮面ライダー

1993年11月12日発売
バンダイより1993年11月12日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された痛快アクションゲーム。人気特撮番組『仮面ライダー』でおなじみ仮面ライダー1号と2号を操作して、悪の組織ショッカーに立ち向かう。2人同時プレイや途中参加も可能で、1Pは本郷猛、2Pは一文字隼人を操作してショッカーの戦闘員や怪人を倒していく。変身時には番組同様にポーズを取り変身するなど原作に忠実な演出が満載となっている。
ドラゴンボールZ 超武闘伝2

ドラゴンボールZ 超武闘伝2

1993年12月17日発売
バンダイより1993年12月17日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された対戦型格闘アクションゲーム。『ドラゴンボールZ 超武闘伝』の続編となる。セル編と映画のストーリーが展開し、使用キャラに、セルや映画版の敵であるブロリー、ザンギャ、ボージャックが新たに参戦した。技を放つ時の動きやグラフィックもパワーアップ。8人まで参加できる「天下一武道会モード」など3つのモードを搭載している。
美少女戦士セーラームーンR

美少女戦士セーラームーンR

1993年12月29日発売
バンダイより1993年12月29日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された格闘アクションゲーム。人気アニメ『美少女戦士セーラームーンR』を題材にしたゲーム作品となる。セーラー戦士から操作するキャラを選び、向かってくる敵を倒して行く横スクロールアクションのストーリーモードと、ちびうさが主人公のちびうさモード、セーラー戦士同士で戦うことができる対戦格闘モードなど、多彩なモードを用意している。
機動戦士Vガンダム

機動戦士Vガンダム

1994年03月11日発売
バンダイより1994年3月11日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションシューティングゲーム。人気アニメ『機動戦士Vガンダム』を題材にしたゲーム作品となる。ゲームの特徴として敵モビルスーツの特性に合わせて武器を使い分けるウエポンセレクトシステムを採用し、戦略性の高いバトルを実現。緻密なグラフィックで贈るビジュアルストーリーでは、アニメの感動のシーンを再び味わうことができる。

ゲームカタログ

スーパーファミコン
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

セガサターン
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

バーチャルボーイ
ゲームタイトル一覧▶︎

ニンテンドー64(NINTENDO64)
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

ドリームキャスト
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

Xbox(エックスボックス)
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎