検索結果|ピコピコ大百科

検索結果

  • ゲーム機:指定なし
  • メーカー:任天堂
  • ゲームタイトル:指定なし
149本のゲームが該当しました!
スーパーマリオワールド

スーパーマリオワールド

1990年11月21日発売
任天堂より1990年11月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。任天堂のゲームキャラクター「マリオ」が活躍するスーパーファミコン(SFC)のアクションゲーム。全世界でのスーパーファミコン用ソフト販売本数で歴代1位の累計約2061万本を記録し、日本国内では『スーパーマリオカート』(382万本)に次いで第2位となる約355万本が販売された。
F-ZERO エフゼロ

F-ZERO エフゼロ

1990年11月21日発売
任天堂より1990年11月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたレースゲーム。F-ZEROシリーズの第一作目。回転・拡大・縮小表示機能を全面的に活用することにより、従来のラスタースクロールによる表現では不可能だった微妙なライン取りやショートカット、逆走など、戦略性と自由度の高いレースを実現した。様々なテクニックを駆使してコンマ01秒のタイム向上を図るタイムアタックの概念を定着させた。
パイロットウイングス

パイロットウイングス

1990年12月21日発売
任天堂より1990年12月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたシミュレーションゲーム。「フライトクラブ」というフライトスペシャリスト養成所に入会した主人公を操作し、4つの種目で高得点を目指す内容。本作品の説明書は「フライトクラブへの案内状」という体裁だが、このフライトクラブは戦闘ヘリを所有しているなど、まるで傭兵養成機関のようなニュアンスを匂わせる演出が施されている。
シムシティー

シムシティー

1991年04月26日発売
任天堂より1991年4月26日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたシミュレーションゲーム。シムシティシリーズの第1作目。プレイヤーが市長となってシムという人間のような生き物の住む街を作る箱庭感覚のシミュレーション。住宅地、商業用地、工業用地の3つの区画をバランスよく設定し、交通網を整備すると、よその町からシムたちが集まってくる。一から発展させる場合、50万人都市の達成がひとつの目標となる。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース

ゼルダの伝説 神々のトライフォース

1991年11月21日発売
任天堂より1991年11月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。『リンクの冒険』から約5年ぶりとなるゼルダの伝説シリーズの続編。今作では広大な2つの世界を行き来しながら冒険を進める。ダンジョン内には高低差があり、複数の階層によって構成されている。作中では「マスターソード」「ビン」など、後のシリーズで定番となるアイテムが登場する。
マリオペイント

マリオペイント

1992年07月14日発売
任天堂より1992年7月14日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された専用マウスを使ってお絵描きやアニメ作成、作曲が楽しめるソフト。図形、ブラシなどの特殊効果を利用して簡単、手軽にお絵描きを楽しめるお絵かきスクリーン、内蔵音源を駆使しての作曲を楽しめるサウンドコラージュ、作った絵と音楽を合わせアニメを作成できるアニメーションランドのほか各種ミニゲームも搭載している。
スーパーマリオカート

スーパーマリオカート

1992年08月27日発売
任天堂より1992年8月27日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された。大人気の『マリオ』シリーズのキャラクターがカートに乗ってデッドヒートを繰り広げるレースゲーム。様々な仕掛けのあるコースを走り、アイテムを使って相手をジャマしながら誰よりも早くゴールを目指す。コースはチョコレー島など、マリオの世界が元になっている。通常レースはもちろん、お互いの風船を割り合って対戦するバトルモードも搭載。
スターフォックス

スターフォックス

1993年02月21日発売
任天堂より1993年2月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された3Dシューティングゲーム。スターフォックスシリーズの第1作目。プレイヤーは主人公のフォックスが乗るアーウィンを操る。1つの惑星や宙域が1つのステージとなる。プレイヤーは惑星コーネリアのステージから始め、最終的にベノムのステージまでたどり着く。ステージ途中で仲間や敵の通信が入ったり、ストーリー性を強調する演出がされている。
スーパースコープ+スーパースコープ6

スーパースコープ+スーパースコープ6

1993年06月21日発売
任天堂より1993年6月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された。光線銃「スーパースコープ」が同梱された、6つのゲーム付きの光線銃ソフト。コードレスなので自由に動かせる。ゲームは2タイプで「ブラストリス」タイプは、パズル系のゲーム2つと、"もぐら撃ち"のシューティングを合わせた3つ、「レーザーブレーザー」タイプは規定された数を撃墜すればクリアとなるタイプのゲームの3つが用意されている。
スペースバズーカ

スペースバズーカ

1993年06月21日発売
任天堂より1993年6月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された対応の3Dシューティングゲーム。スーパースコープを使用し、敵STと一対一で戦う格闘ガンシューティングゲーム。自機の移動は自動的に行われる。ゲームモードは全ての敵と戦うバトルゲームモードの他に、特定の敵と連戦するタイムトライアルがある。また、本作はSFC用ガンコントローラー「スーパースコープ」専用ソフトとなる。
ヨッシーのロードハンティング

ヨッシーのロードハンティング

1993年07月14日発売
任天堂より1993年7月14日にスーパーファミコンで発売されたスーパースコープ専用のガンシューティングゲーム。プレイヤーがマリオとなってヨッシーに乗り、次々に出現する敵をスコープを使って撃ち落としていく。ヨッシーは自動で進んでくれるので、撃つことだけに専念すれば良い。プレイヤー、光の世界からプレイし、クリアすると闇の世界を選択できるようになる。これもクリアすると、最終コースが選択可能になる。
スーパーマリオコレクション

スーパーマリオコレクション

1993年07月14日発売
任天堂より1993年7月14日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲーム。『スーパーマリオ』シリーズからファミコンの名作4作品をリニューアルして1本にした作品。『スーパーマリオブラザーズ』『スーパーマリオブラザーズ2』『スーパーマリオブラザーズ3』『スーパーマリオUSA』を収録し、グラフィックやサウンドをパワーアップ。オールドファンから新規ユーザーまで幅広く楽しむことができる。
マリオとワリオ

マリオとワリオ

1993年08月27日発売
任天堂より1993年8月27日にスーパーファミコン用ソフトとして発売された。人気『マリオ』シリーズでおなじみのキャラが活躍する、スーパーファミコンマウス専用のアクションパズルゲーム。妖精ワンダをマウスで操作し、バケツを被りひたすら直進するキャラを、立ち塞がる数々の罠や敵を取り除きつつゴールまで導こう。キャラは歩くスピードが違うマリオ、ピーチ姫、ヨッシーから好きなキャラを選べる。
ファイアーエムブレム 紋章の謎

ファイアーエムブレム 紋章の謎

1994年01月21日発売
任天堂より1994年1月21日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたシミュレーションRPG。ファミコンで発売された『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』の続編で、『暗黒竜と光の剣』のリメイクを『第1部:暗黒戦争編 暗黒竜と光の剣』として、その後日談の『第2部:英雄戦争編 紋章の謎』を収録した2部構成である。今作より行動を終了したユニットを再行動させるユニット踊り子が初登場した。
スーパーメトロイド

スーパーメトロイド

1994年03月19日発売
タイトーより1994年3月18日にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたSF風アクションゲーム。ダンジョンを進みながらアイテムや通路を探し当てる探索要素が魅力の『メトロイド』シリーズ第3弾。女戦士サムスを操作し、要塞惑星ゼーベスを舞台に、危険生命体メトロイドを宇宙海賊から奪回するのが目的となる。探索を進め手に入れたアイテムを装備すると新たなアクションを覚え、探索できる場所が増えていく。

ゲームカタログ

スーパーファミコン
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

3DO(スリーディーオー)
ゲームタイトル一覧▶︎

セガサターン
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

PC-FX
ゲームタイトル一覧▶︎

バーチャルボーイ
ゲームタイトル一覧▶︎

ニンテンドー64(NINTENDO64)
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

ドリームキャスト
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎

ゲームキューブ

Xbox(エックスボックス)
歴代ソフト売上ランキングTOP50▶︎
ゲームタイトル一覧▶︎